仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょっと寄り道 南座前 「やぐ羅」の天麩羅そば♪

<<   作成日時 : 2018/09/10 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 10

画像
退院予定日の4日前。留守を預りに来てくれていた姉が仙台に帰る前の日に、

今度はきちんと外出許可を得て一時帰宅しました。

実は姉から電話があって、

仙台に帰る前に様子を見に病院に来たいと言うものだから、

この病院は電車で来ると結構時間が掛かるから、

それなら僕が家に帰った方がてっとり早いからと話して

リハビリがてら杖を突き突き、出町柳から京阪電車で帰りました。

というか...帰るつもりでした。

しかし、京阪電車が祇園四条駅に着いた時、

「やっぱり何か食べて帰ろう」と閃めくものがあったので、

というか...最初からそのつもりだったのでしょうが、

それは兎も角、急いで電車を降りました。

苦労して階段を上り、地上に出ると、そこは南座の北っ側。

南座はまだ随分長い工事の最中でした。

画像

さて、なにを食べようか?と思いながらふと見ると

そこには、あの元祖にしん蕎麦の総本家「松葉」の真ん前で

健気にも同じにしん蕎麦で勝負する「やぐ羅」の看板が。

そして判官贔屓のお客さんが、ぞろぞろ入って行くところでした。

僕はどうしようかな?と一瞬迷ったけれど、

まだ不必要に歩く時期じゃなかったので、

判官贔屓達の後に続くことにしました。

そして席に着くと、見覚えのある中年細身の女店員さんに

天ぷら蕎麦を注文しました。

画像

こちらの天ぷら蕎麦の海老の天麩羅は別皿で供されるので、

注文する際に、「海老の天麩羅はお蕎麦の上に乗せておいて」と

女店員さんに頼んでみたところ、

それを聞いた店主殿は即座にそれを却下して

やがて運ばれて来た天麩羅は面倒くさいことに別皿でした。

僕は「折角贔屓にしてやっているのに頑なな店主だな」と

この店に来るのは今回が僅か3度目なのに

何とも上から目線で憤慨しました(笑)

画像

そんな内面の葛藤も知らぬげに運ばれて来た天麩羅蕎麦の

別皿の海老の天麩羅を指で摘まんでお蕎麦の上に並べると

油で汚れた指先を椅子の裏側を使って拭きました。

決して仕返しではありません(笑)

先ずはお蕎麦を少し食べてから、海老の天麩羅にかかります。

この海老天は衣が少なくて、サクサクとした歯応えがナイスでした。

海老自体も結構よいものを使っているようで美味かったです。

しかし今回「やぐ羅」でお蕎麦を食べてみて、

こちらの真骨頂は、蕎麦でもなく、海老の天麩羅でもなく、

もちろん自慢のニシン煮でもなく、

実は昆布のよく利いたその出汁にあることを発見してしまいました。

そんなことだったので、僕は丼を両手で持って

美味いなぁ旨いなぁと感心しながらお出汁を飲みました。

結局やめ時を失ってしい、見事に完飲してしまったのです

この「やぐ羅」、店主は頑なでも、この出汁と海老天がある限り
おいそれと「二度と来るものか」と啖呵を切ることは出来そうにありません

やっぱり旨いお店というのは特ですなぁ...


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ほんとですね〜客商売といえど、美味しければお客さんではなく自分を貫いて良いってとこありますね♪やはり天ぷらのかりっと具合はゆずれなかったのでしょうか。別皿は必須だったのですね(笑)お出汁が美味しいと言う事はどれを頼んでも美味しそうですね♪それにしても京都も豪雨浸水…?日本は大丈夫かしらん☆
こりす
2018/09/10 05:21
松葉ってその昔、ニシンの産地偽装がありましたw
まだ「産地偽装」が横行するずっと前、居酒屋経営の経験者でもある元ヤ〇ザの組長が指摘して、黙っててくれと一万円貰ったとかw
のび太
2018/09/10 09:39
こりすさん、変に妥協しないことこそが「やぐ羅」の真骨頂なのかも知れませんね。
僕の認識では場所柄観光客目当てのお蕎麦屋さんとみなしていましたが、店主殿の別皿へのこだわりは相当なものだったのでしょう。
お蕎麦もあっさりとした舌触りで温かいお蕎麦にあっているし、海老天も上もの、お出汁は旨いということで、ちょっと簡単に見捨てる訳には行きません(笑)
お出汁は料理の基本ですからね。なにを食べても美味しいのだと思います。
最近の京都、怨霊の仕業かと思うくらいいろんなことが起こりますね。

2018/09/10 09:40
のび太さん、そんなことがあったのですか?
僕はアンチ松葉なので、その情報全く知らずにおりました。
組長が1万円で手を打つというのもちんこい話ですね

2018/09/10 09:43
オォ、この辺り懐かしいです。前回二回は旅行したグループの唯一の日本人ということで、ツアコンみたいなことをしていたので、ゆっくり楽しむ余裕がありませんでした。できたら、また来てのんびり街歩きをしたいです。
それにしても「というか・・・」、全部最初から考えていたことではありませんか。(笑)
お出汁は、家庭ではなかなか一々手間をかけて本格的に贅沢にとれないので、こちらのようなお店はよいですね。
櫻弁当
2018/09/10 11:31
櫻弁当さん、そうでしたね。
僕も櫻弁当さんのクイズに出た四条駅地下の天井の梁を懐かしく思い出しながら地上に出ました。
機会を見つけて、是非ゆっくりいらして下さいな。
「というか・・・」はその通りで、あらあらは病院を出る前に考えていました(笑)
そうですね。お出汁とか洋食に添えるソースはなかなか家で真似することが出来ないので、定評のあるお店で堪能するに限ります

2018/09/10 14:05
うんうん♪

お出汁はやっぱり昆布ですね〜☆
純子
2018/09/14 10:36
純子さま、でしょう?

出汁は昆布に限ります☆

2018/09/14 15:15
自分も松葉の向かいで暖簾を出してるこちらのお店のことは気になってました。
大丈夫かと心配しましたが、アンチのおかげでそれなりに繁盛してるようですね。w
画像を見た瞬間、直感的につゆが良いなと思ったのですが、やっぱり良い出汁が出てるんですね。
天麩羅もはったりが無くて良さげです。
でも、そばの量が物足りないのではないですか?
それとも、今の達さんにはちょうど良いですか?
りう
2018/09/16 23:08
りうさんもお気づきでしたか?このお店。
蕎麦好きなっら気になるお店ですよね。
そう、大繁盛という訳ではありませんが、石破氏の得票ぐらいは頑張っているように見えました。
分りますよね。このそばつゆの良さ
天麩羅もサラッと粉をつけてそのまま揚げているので、衣の旨さじゃなく海老の旨さが直接伝わって来ました。
蕎麦の量は少し少なめでしたね。でもこの床に限ってかも知れませんが、ちょうど良かったです

2018/09/17 08:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちょっと寄り道 南座前 「やぐ羅」の天麩羅そば♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる