仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 里の前series 「長江辺」のトリッパ鍋♪

<<   作成日時 : 2018/12/02 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
またしてもリハビリの帰り道、田中里の前の中華銀座に行ってみました。今回のターゲットは

その屋号が気に入った「長江辺」のトリッパ鍋です。

こういう屋号は中国をよく知った人にしか思いつかないものなので

その店主が作る料理には期待が持てそうでした。

お店の外観にも急ごしらえじゃない落ち着きが感じらます。

画像

僕はお店の中に入って行くと、一番奥の席について

振り返りざまに玄関に向かってシャッターを切りました。

そこには中国小姐のおひとり様が1人ずつ、何かを召し上がっておりました。

やっぱり、こういうお店は中国人が集まって来るんだと思っていると

お冷を運んで来たおばさんも中国人だったので驚きました

画像

店主はてっきり有名中華料理店を退職したお爺さんか

たとえ中国人であっても男性だろうと想像していたので

店主が女性で、それも1人で切り盛りしているとは思ってもみませんでした。

僕はその女店主に何気なく「トリッパ鍋を頂戴」と注文したところ

一瞬「?」と言う顔をされたので、それでは通じないかと思って

「麻辣牛肚砂鍋」と言い直し、ものの弾みでワンタン麺も追加しました。

画像

暫く待って運ばれて来た麻辣牛肚砂鍋は麻辣というほど辛くはなかったけれど

しなびた白菜とともにハチノスがこれでもかと言うほど入っていたので

野味の面ではすこぶる満足感を味わえました

しかし、スープの味が味と言うほどついていなかったから、

期待とはちょっと違って失望感も一緒に味わうことになりました

でもまあ、注文したからには白菜も全部食べないと僕の負けだと思い直し、

ただただ自意識に支えられてスープまで全部飲み干しました。

テーブルの上に追加用の麻辣醤を置いておいて欲しかったです。

一方、、ワンタン麺は麻辣牛肚砂鍋を半分も食べないうちに出て来たので

ちょっと慌ててしまいました

食べ終わる前に次の料理を出すというのは二流の証明です。

でも、ワンタン麺は冷めたら美味しくないので、

白菜だけがが一杯残った砂鍋を一旦横に置いて、

ワンタン麺を食べ始めました。

画像

久し振りに食べた中国東北地区ではご飯代わりに食べる分皮の厚い雲呑は

ハルビンや大連で食べた雲呑を思い出させるもので

懐かしくもあり、美味しくもありました。

麺も食感がよくてグッドだったけれど、

でも、スープはやっぱり極端な薄味でした

もともと北京料理のスープは薄味だけど、

こちらの場合は出汁がよく取れていないのが原因の薄味のように思えました。

今回はそんなことで、めったに食べることの出来ないトリッパ鍋を

たらふく食べたことで良しとしなければなりますまいて











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ふーむ見た目はさほど薄味にも見えず、キレイな仕上がり〜ハチノスがほんとにたっぷりで(笑)とても美味しそうです!女性だったから薄味だったのかな…でもないでしょうが、まあまあ、次に期待、といったところでしょうか♪味が薄いと満足感にかけますね☆
こりす
2018/12/02 05:22
料理は二つとも、写真ではとてもおいしそうです。日本ではどちらかというと珍しい料理なのに、ウムム、もうちょっと頑張ってほしかったですね。
お出汁がどんなものかは見ためではわからないので、そういう所に力を入れるお店はよいお店であるともいえるかもですね。
櫻弁当
2018/12/02 12:30
こりすさん、そうでしょう?見た目の判断ほど不確かなものはありません
でもこの砂鍋はこれでもかってほどハチノスが入っていて正真正銘掛け値なしのハチノス鍋でしたよ。
薄味はお店の特徴なのでしょうね。他の中国人のお客さんは慣れているの、か美味しそうに食べていました。きっと常連さんなのでしょう。
確かに味が薄いと満足感は得られませぬ

 

2018/12/02 20:23
櫻弁当さん、そうでしょう?見た目の判断ほど不確かなものはありません

僕が思うに、きっとこの女主人が育ったであろう地方では物足りないくらいの薄味が普通だったのかも知れません。
中国人が主流の客層と見ましたが、の本陣にお客を増やそうてするなら、スープに一工夫必要だと思いますね。

2018/12/02 20:31
中国の人は唐辛子の辛さには平気だけど、塩の辛さにはとても敏感で、日本のラーメンは塩辛いと感じる人は多いです。
のび太
2018/12/04 09:50
年齢を重ねると、舌の味覚も劣ってきますから。
ジャイアン
2018/12/04 14:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
里の前series 「長江辺」のトリッパ鍋♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる