美栄島の「抱瓶」(だちびん)♪

画像
沖縄2日目の夜は、折角だから旨い不味いは二の次にして、やはり沖縄料理を食べておこうかと思い立って、ゆいレールの美栄島駅にほど近い「抱瓶」へと出掛けました。このお店、暖簾にも「高円寺抱瓶」とある。

もしかして高円寺に沖縄料理の本店があるのか、
はたまた他に所以があるのか....

その素朴な疑問は、

この店の一見客を軽んじる従業員の姿勢から
永遠の謎として残ることになってしまいました(/_;)

さて、それはともかく、暖簾を潜って店内に入ると、
板場に近い5席ばかりのカウンターに案内されて、

年若い学生のバイトと見えるお嬢さんに、
取り敢えずのビールと共に、

やぎ刺しとミミガーのピーナッツ和えと

ゴーヤチャンプルーと島らっきょを注文しました。

画像

ミミガーのピーナッツ和えは、豚の耳を細かく刻んである分
ピーナッツと馴染んでとても美味しい♪

やはり本場のは本土のそれとはかなり違うな。

画像

さて、好物の島らっきょ♪  僕はしそと梅干しとあさりとバナナと島らっきょが好きなんだ(*^^)v

島らっきょは匂いがかなり強いから、好き嫌いはあるけれど、
これは1本1本指で摘まんで食べるのが私の流儀。

何となく精がつくように感じるのは、
青森辺りで行者にんにくを食べた時と同じ心理が働いているのかも...

画像

さて、オリオンビールの生を飲み干した私は、久米仙の水割りセットを注文しました。

ところがこの時、やぎ刺しがまだ出ていないことに気がつきました。

接客に忙しげな件のお嬢さんを呼んで、どうなっているのか聞いてみると、
忘れていたとの嬉しい返事。

実は、このやぎ刺し。写真は撮りたいけれど食べるのは嫌だしと
思い悩んだ末に注文した覚悟の品だったのです♪

それならもう好いや、と注文を取り消した私は、
一見客を粗末に扱うこの店に、ちょうど嫌気がさして来たところだったので、
「フーチバジューシィでも食べて帰るか」と心に決めて注文したが、

ちょうど客が立て込んで来たところで、またしても放ったらかしにされてしまい
散々な目にあって店を出ることになったのでありました(/_;)

「仕返しにまた来るぜ」

画像


画像

"美栄島の「抱瓶」(だちびん)♪" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント