仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 柿田町 越南料理の「ラ・パパヤベール」♪

<<   作成日時 : 2019/03/07 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 47 / トラックバック 0 / コメント 12

画像
最近は怖い世の中になったというか、Ggoogleから僕の携帯のあるサイトに、僕が好みそうな

飲食店の紹介が定期的に送られて来るようになりました。

何しろ鬼畜米英で育てられた世代ゆえ、

敵の諜報機関の個人情報盗み取りは、とても気になるところです。

画像

でも、ある日Googleから京都市内の中心部、姉小路室町にある

「ラ・パパヤベール」というベトナム料理のお店が紹介されるに及んで

危険とは知りつつも、逆らうことが出来ず、

騙された振りをして裏をかいてやるつもりで、

ネットで事前調査をしてみました。

画像

ところがこのベトナム料理屋さん、こんな一流の場所に店を構えているのに

評価は2.8ポイントと、信じられないくらいの低さでした。

これは一体ナンタルチア?と思って、よくよく口コミを読んでみると

どうやらその原因は、ご主人の頗る付きの不愛想にあるようでした。

そんなことで、思わず知らずやって来てしまった「パパヤベール」は

思いの外こじんまりとした間口のお店でした。

画像

生春巻きと蛙の衣揚げとブンチャーとハノイ風つけ麺が食べたいなと思いながら

お店の中に入って行くと、1人だけ居たお客さんが帰るところに遭遇し、

噂のご主人は、お勘定に気持ちが集中しているのか

僕の方を見向きもしなかったので、適当な席に勝手に座りました。

画像

目の前のテーブルには、ランチメニューのプレートが置かれていました。

メニューの中には、僕が食べたかった料理は載っておらず、

セットものばっかりだったので、

ご主人に、「お昼は単品の注文は出来ないの?」と尋ねてみました。

するとご主人はそっけなく、「昼のメニューはそれだけです」と言って

厨房に戻ろうとするので、

「何回も彼と会話するのはキツイな」と思った僕は

フォー・ガーよりフォー・ボーの方が良いなという直感だけで選んだ

フォー・ボーセットを、彼を呼び止めて注文しました。

画像


ここまでは噂通りのご主人だったので、お客も少ないはずだと納得しましたが、

でも、しかし、やがて運ばれて来たフォー・ボー・セットのフォー・ボーは

丁子や八角や僕が知らないベトナムの香りがプ〜ンと匂い立って、

なかなかいいじゃないかと思える出来栄えでした。

もちろん、日本人の口に合うように味付けは変えてありましたが、

麺もしっかりとした歯応えがあって、

レンゲで掬って飲んだスープは干し貝柱や干しエビのエキスが効いており

とても美味しかったのです。

好物のシャンツアイが乗っているのも嬉しいです。

但し、定番の添え物としてよく見掛けるバインクアイは見当たりません。

画像

そしてサイドの一品は揚げ春巻き。

具は何なのかよく分からなかったけど、これも歯応えがナイスで

なかなか美味しかったです。

これなら充分合格ですな

ご主人の接客は確かに不愉快に感じる人もいるかも知れないけど、

蕎麦屋のへんこな主人に慣れている僕は、

この店はそれさえ気にしなければ、行ってみるに値するベトナム料理店だと

変に納得しながら食べ終えて、すぐにお勘定を払ったら、

それでも逃げるようにお店を出ました

強がってみたものの、やはり居心地は悪かったです

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 47
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
あははっワタシも、達さんへんこには慣れっこだから大丈夫と思ってました♪でも美味しいのにへんこで評価が下がって、もったいないことですね☆表の看板にはいろんなメニューが出てますね。夜の単品にも行ってみたい感じですね♪しかし恐るべしGoogle〜〜♪
こりす
2019/03/07 05:15
レストランに行って何かを食べるのということは、単に料理を食べるだけではなくトータルエクスペリエンスですからね〜。たぶん、私はここには行かないでしょう。だって、自分で作れるもん。(笑)
こちらにフォーの盛り付け方はサイゴンスタイルですね。バインクアイ(=油条)が付くのはハノイスタイルで、モヤシや野菜は入れずに青ネギだけなんです。
櫻弁当
2019/03/07 06:00
こりすさん、googleは怖いです(笑)
これまでの経験からへんこには慣れているはずの僕も、このお店のご主人のへんこ振りには、口コミを事前に読んでいたこともあって、相当構えてしまいました(笑)
メニュー沢山あるでしょう?本来なら美味しいから夜に行ってみたいところですが、やっぱりちょっと躊躇してしまいますね。


2019/03/07 08:51
櫻弁当さん、その通りですね。なんで気兼ねしながら食べなきゃならないのかって問題です。
自分で作れると判断に余裕が出ますね(笑)
でも、そのお店の味というのは別物だから、やっぱり興味を持ったら食べてみたいですよね。
油条がつかないのはサイゴンスタイルなんですか?勉強になりました

2019/03/07 08:57
こんにちは。

ベトナム料理ですか。
いいですね。
私もこの前、ベトナム料理の店で飲み会したんですよ。
梅田の店です。
めっちゃ美味しかったです。
トトパパ
2019/03/07 09:12
インスタントだけど初めてトムヤンクン食べたときの口に合わなかったトラウマから、ベトナム料理と聞くだけで寒気がします
のび太
2019/03/07 10:19
ターゲティング広告と同じような手法ですかね?
自分も最近すごく気になっています。
ネットで検索した商品に関連した広告が表示されるのは仕方ないにしても、頭の中で検討しただけの商品が表示されるような気がして、怖くなっています。
ベトナム料理については世間並みの知識も無いもので、今回の記事は未知の単語のオンパレードでお手上げでした。
ところで、こちらの店主殿はあちらの方ではないですよね??
りう
2019/03/07 23:05
りうさんもやはり気になりますか?
googleって何だか気持ち悪いですよね。Facebookも同じトトなのでしょうが。
ベトナム料理については僕もほぼ門外漢ですが、味だけで言うと美味しい料理が沢山あります。
ぜひ一度、出来るだけ愛想の良いお店で試してみてみて下さい
店主殿は生粋の京都人のようでした。

2019/03/08 20:01
ベトナム料理はちんぷんかんぷんですが達さんがそう仰るのですから美味しいということがわかりました。
一度チャレンジしてみます。
こちらのご主人、頗る付きの超へんこなんですね(笑)
私の浅い経験ではへんこな人っておっそろしく一本気な人が多いように思います。
「てやんでぇ!ヘラヘラ愛想なんて振りまいてられっか!こちとら味で勝負してんだよ」というガンガンガンコ者なんでしょうか
鬼畜米英って、この言葉だけを見ると、まるで三代目の金なんとかという豚が委員長の彼のお国のようです(笑)
テンプル
2019/03/11 13:46
テンプルさん、ベトナム料理美味しいですよ。ぜひ一度行ってみて下さい。
へんこな人ってどこでもいますね。こちらはどうなんだろう?悪気はなさそうなんだけど、客から見れば見ればそんなこと関係ないですからね。
まあ、味で勝負しているんだから、いやなら来るなってことなのでしょう。
あの国は第三者的にみると、こう言っちゃなんですが滑稽ですね。南の何とかって大統領の方がもっと滑稽ですが

2019/03/11 14:11
トトパパさん、こんにちは。
ベトナム料理行かれましたか?
大勢で飲む時には料理がおつまみ代わりになって、いろんなものが食べられるから、飲み会にはお勧めですよね。
梅田、長いこと行ってません(泣)

2019/03/11 14:14
のび太さん、最初の出会いがインスタントものだったのが悲劇でしたね。
本物のベトナム料理は美味しいんだけど、トラウマになってしまっては、もはや手の施しようがないですね。

2019/03/11 14:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
柿田町 越南料理の「ラ・パパヤベール」♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる