祇園「松乃」の鰻重 松♪

画像
例によってしばしばある何も予定のない日だったので、暇に飽かせてふらふらと寒風吹き荒ぶお昼時の祇園にやってました。川端の市営駐車場にを止めて、さて東に向かうか、はたまた西に向かって

四條大橋を渡るか風任せここが思案のしどころでしたが、

足はやはり、自然慣れ親しんだ花見小路に向かおうとします

しかし、お昼前のこの時間帯に花見小路に行ってみても

「萬養軒」以外に気の利いたお店は思い浮かびません。

それに、僕にとっては不利なことに

「萬養軒」までは5分近く歩かなければなりません(・_*)\ペチっ

画像

そんなことなので、招きの掛かる南座の写真を撮ると

何となくお隣の「松乃」を覗いてみました

「松乃」は洛北岩倉に「松乃鰻寮」を営む鰻料理の有名店です。

しかし、祇園の「松乃」にはまだ「準備中」下げ札が...

「仕方がないな」と、踵を返そうとしたちょうどその時

横手の出入り口から店員さんが出て来て、「準備中」の札を外しました。

これはきっと「今日は鰻を食べろ」という神のお告げなのでしょう

画像

そうと悟った僕は、躊躇なく店員さんに「もう入れる?」と確認して

玄関のガラス戸を開けました。

店内に入って行って、狭い通路のその奥の客間に案内されると

女店員さんから「南座のお弁当が入っているので、お料理は少し遅れるかも

知れませんが、よろしおすか?」みたいな断わりが入りました。

「ああ構わんよ」と、その営業トークに素っ気なく応えましたが

実のところ内心「河原乞食が優先か」と誠に筋違いな腹立ちを覚えたのです

そんな意識があってのことか

「ご注文はお決まりになった頃に聞きに参ります」という女店員さんに

「鰻重を松で。それと肝吸い。」と、ぶっきら棒に伝えました。

喜怒哀楽が分り易いお方です

画像

もし「南座の(役者の)お弁当が...」云々の挑発がなかったら

きっと5500円もする「松」は注文していなかったかもしれません(笑)

しかし、運ばれて来た関東風に焼き上げた鰻は、蕩けるような旨さがありました

こちらの鰻をあれこれ言う向きもありますが、僕は美味しいと思います

画像

肝吸いもしっかりとした肝が入っていて、美味しかったです。

でも、注文した後で、「生湯葉吸い」か「どじょう汁」にすれば良かったと

ちょっと後悔してしまいました

"祇園「松乃」の鰻重 松♪" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント