鮨「魚助」食べ納め♪

画像
千葉に住む三女がお正月を我が家で過ごすために連れ合いと子供達を連れて帰って来ました。連れ合いの西村君が一澤帆布の鞄が欲しいというので、三女と一緒に車に乗せて東大路は

知恩院の近くにある一澤帆布へ連れて行きました。

彼は千葉の大学でただいま准教授の身なのですが

なんと帆布の鞄を「通勤鞄」に使うそうです(@_@)

ゆとり世代はやっぱり考えることが大胆です。

画像

そんなことで久し振りに三女夫婦と外出したので

折角の機会だからお鮨でも食べさせてあげようと

川端冷泉の鮨「魚助」に連れて行ってあげました。

「にぎりを食べたらいいよ」と言ったのだけど

どうやら年金生活者の僕に遠慮したらしく、

2人共「冬魚丼」でいいよと言って譲りません。

画像

そんなことで「冬魚丼」を3つ注文したら

店主殿が気を利かせて半分鮪のヅケを使って

お品書きにはないハーフ丼を作ってくれました。

その上いつもは菜の花か若布の多いお吸い物も

ふぐの白子をサービスしてくれた上、

帰りがけに暖簾の写真を撮ろうとしたら

暖簾の向こうから「かえって邪魔かな?」と言いながら

顔を出してくれました

そんなことで思い掛けなくよい「魚助」の食べ納めが出来ました。

"鮨「魚助」食べ納め♪" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント