食い倒れの旅札幌③ すし「空海」♪

画像
ジンギスカンを食べた後は、ジェームスに頼んで「六花亭」に寄って貰い、不在中留守番を

してくれている孫達へのお土産をまとめ買いしてから、

ホテルにチェックインしました。

ジェームスとは午後の7時までのお別れです。

ホテルはいつものオークラ札幌。

今回はシングルユースでの予約でしたが、求めに応じて会員証を見せると、

ツインの部屋にアップグレードしてくれました。

ちょっとしたことですが嬉しいサービスでした

画像

ホテルでは暫し休憩しながらジェームスがやって来るのを待ちました。

もちろん、その間は何も食べていません

そして、午後7時少し前にホテルのロビーに降りてジェームスと合流すると、

近くにあるすし「空海」へと向かいました。

すすきのでは、お鮨は長年「かんの」に通っていたので、

「かんの」以外の馴染みはないため、

「かんの」が当然ながら僕に断りもなく突然店を閉めてからというもの、

再び新規を開拓する気にもならず、

ジェームスが辛うじて馴染みだという「空海」に落ち着いたような次第です。

画像

このお店にはお客さんがらみで3度ばかり来たことはあるのですが、

最後に来てから6年ばかり経っており、

僕もいつも見慣れた背広姿でもなかったため、

この夜は、僕はジェームスの連れて来た一見客を装うことにしました。

前置きはさて置くとして、用意されたカウンター席に座ると、

先ずはジェームスとサッポロCLASSICで乾杯です

元々サッポロビールの好きな僕ながら、

サッポロは市場でアサヒや麒麟に惨敗しているから、

置いている飲食店は少なくて、久し振りに飲みました

画像

さて、最初は刺身から。 

担当のまだ若手の板さんに、おまかせでお願いしました。

つきだし代わりは和蛸でした。

この和蛸、当時本土では珍しかったので、

二条市場で買って帰ったことがありました。

まだ若い頃の話ですが、実際に料理しようとすると

大き過ぎる上に明石の蛸に慣れている身には美味しくなくて、

処置に困ったことを思い出します。

そんな印象が気持ちに出たのか、写真の撮り方もぞんざいになりました。

しかし、その次に出て来た小さな毛蟹のつきだしは気が利いていました(冒頭の写真)

画像

お任せの刺身は、マグロの赤身とトロと牡丹海老から。

真っ先にトロを出すなんてどうなんでしょう?と思っていたら、

間を置かず、いろんな魚や貝を切ってくれました。

このお寿司屋さんは、食べ終える前に次々と並べてくれるスタイルです。

画像

ふと見ると殻付きのふっくらとした牡蠣があったので、

「その牡蠣頂戴」と板さんに声を掛けました。

厚岸の牡蠣だそうです。

生牡蠣の嫌いなジェームスはパスしました。

きっと生牡蠣でひどい目に遭ったことがあるのでしょう。

こんな旨いものをパスする人はきっとそうだと思います

僕が牡蠣を食べるためにわざわざ厚岸まで行ったことを

ジェームスが板さんに話しました。

するとその話で、一瞬だけ場が盛り上がりました。

2つともあっという間に食べてしまいましたが、美味しい牡蠣でしたよ。

画像

さて、その間も、板さんがつぶ貝、北寄、ホタテと継ぎ足して行きます。

この北海道の代表的な貝の刺身は、

味わうというには小さ過ぎて、それがかなりの残念でした。

でも、まあ、僅かばかりの満足感はありました。
  
画像

ビールを飲み終えたので、冷酒に切り替えました。

お任せで頼んだ冷酒は増毛の「国稀」。

やや甘口の日本酒ながら飲み易く、フルーティーな味がしました。

でも、今の僕にはこういう冷酒は腰に来るから危険なので、

飲むのはもっぱらジェームスに任せて、

僕は食べる方に専念するのです。

画像

ジェームスと、昔話をしていると、

板さんが、「空知の蝦蛄だ。」と言って大きな蝦蛄を剥いてくれました。

見た目は何だかヨレヨレです。

ジェームスは「蝦蛄はこの歳になるまで食べたことがない。」と言いながら、

これは拒否せずに食べました。

それにしても、空知の蝦蛄って、何処の海の蝦蛄なのでしょう?

画像

アワビも切ってくれましたが、これもペラペラでした。

でも、僕は一見客を装っているから、「もう少し分厚く切れ」なんて言えません

まあ現役の頃なら、一見であろうが何であろうがはっきり言ったことでしょうが、

漸く大人になったということなのか、拘ることに疲れたのか?(笑)

まあ、いいかと思って食べました。

画像

そんな気配を察したのかどうなんだか、

板さんが、「これは自家製の、処理をしていない生です。」と言って

生数の子を出してくれました。

確かに色あいから、普段食べている数の子とは違います。

ジェームスはこれも嫌いだからと言って断りました。

なんでも、若い頃に家族で元祖にしん蕎麦の「二葉」に行って

食べたお蕎麦の鰊に当たってお腹を壊したそうで、

それ以来、鰊に係るものは食べないんだとか。

意外と執念深いやつだと驚きました(笑)

画像

海水ウニも出て来ました。 根室だそうで美味しかったです。

こちらの大将は「寿司田」の出身で、僕が北海道を統括するようになって

まだすすきのに慣れない頃によくジェームスと通った

「寿司田」系列の上位店「古径」に勤めていたことがあるというから

ネタの良し悪しや産地には拘りがあるのでしょう。

目利きという意味では、なかなかのネタを出してくれるのですが、

惜しむらくは、「空海」は僕のランク付けでは大衆寿司店なので、

そう値段は取れないのでしょう。

ネタが薄いか、少ないというのが泣き所です。

画像

ジェームスは「お腹が一杯だ」と言って途中で刺身を断り、

冷酒をちびりちびりとやり始めました。

お昼のジンギスカンが余程堪えているようでした。

そういえば、僕もそろそろお腹が一杯になって来たので、

鵡川のししゃもが出て来たのを機会に、にぎって貰うことにしました。

画像

僕がにぎって貰おうとネタケースの中を指さすと

それはにぎりのネタじゃなく、北寄の貝柱とヒモの燻製だったようで、

板さんが、「食べますか?」と言いながら盛ってくれました。

これは珍味というか、お酒によく合うアテでした。

画像

さて、にぎりはイカと赤貝のヒモとつぶ貝を注文しました。

ジェームスにも食べるように言うと、何か1カンだけ頼んでギブアップです。

僕の方はというと、赤貝のヒモを頼んだのに赤貝が出て来たので、

画像

改めて赤貝のヒモとイクラを注文しました。

やっぱり札幌に来たらイクラは食べておかんとイカンでしょう。

赤貝のヒモは、どこで食べても美味しいです。

画像

結構いろいろ食べましたが、

いつもより食べないうちにお腹が一杯になってしまって、

にぎりも5カンだけで終わってしまうことになりました。


まあ、5カンで充分だという意見もあるでしょうが(^^;

今度はいつ来られるか分からないから、もう少し食べたかったけど、

まあ、年相応に食べたからと自分を納得させて、

お勘定をお願いしたら、「是非仕上げの味噌汁を飲んで行って下さい。」と、

マイルドな味噌汁を出してくれました。

こういう味噌汁は家庭ではなかなか味わうことが出来ません。

画像

ということで、大満足とは言えない、いろんな思いが交錯したけれど、

札幌でしか味わえない北の海の魚貝を楽しむことが出来、

思い出に残る夜となりました。

これから、さらにすすきのの夜を楽しみます。



この記事へのコメント

2019年04月01日 13:06
こんにちは。

美味しそうなもがいっぱいですね。
牡蠣、美味しそうですね~。
私も昨日、的矢の牡蠣を食べました。
新しい元号、「令和」になりましたね。
いい世の中になるといいですね。
こりす
2019年04月01日 13:09
あはは、なんとも中途半端な感じでしたが、ネタは北海道らしくって良かったですね♪やはり蟹が秀逸です♪数の子もいいですねツブも美味しそうだけど、おっしゃる通り少なすぎる…(笑)ススキノも結構変わったことでしょう!続きを楽しみにしています♪
2019年04月01日 15:17
トトパパさん、こんにちは。
北海道らしいネタをたくさん食べて来ました。
的矢の牡蠣を食べられたのですね。牡蠣は美味しいです。
「令和」、想像を超えていましたね。
でも、よい元号だと思います。
2019年04月01日 15:26
こりすさん、確かにその通りでしたが、あてずっぽうで入ってガッカリするよりはましでした(笑)
それに北海道のネタという意味では一通り食べましたから。
毛蟹は美味しいですね。でもジェームスに言わせると、近頃はずいぶん高いんだそうです。
つぶはね、札幌なんだからもう少し分厚く切ってくれなくちゃ
すすきのは随分変わりましたね。「かんの」の後は、怪しからんことに餃子屋に変わっていました
櫻弁当
2019年04月01日 23:00
大満足とは言えない、そうですが、それにしてもこれだけいろいろ揃えば羨ましい~です。
ただし生牡蠣にかんしては、ジェームズさんと同じです。(泣)
これからすすきのにもいかれるのですか。レポ楽しみです。
2019年04月02日 01:25
櫻弁当さん、一応食べたいものは食べましたが、これが最後の札幌だと決めていたので、質の面でちょっとばかり心残りがありました。
牡蠣はダメだったのですよね。美味しいのに残念です。
すすきのの夜は、我ながら思いもしないことがありました。
2019年04月02日 21:52
北の海の幸が並びましたね。
トップ画像の蟹は突き出しでしたか。
立派な一品に見えます。
厚岸は牡蠣で有名ですが、近年ウイスキー蒸留所が出来たので、数年後に熟成したものが出回るようになれば、ウイスキーの町としても名を成すことでしょう。
自分は楽しみにしています。
ジェームスさんは鰊そばで当たってしまわれたんですか。
煮物で当たるとは珍しいですね。
達さんが5貫で切り上げられたとは。
ちょっと驚きです。
2019年04月02日 23:35
りうさん、見知ったお寿司屋さんを選んだお陰で、北海道らしいものはあらかた食べることが出来ました。
毛蟹は用意したものが沢山並んでいたので、いつ出るのかな?と思っていたら和蛸の次に出て来ました。見栄えのするつきだしです
厚岸のウイスキーの蒸留所が出来るのですか?勿論ニッカですよね。
厚岸というところは何もない浜辺の集落という雰囲気の町でしたが、ニッカがやってくれば、観光客も増えるんでしょうね。ウイスキー好きのりうさんは楽しみが増えましたね。
ジェームスは鰊に当たったと言っていますが、恐らく何かの間違いじゃないかと思います
この夜は、やはりジンギスカンが効いていたようで、予定が随分狂ってしまいました(笑)
ゆらり人
2019年04月04日 09:51
さすが北海道ですね。
でも最近はタコが高くなりたこ焼きも簡単に出来ませんね。
以前、平磯海釣り公園でタコを釣りましたよ、しかも
2kgも有り堪能することが出来ました。
タコはやっぱり証ですよね、身が締まって味が濃いいですからね、北海道は水タコでしょうか。
多いに北海道を満喫してきて下さい。
2019年04月04日 23:19
ゆらり人さん、こんばんは。
北海道はやはり他所とは違いますね。大いに楽しんで来ました。
確かに蛸は高くなりました。もはや法外ですね。
平磯海釣り公園でそんなに大きな蛸が釣れるのですか?
僕も一度行ったことがありますが、坊主でした(^^;
やっぱり蛸は明石です。アフリカの蛸は味がないので困ります。
北海道のは何凧なのでしょう?あまり美味しいものではないですね。