仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 無聡庵闘病日記♪ 術前の沐浴

<<   作成日時 : 2018/08/20 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 12

画像
入院した日と翌日は検査などで適当に過ごすと、手術前日の夕方に外出許可を得て

銭湯に行きました。

この栄盛湯という名の銭湯は

京都でも風情の残る銭湯として有名です。

そしてこの銭湯の直ぐそばの高級住宅街に

その姿を今も残すバー「伊万里」があるのです。

こんな機会じやないとお別れが出来ないと思った僕は

銭湯に行く前に主を失った「伊万里」の様子を見に行きました。

画像

30数年前に僕が京都本社に戻った年に花見小路で出会って以来

マスターやママとはずっと親しく付き合って来ましたが

昨年マスターが亡くなったと思ったら

今年はママまで亡くなってしまって、

僕にとっても貴重だった隠れ家的なバーは主を失ってしまいました。

建物は恐らく一人っ子の峰ちゃんが相続したのでしょう。

門柱に「Kisa」という小さなプレートがや掛かっていました。

しかし、どうやら誰も住んではいないようです。

こういう光景を見るにつけ、一つの時代が終わったという

深い感慨を覚えざるを得ませんなぁ。


さて感慨はそこまでにして栄盛湯までやって来ると

門をくぐって錦鯉の遊ぶ池に渡した小橋を通り

男湯のガラス戸を開け、僕は罰当たりなことに

番台の奥の女湯をちらりと覗いたのでありました 

画像

さて、お風呂ですが、中はそんなに広くはなく

おじいさんや子供を散れた仕事前の職人さん風の若い人で

適当に混んでいました。

僕は手術をしたら抜糸まではシャワーも浴びられないと思って

体を洗った後もできる誰だけ長い時間お湯に浸かっていたので

最後は頭がぼうっとして来ました。

画像

そんなことでサウナだにまで入ってサッパにとリして銭湯を出ると

ちょっと遠回りになるけど下鴨本通りから北大路通りに出ることにして

道々目ぼしい食べ物屋さんを探しながら病院ま帰ることにしました。

しかし北大路通まで戻って来ると、やたら喉が渇き始めました。

それにもう夕方だというのに体感35度以上の暑さです。

細い通りを渡った時、右手にちらっと「氷」の旗が見えたので

少し迷ったけど腰も疲れて来たので、

かき氷でも食べようとお店の中に入って行くと、

ソファー席に座ってもイチゴ味を注文しました。

すぐに出て来たかき氷はスモールサイズだったけど

イチゴ味にクリームが乗っていて400円。銭湯より30円も安いです(笑)

画像

バスタオルを目にしたママさんが「お風呂帰りですか?」と尋ねるので

「下鴨病院に入院していて明日が手術でしてね」と詳細を伝えると

カウンター席に座っていたマスターを示しながら

「主人も同じ病気なんだけど手術を嫌がって」と仰いました。

するとマスターが僕の方を向いて、

「ロキソニンのシップ薬をべたべた貼って胡麻化しているんですよ」と

苦笑いです。


そんなことで図らずも入った喫茶店で同病に遭遇することになり

「明日は頑張って下さい、お大事に」と励まされ

「歩けるようになったらまた来ます「と再会を約して

お店を出ることになったのです(笑)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 28
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
あら〜ほんと、風情ある銭湯ですね〜〜!しかしこの猛暑では、せっかくのお風呂も台無しですよね…でもそこでかき氷なら美味しくて良いかも♪それにしてもかき氷に生クリーム??珍しいですね??ああかき氷食べたくなってきました☆そして同病に出会えたのも楽しい?ですね(笑)けっこう多いですよね…痛いのって嫌ですね。
こりす
2018/08/21 05:09
こりすさん、なかなか素敵な銭湯でしょう?こういう銭湯は近頃めっきり減ってしまいました。
そうそう、せっかく入っても帰るまでに汗びっしょりになってしまいますよね。
ちょうど良いタイミングで喫茶店があったので、体を冷やそうと入ってみたら、思わぬところに同病がいました(笑)
かき氷に生クリームは僕も初めて見ましたが、結構あっているとも思いましたよ

2018/08/21 07:50
あらら?日本では一旦入院しても簡単に出してくれるのですね。USの病院はそういう意味で本当に監獄ですよ。(笑)あのホスピタルガウンという後ろで紐結びにするぶかぶかの寝間着を着せられます。あれって、下に下着は着ないものなんです。だからそのままうろついたら後ろ丸見えで逃げられません。リハビリで歩かされるときはもう一枚うしろから羽織って見えないようにします。
話が逸れましたが、(笑)良さそうな銭湯とタイミングの良い喫茶店ですね。
同病というか、どこかに痛みのある状態の人って多いそうです。
櫻弁当
2018/08/21 08:05
ロキソニンの湿布はかぶれないし
お風呂に入る直前にはがしてもヒリヒリしないので、私も処方してもらってます♪
腰痛で・・・(o_o;

昔懐かしい銭湯♪
中でひっくり返って、番台のおじさんに助けられたことがあります。
学生時代の恥ずかしい思い出(笑)
純子
2018/08/21 09:08
櫻弁当さん、USではそんなに厳しいのですか?理由はやはり訴訟社会の問題ですか?それにしてもお尻丸出しとは文化の違いですね。
どうせなら看護婦さんにそうして欲しいです(笑)
痛みのある人は多いですね。僕もその身になってからよく分かるようになりました。
銭湯と喫茶店は当分捕らわれの身とならざるを得ない我が身にとって、癒しのひと時となりました。

2018/08/21 09:46
純子さまもロキソニンをお使いですか?
僕はD&copy;。西野が腰痛には冷やすより温める方がよいと言って、唐辛子入りの方がよいと言って帝国製薬のセルタッチパップ140というのを処方してくれていましてね。
ずっとそれを使っています。
純子さまの柳腰なら半分に切って使った方がよいですが、一度担当医と相談して使ってごらんあそばせ
銭湯、懐かしいですよね。
僕は銭湯で泳ぎを覚えました(笑)

2018/08/21 09:55
手術前に銭湯とは洒落てますね。
懐かしの隠れ家とのお別れ、読むだにしみじみしてしまいました。
それにしても、主人ご夫妻が相次いで他界されるとは、感慨の深さもひとしおでしょう。
体感35度でしたか。
さすが京都ですね。
せっかく体を清めたのに、また大汗かいてしまったのではありませんか?
タクシーでサッと戻る手もあったでしょうに、かき氷とはまた粋なことで。
世の中、腰で困っている人の何と多いことでしょう。
自分も最近、長い間歩いたり立っていたりすると、左脚の付け根=お尻の左側が痺れてきて、感覚が無くなってしまうことが続いて、弱っています。
今日、整形外科でレントゲンで調べてもらったところ、脊椎の下の方がかなり変形していて、脊柱管狭窄と言われました。
当面、薬で凌いで様子を見ることになりましたが、来週の渡英のことを考えると、ちょっと不安です。
りう
2018/08/21 22:38
りうさん、もう当分勝手気ままは出来ないと思って、少し無理して10分ばかり歩き、「伊万里」のうたかたの夢の跡地を訪れてから一度行って見たいと思っていたお風呂屋さんに行って来ました。
帰りはタクシーという手もあったのですが、やはり食べ物屋の下見を優先して(笑)
確かに腰痛で悩んでいる人は思いのほか多いですね。
なんと、りうさんも腰痛ですか?僕と同じ病名じゃないですか
僕も分かっていながら放置していて酷くなったのでなったの、出来るだけ重いものは持ったりせず、脊柱に負担をかけないよう気を付けて下さい。
月末は英国でしたね。気を付けながら楽しんで来て下さい

2018/08/22 08:45
あの、ホスピタルガウンというしろものは、長さは膝下まであるのですが、後ろ開きでボタンがけではなく紐で括り合わせるだけなのです。だから後ろは暖簾状で見えてしまうのです。
櫻弁当
2018/08/22 12:00
櫻弁当さん、なるほど(笑)
日本では個室でパンツ一丁になっていても、看護婦からお下劣な!と言って叱られます(笑)

2018/08/22 12:32
達さんと同じ病名でしたか。
何度かお聞きしたはずですが、そうとは気付きませんでした。
レントゲンを撮る時に、普通に仰向けに寝たつもりが、出来上がった写真を見たら、腰椎がかなりひどいS字になってまして、愕然としました。
当然、ヘルニア的な症状も出ていまして、先々が心配です。
人間ドックで内臓系はかなり改善されているという評価で喜んでいたのに。
とりあえず、ぶら下がり健康器にぶら下がっています。
りう
2018/08/24 00:48
りうさん、やはり何等かの負荷が長年に渡って脊柱に掛かっていたのでしょうね。
出来るだけ重いものは持たないようにして腰に負担をかけないことが賢明です。
英国に行かれることですからお大事になさって下さい

2018/08/24 08:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
無聡庵闘病日記♪ 術前の沐浴 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる