仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 里の前series ワイルドだった「楽友菜館」♪

<<   作成日時 : 2019/01/10 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
林医院に母の薬を貰いに行った帰り道、里の前の「楽友菜館」まで足を伸ばしました。

こちらは最初に里の前の中華銀座を発見した時に、

「ここはパス」と言った中華屋さんでしたが、

僕の性格上ここだけ飛ばすことは出来ないので、

兎に角行ってみようと足を伸ばしたような次第です。

お店の前までやって来て、だらしのない暖簾を撮った途端に

店主と思しき人の良さそうなお婆さんが現れたので

僕はビックリしましたが、そんなことはおくびにも出さず

「もう入っていいですか?」と丁寧に尋ねました。

画像

お店の中はこんな感じ。

開店直後だったので、お客は誰もおりません。


これはチャンスだと思って入口の写真まで撮ってしまいました。

まあ、誰かお客がいてもチャンスさえあればとる人ですが...

画像

僕は壁に貼られたメニューを見て、食べたいものはなにもないな(。。;

と思いましたが、

取り敢えず食べたいものがない時は酢豚という常道に従って

酢豚とチャーシュー麺を注文しました。

そんなことで最初に現れた酢豚。

玉葱が飛び散らかっていてワイルドでした。

少し整えてから写真を撮って、いざ食べてみると甘すぎる上に

ケチャップ味丸出しのワイルドな酢豚でした。

「こんな酢豚食べたことがないな」と思いながらも

ついつい全部食べてしまう意地汚さも僕ならではです。

でも、600円の酢豚というは、まともに作るには余りにも安過ぎます(@_@)

画像

そんな酢豚を食べ終えて、ふと厨房をみると

お婆さんがチャーシュー麺を作っているのが見えました。

壁には警察の電話番号を書いた貼り紙が(@_@)

里の前ってところはそんなに治安が悪いのでしょうか?

画像

僕は入口に背を向けて座っていたので、緊張しながら待っていると

ようやくチャーシュー麺が出来上がりました。

このチャーシュー麺はスープも麺も普通でしたが

肝心のチャーシューは腿肉なのか、随分固かったので

食べるのにちょっと苦労してしまいました。

しかし、支払ったのは2つで1200円。

随分安いお店でしたよ

画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ハハハ、なんとも博打的なお店ですね、穴場みたいにメチャ美味しいか、…ワイルドな安さ自慢のお店か…な〜〜??(笑)あんまりワイルドだと笑っちゃいますね♪まあパスしたくなる感じですが、とりあえず行ってしまって良かった、よかった(笑)
こりす
2019/01/10 05:14
こりすさん、やっぱり予感は当たっていました(笑)
酢豚は得意料理ではないですが、家で僕が作る酢豚の方が余程マシでした(笑)
確かに安いのには驚きましたが、ワイルドもここまで来れば言葉もありません(笑)
だからお店に対する不満は感じず、自分の酔狂さ加減に笑ってしまいました

2019/01/10 09:14
こんにちは。

いい感じの店ですね。
中華屋さんですか。
ラーメン、美味そうですね。。。
お腹減ったぁ。。。
トトパパ
2019/01/10 09:48
わあお〜!
全てにおいてワイルドだわ〜(^o^)
なんか達様ってけっこう勇気がおありですよね(^m^)
純子
2019/01/10 09:50
写真を撮っているときに突然お店のお婆さんが現れて、ほんとは驚いたけれどそんなところは微塵もあらわさず、「もう入っていいですか?」と丁寧に尋ねるところ、達さん、さすがです。パリに行って感じた「ボンジュール」という言葉の精神と通ずるところがありますね。
このお店も、たぶん、常連さんというか気に入っているお客さんもいるのではないかと思われます。
櫻弁当
2019/01/10 12:04
トトパパさん、こんにちは。
なかなか面白いお店でしたよ。
チューシュー麺はお腹が空いた時には最適のでき具合でしたよ(^-^)

2019/01/10 14:09
純子さまならこんな暖簾のお店は即パスですよね。
僕は恐いもの見たさが高じてどこでも平気で入れるようになりました。
でも、ここは店の雰囲気持って食べ物も、全てにおいてレベルが高かったです(^-^)

2019/01/10 14:17
櫻弁当さん、ピンポンダッシュでバレた時みたいな感じでしたが、そこは上手く誤魔化しました(笑)恐らく年の功でしょう。
お婆さんは人の良さそうな人だったから、きっとこういうお店は常連さんが多いのでしょうね。

2019/01/10 14:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
里の前series ワイルドだった「楽友菜館」♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる