仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS リハビリ帰りの「いろがさね御膳」♪

<<   作成日時 : 2018/09/22 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
入院中にお見舞いとして貰った「あまから手帖の寿司」の手毬寿司特集を読んでいて、

「手毬寿司もたまには好いな」と思っていたところ、

リハビリ散歩の途中、下鴨高木町あたりで

京料理「福助」という料亭風のお店を見掛けました。

住宅街の真中にあって、ここだけ何だか随分立派な門構えです。

画像

近づいて行って、門前のお客勧誘用のお品書き台を見てみると

あじがさね御膳という2700円の幕の内弁当があって

その中に手毬寿司が3つばかり入っているのに気づきました。

そんなことで退院後の初リハビリの日に

スケジュールの合間を縫って、早速行ってみました京料理「福助」。

門の内側には等身大の鶴のオブジェと共に

亀がたくさん入った池が設えてありました。

たかが鶴亀という雰囲気だけのことに相当お金を掛けているようです。

画像

僕は内玄関の敷居をまたぐと、座敷と思われる方に向かって

「頼もう。頼もう。」と声を掛けましたが、反応がありません。

「相手をする者がいないのなら鶴の像を持って帰るぞ!」と

道場破りのように大声で脅してみましたが、何の返事もありません。

画像

どうも気抜けのする店だなぁ、思いながらふと!左手を見ると

どうやらお昼はこちらで営業しているようで、暖簾の奥に

テーブル席が幾つも並んだ一見客用の部屋が見えました。

こちらも厨房は壁で仕切られていて、誰も見当たりません。

僕がもう一度「頼もう。」と声を掛けると、

奥の厨房から肥えたおばさんが、ゆっくりのたりと現れました。

僕は「どこに掛けてもいいの?」と確かめてから

ど真ん中の4人掛けのテーブルを占領すると

大儀そうに番茶を持ってやって来たおばさんに、

「手毬寿司が入ってる幕の内を。」と注文を入れました。

画像

そんなことで暫く待って運ばれて来たいろがさね御膳。

もう少し写真を撮り易い並べ方をしてくれると期待していたのに

案に相違して結構無神経な並べ方です(笑)

しかし、むらさきが2つ用意されているのは流石だと思いました。

画像

まず刺身から手をつけました。

鯛、マグロ、いか。平凡と言えばそうですが、

食べてみると、いずれも2700円の幕の内にしては上ものです。

夜と同じレベルの魚を使っているのが分ります。

それに、鯛の皮がさりげなく置いてあるのもナイスです。

ランチと言えど手を抜いていないところがお店の質というものでしょう

画像

さて、いろがさね御膳という名の幕の内弁当。

京料理らしい焼き物、煮もの、水菓子まで詰まった右半分と

手毬寿司、小鯛の押し寿司が占める左半分。

最初に食べたいと思って店に入った手毬寿司より

幕の内として盛られた質の良いおばんざいと

薄い昆布に包まれた小鯛の押し寿司が美味しかったのは意外でした。

画像

しかし、たまにはこういう質の良い幕の内もいいですな。

恐らくですが、場所柄大勢の観光客は当て込んでいないのでしょう。

それが1つ1つのっ料理の質を落とさない結果となっているようで

「近又」とはまた違った美味しさを感じながら

料理と押し寿司を味わうことが出来ました。

余談ですが、鯛のお吸い物も少し濁っていたけど美味しかったですよ。

画像







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
これはこれは!美味しいお店を見つけましたね!なかなかお店の人が出てこないのは気になるけれど…京都らしさかしら?(笑)手毬寿司も京都のイメージです♪どれも美味しそうだし、丁寧に作ってる感じします。リハビリ帰りのランチは恒例になりそうですね♪京都だといくらでもありそうですものね〜春のたけのことのごとく新しいお店が次々と…
こりす
2018/09/22 05:10
こりすさん、きれいな幕内弁当でしょう?
お店の人がなかなか出て来ないのは、あんまりお客が来ないというこの店特有の油断でしょう(笑)
でも料理は散歩の時に感じたイメージ通りの素敵なものでした♪ランチと言えども手を抜かない丁寧な仕事に感心しましたよ。
最近はリハビリ帰りくらいしか外食は出来ないので、僕も楽しみにしているんです
下鴨は結構素敵なお店があるので、新規開拓も楽しみです☆

2018/09/22 07:50
これはまた良いお店を見つけられましたね。
お料理、おいしそうです。丁寧に手を抜かず作ってあるところがよいですね。金又さんと比べるくらいだからかなりのレベルだとお見受けしました。
それに、予約なしで入れるところもよいと思います。観光客だと予約制はそのお店に行くために一日の計画を立てないといけないのでちょっとやりにくいのです。こういうのは私だけかもしれませんが。(笑)
亀さんのいる池、気に入りました。
櫻弁当
2018/09/22 12:10
櫻弁当さん、偶然とはいえ素敵な料理を出すお店を観つけることが出来ました。これもリハビリ効果でしょうか?
手を抜いていない料理って気持ちが良いですね。
質的にもかなり高いレベルだと思いましたよ。
櫻弁当さんは予約で苦労されましたものね。
こういうお店を知っていれば。ずいぶん楽だったでしょうね。
亀のいる池、こういうのが前庭にある料理屋さんは珍しいです

2018/09/22 22:26
これは素敵な幕の内ですね。
京都が凝縮されているような質感を感じます。
ひょっこり入って、こういう上物に巡り合うのですから、やはり京都という町は格が違いますね。
お昼をこれだけで我慢できるなら、達さんの健康寿命も延びると思いますよ。
りう
2018/09/30 00:35
りうさん、確かに京都はふらっと入ったお店で思わぬ質の料理に出会うことがありますね。
この福助が将にそうでした。
手毬寿司が食べたくて入ったお店で手毬寿司が一番月並みだったとは(笑)
この日はこれだけで済ませましたが、そうとは限らないところが、わずかに残った仰天食べ歩きの成れの果てです

2018/09/30 08:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
リハビリ帰りの「いろがさね御膳」♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる