浦和 「満寿家」の鰻重♪

画像
東下り最終日は、僕の前職の時代に社員だった“妊娠マニア”というHNを持つ女性と久し振りに会う約束がありましたホテルでの朝食を終えると、南船橋駅から一先ず武蔵野線で南浦和駅へと

向かいました。

目的地は浦和駅の近く、中山道沿いにある鰻の老舗「満寿家」です。

約束の11時半にお店に着くと、

先着していた“妊娠マニア”は仲居さんと一緒に玄関まで迎えてくれました。

彼女とは6年振りの再会です。

画像

実は、彼女が東京営業所で事務職をしていた頃

彼女は直属の部下でありながら、僕の一番気の合った飲み友達でして、

女だてらに相当の酒飲みでした

その頃僕は東京営業所長を兼務していて、毎週東京に出張していたから

仕事を終えた後、彼女とはよく御徒町のガード下の屋台で

コップ酒を何杯も何杯も飲み交わしたものでした

当時既に結婚していた彼女が、ある夜僕と飲んでいる時に、

「私はもっと責任のある仕事がしたい。絶対妊娠しないタイプだと思うし、

子供は好きじゃないので途中で退職する心配はないから、

もっと遣り甲斐のある仕事を任せて欲しい。」と仰いしました。

画像

仕事もよく出来る頭のよい人だったから、

僕も真に受けて検討した結果、

営業をサポートする部署を新設して実務を任せることにしてみたら

仕事は期待通りにこなしてくれたんだけれど、

その数か月後、こともあろうに僕の携帯に、

彼女からの「済みません。妊娠してしまいました」のメールと共に

胎児のエコー写真が添付ファイルで送られて来ました

結局彼女は妊娠を理由に退職することになり、

あまつさえ「子供は好きじゃない」はずだったのに、

ほどなくして第2子まで出産したという報告を受けたので、

僕は彼女に「妊娠マニア」というハンドルネームをつけてあげました。

「満寿家」の鰻重もとても美味しかったけれど、

そんな話で盛り上がったので、

喫茶店に場所を変えて、更に2時間ばかり昔話に興じました。

"浦和 「満寿家」の鰻重♪" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント