仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 鮨「魚助」に退院挨拶♪

<<   作成日時 : 2018/10/04 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 10

画像
「そろそろ魚助に顔を出しておかなきゃな」と思いながら、別のお店でお昼を予定していた

リハビリの金曜日。

しかし、施術の最中に「この日を逃すと当分行けないな」と思い直して

帰り道、川端通りを冷泉通りで左折しました。

お店の裏のコインに車を止めると、鮨「魚助」に向かって

「もう2ヶ月ぶりになるかな?」と、指で数えながら杖なしで歩きます。

画像

店内に入って行くと、店主殿は手持無沙汰にテレビを見ておりました。

僕は「ご無沙汰!」と声を掛けながらカウンター席に座ると、

「いや〜25日は長かった」と辛かった入院生活を語り始めました。

店主殿は「無事に退院出来て良かった、良かった」と何度も言って

心底喜んでくれているようでした。

そんなことで注文はお祝いを兼ねて5000円の「おきまり」を。

そう言えばこの2ヶ月というもの、お鮨は食べてなかったから

久し振りのお鮨です

画像

スタートはいつものようにミナミマグロの中トロ2カンから。

やっぱり久し振りに食べるまともなお鮨は美味しいですなぁ

その後は 鯵とイカ、

そして退院祝いのサービスと思える鮑のにぎりが続きました。

鮑は」値段が時価の「お任せ」なら兎も角、

「おきまり」では決して使わないネタだからです。

画像

入院期間のヤンチャ話が終わると、台風の話になりました。

店主殿は被害が心配で終日お店に詰めていたそうですが

疎水端に植わった桜の木は強風で倒れるし

縦長のペンシルビルはガタビシ軋むしで、

生きた心地がしなかったそうです。

画像

その後はご自慢の海老のにぎりが出て、珍しく新子が続いたので

新子の下処理の面倒臭さから始まって、

東京人はどうしてあんなに新子を有難がるのだろうという話になり

大量に獲れた昔はコハダは畑の肥料だったので

仕入れも安かったから下処理の手間も掛けられたけど、

「今はなんでこんなに仕入れ値が高いんだ」というボヤキで終わりました。

画像

僕の入院中に店主殿が沖縄に帰省するという話を聞いていたので

「沖縄はどうでした?」と尋ねてみたところ、

「やはり沖縄が一番安らぐ」としみじみと話し出し、

店主殿の空手の後輩が経営するステーキ屋で何とかという

沖縄固有希少牛のステーキを食べた話や、

空手仲間と飲んだ話などを嬉しそうに話してくれました。

同じ運動部の先輩後輩というのは年をとってもつながりが強く

いいものだと実感したそうです。

画像

話をしながらも手は休めずに、

いよいよこれで最後を知らせる煮穴子が出て来ました。

普段2切れのところ3切れ乗っているのはこれもサービスでしょうか?

魚助定番の穴子はいつもながらの美味しさでした。

画像

そして、普段は吸物さえ出ないことがあるのに、

この日は異例なことに茶碗蒸しを作ってくれました。

「急いで作ったので出来上がりは分からない」と心配していましたが

即席で作ってくれたにしては結構美味しい茶碗蒸しでした。

画像

全てが出尽くした後も何だかんだと話が尽きず

30分ほど話しているうちに

店主殿が予想外のマグロのヅケを1カンポンと置いてくれました

それを機会に、「さて、そろそろ帰ります」と言ってお代を払うと

店主殿は珍しく、お店の外まで出て見送ってくれたので

よれないで真っすぐ歩かなきゃと思って緊張しました(笑)

画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 34
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
魚助、健在ですねー♪お祝いの気持ちと帰省でメチャ美味しい内容になってますね!急いで作ってくれた茶碗蒸しも嬉しいですね〜。やっぱ鮑が美味しそう(笑)おお、杖、ないんですか?順調ですねー!リハビリは大変でしょう、少し寒くなってきましたしね。それにまた台風だし☆
こりす
2018/10/04 05:24
魚助さん、やっぱりいいですね〜。話が弾むところもやっぱりいいです。
あの穴子、こちらではまず魚そのものが手に入りませんが、たとえ手に入ったとしてもあの崩れそうに柔らかいのに崩れない絶妙の煮方は真似できません。魚助さんで食べるしかない。
この間お店が閉まっていたのは、店主殿が帰省されていた時だったのでしょうか。店主殿は空手家だったんですね。
櫻弁当
2018/10/04 06:46
こりすさん、代わりに疎水の桜が倒れてくれたので、魚助は健在でした(笑)
魚助の店主殿はそこはかとない方法で僕が元気で戻って来たことを祝ってくれました♪
鮑や茶碗蒸し、それに最後のマグロのヅケなどがその気持ちの表れなのでしょう。店主殿はほんといい人ですよ。僕はかなり気が合っています(笑)
リハビリの内容は大したことはないんだけど、単純なことを黙々とこなしておくことが大切なんでしょうね。
バカにせずに通っています。
台風、今度は日本海側を通りそうだから山口も心配ですね。京都も同じだから週末はまた準備に忙しくなりそうです。

2018/10/04 09:08
櫻弁当さん、店主殿とは何故か気が合うので、今回も美味しいお鮨を摘まみながら、長居をしてしまいました。
魚助に行くと気が安らぎます
この穴子はなかなか凄いですよね。味もそうだけど、ほろほろっと身が崩れるところは長年培った達人の技だと思います。
もしかしたら閉まっていたのはそうだったのかも。その話をするのは忘れていました(笑)
空手、そんな風には見えなかったけど、時々見せる鋭い眼光は空手家のものだったのかも知れません。

2018/10/04 09:15
こんにちは。

お鮨、美味しそうですね。
回転してるところしか行けないので、
羨ましいです。
お腹いっぱい食べたいなぁ〜。
トトパパ
2018/10/04 13:02
トトパバさん、こんにちは!
今日は朝からリハビリに行って来ました。
魚助のお鮨美味しそうでしょう?
僕も子供が小さい頃はよく回転寿司のお世話になったものです。いつも12皿食べていました(笑)
魚助はそんな回転寿司とはまた違った美味しさでしたよ(^-^)

2018/10/04 13:45
久しぶりの魚助さんですね。
退院のお祝いにふさわしい力のこもったネタの数々ですね。
メッセージ性を感じます。
鮑の大きさは特に。w
カウンター越しのやり取りを楽しみながら寿司をつまむお客さんはそう多くはないのでしょう。
きっと大将も達さんとの再会を心待ちにしていたんでしょうね。
台風ですけど、あの立地とイタリアチーズのカットみたいな、風にはいかにも弱そうな形の建物ですから、影響も大きかったでしょう。
大事に至らなくて幸いでしたね。
それと、達さん、杖無しでも大丈夫とのことで、安心しました。
りう
2018/10/09 00:56
りうさん、2カ月ぶりの魚助。会話を楽しみながら堪能しましたやっぱり魚助は落ち着けます。
ネタも気持ちを感じる選び方で、店主殿もこの日を待っていてくれたことが伝わって来るものでした。
鮑は大胆にカットしてくれたのが分かりますでしょう?

そう、冷泉通りはまともに東山まで吹き抜けですからね。そこへあのクラブのマッチみたいなペラペラの箱型ですから、店主殿が心配で店にいたという気持ちはよく分ります。
当初腰が定まらずにふらつく危険があったのですが、近頃は杖がなくても安心して歩くことが出来るようになりました。
後は術後の傷の痛みが治まればコルセットも取れてめでたしめでたしとなりそうです
有難うございます。

2018/10/09 07:42
経験上
杖は、有ると無いとじゃ全然負担が違うんですけど。
以前もそうでしたけど
達さまは杖がお嫌いなようで(^m^)

純子
2018/10/09 08:52
純子さま、確かに杖は頼りになります。
僕は若い頃から女払い棒を使い慣れているので、杖が嫌いという訳ではないのですが、今は払うべき女が寄って来ないので、杖をついてもつまらないのです

2018/10/09 15:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
鮨「魚助」に退院挨拶♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる