岐阜羽島 「なまずや」の特上鰻丼♪

画像
実は「胡蝶庵」に向かう途中、岐阜羽島で名神を降りて暫く走った県道沿いに変わった形をした鰻屋さんの店舗を発見したので、「これは帰りに寄らなければ」と一応マークしておきました。

道沿いには「ステーキのあさくま」も見掛けました。

この「あさくま」は名古屋圏中心のチェーン店なのですが、

30年前の名古屋勤務時代にはよくお昼ご飯を食べた

実に懐かしいステーキ屋さんなのです。

画像

そんなことだったので、

「極」からの帰り道、取り敢えずNaviを岐阜羽島インターにセットして

鰻屋さんの前を通ることを期待しました。

しかしこの役立たずのNaviは、行きとは違った道を通ってしまい

探し当てられないままに岐阜羽島インターに着いてしまいました

行き掛けに鰻屋さんの店舗を見かけた時点で

この鰻屋さんが僕を呼んでいることは分かっていたので、

どうしても諦め切れず、もう一度「胡蝶庵」をNaviにセットすると

岐阜羽島インターから「胡蝶庵」への道を再び辿りました。

そして漸く見つけた鰻屋さん。将に執念の勝利です

そして、この時初めてこの店の屋号を知ることとなったのです。

画像

お店に入って行くと、すでに中休みに入る直前の14時前でした。

先客は大学生風の男子2人と、アラサー女史が1人。

後に僕の目の前の席に60絡みの田舎有閑マダムが3人座って

夫々お気に入りの寿司屋のヒレ酒の優劣や海外旅行の話に

熱中する光景を目の当たりにすることになるのです。

画像

僕はお品書きの中から特上のうなぎ丼というのを先ず選びました。

肝吸付きで3000円というのは随分安いです。

特上がこんなに安くて大丈夫なのかと不安が脳裏を過ります。

画像

それに、普通は鰻丼より鰻重の方が値が張るはずなのに

こちらでは鰻重は特上も上もなしの1種類だけでした。

お品書きの中に鯉の刺身を見つけた僕は

これは鯉のあらいのことだろうと思って

あまり期待もせずにそれを追加しました。

画像

しかし、この鯉の刺身を注文したのは幸運でした。

こんなに切り身が分厚い鯉の刺身はこれまで食べたことがありません。

それに八丁味噌の酢味噌ととてもよく合いました。

いやはや、これは実に旨かったです

恐らく我が人生最高の鯉の刺身となることでしょう

画像

この切り身の分厚さと新鮮さを見て下さい。

酢味噌も頗る美味しかったので、

残った酢味噌は大葉に垂らして完食しました。

いやはや、旨かった

画像

さて、肝心の鰻丼のこと。

この鰻丼は表面だけでなく、ご飯の間にも中入れの形で

鰻を挟んでおりました。

そして名古屋圏特有の表面がカリッとした焼き方で、

鰻ダレがまた、取りようによっては下品と紙一重と思える

日本橋の鰻の名店「伊勢定」の鰻職人がもし食べたとしたら

腰を抜かすほどの濃い口の甘口でした

しかし、これはもう立派な技ですな

画像

あまりの美味しさに僕は夢中になって食べたので、

お茶椀4杯分はあろうと思われたタレの沁みこんだご飯まで

きれいに食べてしまいました

いやはや、「秋刀魚は目黒に限る」と言った風の満足感です

肝吸も忘れずに飲みました。

生でもたべられそうな新鮮な肝も

一瞬牡蠣と見まがう風味があって最高でした。

(※これは個人の感想です)

画像

今回も慌ただしい遠出でしたが、この「なまずや」は収穫でした。

最近京都の上品な鰻ばかりが続いていたので、

こういう愛岐系のワイルドな鰻は久し振りでした。

こういう時は漬物まで褒めたくなるものです

画像

"岐阜羽島 「なまずや」の特上鰻丼♪" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント