「土井活鰻」の鰻一匹極上重♪

画像
師団街道の伏見稲荷道の辺りの最近出来たウナギ屋さん。対向二車線の府道か市道で

いつも渋滞している師団街道なので、

マンションの1階にあるお店の狭い駐車場には車が止め難く、

いつか入ってみようと思いながら数か月が過ぎました。

ところがこの日は交通量が少なく、その上すぐ先の信号が赤に変わったので、

これはチャンスと思って、駐車場にバックで車を止めました。
 
画像

お店に入って行くと、街の食堂のような安っぽいテーブルが4つばかりありました。

僕は「どこでも良いの?」と大将に声をかけて、無難な席に座りました。

時間が15時過ぎだったこともあって、お客は僕だけでした。

気のよさそうな女店員さんが持って来てくれたお品書きを見ると

特上のうな重が5000円でした。

画像

僕はこの時ちょうど5000円しか持っていなかったので、

消費税を足したら5000円では足りないと思って

気のよさそうな女店員さんに「この店はカード使えるの?」と尋ねてみました。

彼女が期待通りに「使えますよ~」と言ってくれたので

それならと、母と家人用に持ち帰り用の特上うな重を2つ追加してあげました。

ふとした思いつきで入ったウナギ屋さん。

すぐ先の信号が赤に変わったばかりに15000円の散財です。

画像

一緒に頼んだ肝吸いには、僕の調査が正しいなら、肝が入っていませんでした(泣)

でもまあ、それは良いんです。ちょっとガッカリしただけですから。

肝心のうな重は、名古屋の鰻のように焦げていました。

これが土井風の焼き方なのでしょう。

タレも辛口の名古屋風。

よく食べていた上桂の「いっせい」の特上うな重と比べると

少し硬くて5000円は高いかな?と思わないでもなかったけれど

久し振りに食べたうな重だったので、美味しかったと思えました。

ホントうな重は人の心を穏やかにしてくれます。

画像



この記事へのコメント

通りすがり
2019年05月10日 00:09
安っぽいテーブルって、
そんな事言わなくても、
こりす
2019年05月10日 05:27
おお、久しぶりのウナギですね!!GW中に土用があったみたいなので、ちょうど良かったかも?また暑い夏が来るので、栄養を取るのは大事ですよね♪山口はもう暑いし☆焦げも美味しいそうです(香りが)♪でもビジュアル的には焦げがない方が良いかな☆
2019年05月10日 10:12
こんにちは。

うほ~。
鰻!
美味しそう~!
食べたいなぁ。
高そうですね。。。
純子
2019年05月10日 11:04
うなき!
鰻・・ああ鰻・・いいなあ
2019年05月10日 11:58
通りすがりさんはお店の方ですか?
もしそうなら気分は良くないでしね。
しかし、もしそうでないなら、言葉足らずで書いている訳じゃないので大きなお世話です。
表現の自由は日本国憲法で保証されているので、不愉快でも勘弁して下さいね。
2019年05月10日 20:14
こりすさん、久し振りの鰻でした。
ここのところ家にいることが多いので、鰻はすっかり忘れていました。
そうですか。ゴールデンウイークの間に土用の丑の日があったのですか?気がつかなかったですね。
何といっても鰻は滋養ですよね。京都はまだそんなに暑くないので助かっていますが、南国山口はもはや夏なのですね。
焦がすのは名古屋の徳陽のようですよ。見た目は悪いけど、美味しさは変わらないように思います。
2019年05月10日 20:16
トトパパさん、こんばんは。
鰻、美味しかったですよ。
でも。高かったです。
だから今日の夕食は卵を落とした讃岐うどんだけで済ませました。

2019年05月10日 20:18
純子さま、そんなこと仰りながら、毎日お昼はうな重の出前を取っておられるのでは?
純子
2019年05月11日 00:45
まさか・・
今日は、一度デカさんと3人で行った喫茶店でホットドッグでした(笑)
櫻弁当
2019年05月11日 07:34
師団街道の伏見稲荷道の辺り、昨年その辺りをうろついたので懐かしいです。新しいうなぎ屋さんができたのですね。
いつの日か、日本で美味しい鰻を食べてみたいですね~。
それにしても、朝一のコメント、お店の方のものでしょうかね?あのネチッとした言い方はこれまでのと共通点があるような気がします。
ゆらり人
2019年05月11日 10:22
確かにうなぎは皿数の多いいりょりと違い1品勝負ですから、うなぎもたれも焼きも相まって上手い不味いも変わるのしょうが、されどうなぎですね。
本当に食後の満足感は別格ですね。
5000円なら相当の品数も出る料理も多いいですからね。
何か焦げ目が少し多いのかも知れませんが香ばしさが、こちら迄漂って来そうです。
2019年05月11日 21:41
純子さま、それは失敬
純子さまはホットドックなんて庶民的なものもお食べになるんですね(笑)
2019年05月11日 21:53
櫻弁当さん、そうでしたね
あの頃はなかった鰻屋さんが出来たので、遅まきながら行ってみました。
日本の鰻は関西風でも東京風でもホントに美味しいです。もう少し近ければご馳走するのですが残念です
朝一のコメント、どうなんでしょうね?
僕も好き勝手を書いているので、それが気に障る人もいるんでしょうが、ウソを書いている訳じゃないので、開き直ることにしています。、
2019年05月11日 22:04
ゆらり人さん、こんばんは。
その通りですね。結構な値段の食べ物ですから、美味しいかそうでないかは、こちらの嗜好も加わって一発勝負で決まります。
でも、たとえ口に合わなくても、それは選んで入ったお客の責任です。
焦げ目が多いのは名古屋の焼き方じゃないかと思っているんですよ。名古屋の方はこの焦げ目が香ばしいと感じるそうです。
純子
2019年05月11日 23:10
それはもう♬
半眼さまからは、ジャンクフードが好きですね~と呆れられた私ですから(^^)
2019年05月12日 13:29
純子さま、そう言えば半眼ちゃんが亡くなって10年目の5月を迎えました。
彼とは先に死んだ方は三途の川の渡し舟の桟橋にある喫煙所で待っている約束をしていますが、タバコ代も高くなっているので、手元不如意が案じられます。
2019年05月12日 22:36
活鰻というのは、生きた鰻をおろして焼いてますという意味ですかね?
初めて見る言葉です。
うなぎの焦げ目が特徴的ですね。
焚火のような強火で焼いてるんでしょうか。
適度な焦げ目は食欲を増進する効果があります。
ただ、焼き過ぎで硬いのは困ります。
もっと困るのは肝の無い肝吸いですね。
単なる入れ忘れなのか、「すみません、切らしてまして」と言うべきところをとぼけたのか。
達さんの淡々とした筆致にかえって憤りが感じられました。
通りすがりさんには、テーブルのことより肝吸いの方を突っ込んでほしかったですね。(笑)
2019年05月14日 22:21
りうさん、返事が遅れて恐縮です。
お陰さまで母もかなり元気を回復して来ました。
活鰻、活け〆のことを言っているのでしょうか?
恐らく鰻を飼っていて、都度おろしているということなのでしょう。
この焦げ目は東海地方に共通して見られる焼き方ですね。名古屋や岐阜の人達はこの焦げ目が香ばしくて美味しいそうです。
肝吸いはどうしたことでしょう?もしかしたら注文が通っておらず、サービスのおすましが出されたのかもそう考える方が合理的ですね。
まあ、怒った訳じゃないけど驚きました(笑)
通りすがりの方には恐縮ですが、5000円のうな重をメニューに載せる鰻屋は、鰻は雰囲気も味のうちだから、それなりの席を用意しているのが当たり前という、こちらの前提とする思いが理解出来ない、即ち高い鰻を食べたことがない人だということですから、肝吸いのことは、更に理解の外だったのじゃないでしょうか?
何だか挑発しているようですが
2019年05月15日 20:34
達さん、こんばんは、、ご無沙汰です。
これは絶対焦げてますよ、、間違いない、、これで5000円ですか、、鰻となれば、ちょっと高くても売れるんですね(苦笑
2019年05月15日 23:13
OTSUKYONさん、こんばんは。
確かに焦げていますが、名古屋では当たり前の焦げ方だと思うんですよ(笑)
でも5000円は高いと思いました。
まあ、選んで入った者の責任ですが。