尾張一宮 「はせ川本店」の上うな重♪

画像
病気で入院中の社員をお見舞いに尾張一宮まで行きました。尾張一宮は東海道本線を岐阜へ向かって名古屋から4駅目だったかにある新快速も止まる地方都市です。約束の時間より早く着いたので、

取り敢えず昼食でもと思ったものの、何しろ不案内な街だったので、

お店を探して無駄歩きにならないよう、

駅に隣接した名鉄百貨店のレストラン街を覗いてみることにしました。

失礼ながら、

どうせ碌なお店はないだろうと直感しながら最上階に上がって行くと

そこにはなんと、「うなぎのはせ川本店」の一宮店がありました。

画像

暖簾を潜って店内に入って行くと

ちょうど4人掛けのテーブル席が空いておりましてね

店員さんが「こちらへどうぞ」と言いながらそに席に案内してくれたので

取り敢えずそこに落ち着いて、おもむろにお品書を手に取りました。

そのお品書にはなんと(@_@)あのひつまぶしが...(笑)

勿論ひつまぶしには何の興味も示さないで、鰻重の上を注文しました。

しかし...

東京駅大丸のレストラン街だったら4500円は下らないうな重が

2500円とは、ホンマかいな?と心配になるほど安いです(@_@)

画像

心配ついでにもう1つ何かを注文しようと思い立って、

店員さんに“うまき”を一皿追加しました。

ところがどうでしょうこの“うまき”のデカイこと。

値段もうな重のほぼ半額の1200円だったから、

これくらいのボリュームがあっても不思議ではないけど、

鰻重を食べる前にこれを食べ切るには相当の覚悟が必要でした。

店員さんが

「鰻重のご飯は無料で大盛りに出来ますよ」と言ってくれたのを

断ったのは先見の明というものでした

画像

漸くにして“うまき”を食べ終わった頃合いにうな重が運ばれて来ました。

お漬物と、肝吸いとデザートのセットです。

最初に肝吸いを味わって、それからうな重に手を付けました。

このうなぎ、もちろん長良川とか木曽川ものとは違いますが、

これは愛知県でうな重を食べるとたまに出会う、

両端をカリカリに焼いた、タレは辛めの優れものでありました。

なかなか美味しいです♪

ご飯も少なめで食べ易かったから、全部きれいに平らげました。

しかし、“うまき”は凄かった(@_@)

画像

ということで満腹になると、

駅中の本屋さんで「名古屋グルメ」というグルメ本を買い求めて

手術後で絶食中の社員のお土産に持参したのでありました(笑)

尾張一宮駅に近くで見つけた名も知らない花シリーズ①

画像

こちらはミモザさんへのお土産の

尾張一宮市のおすい蓋です。

画像

"尾張一宮 「はせ川本店」の上うな重♪" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント