仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 無聡庵闘病日記♪ お見舞のお客さん

<<   作成日時 : 2018/08/31 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 12

画像
さて、少し元気になった術後5日目くらいからお見舞い客が来てくれるようになりました。手術の直後は意識がなかったので、

妹や弟が来てくれたそうですが、全く覚えておりません

そんなことだったので、お見舞い客の第一号は

かつての得意先の二代目社長で

彼はお盆休みを利用してわざわざ東京から見舞いに来てくれました。

お見舞いは何が良いか?と事前に聞かれていたから

崎陽軒のシュウマイがよいと答えておいたところ、

画像
                 鍵師の資格を持つ牧野君。僕の金庫を勝手に開けました(笑)

シュウマイ2つのほかに京都の三条本店で買って来たと思われる

「かつくら」のとんかつサンド、

それもロースとヒレの2箱を持参してくれました。

冒頭の写真の上が未開封のヒレサンド、

下が今にも手を付けようとしているロースサンドです。

手術の後食欲がなくて順調に体重が減っていたのに

それが台無しになったのはこの時からです

しかし、遠路わざわざ来てくれるとは

詰まるところ僕の人徳とはいえ有り難い話です

画像

その翌日には、僕の長年に渡る花見小路の口座の女、

葉月がスッピンで見舞いに来てくれました。

お見舞いは何が良い?と事前に聞かれたので

にんにくの良く効いたキムチがよいと答えたところ

そんなものは病院には持って行けないとやんわりと断られ、

日本一の鰻、「かねよ」のうな重と

モロゾフのプリンの詰め合わせを持参してくれました。

画像

病院食のお昼ご飯は食べないでと言われたけれど

たまたまうどんだったから、これなら食べても影響ゼロと考えた僕は

葉月には内緒でうどんを平らげて待っていると、

彼女は12時半頃にやって来て、まずプリンを冷蔵庫にしまうと

「かねよ」のうな重の包装を剥がしてからベッド脇のソファーに座って

「はよ食べて」と仰いました。

そんなことだったので「僕だけ食べて済まぬのう」とか言いながら

思い掛けないうな重の昼食を堪能しました。

画像

さて、口座の女。

少し解説しておくと、花見小路で働く葉月のお店に初めて行ったのは

僕が43、彼女が26歳の頃でした。

一般例としてですが花見小路の中級クラブ以上では、

最初から20日〆のツケで飲むことが可能です。

そのツケをお店に対して保証するのが「口座の女」という訳で

一般的に、もしお客がツケを2か月滞納した時点から

その支払いの責任は口座の女が持つことになり、

彼女の月給から分割で差し引かれるという厳しい世界なのです。

さて、うな丼を食べ終えると、

「ちょっと隣の喫茶店に行こうか」と誘ったことが初めての病院外への脱走で

それがやがて毎日になるきっかけとなったのです。

葉月ももう45歳。彼女自身も今年胃がんで入院したので

今はお互いに病気持ち。相哀れむ2人なのです

画像

その週の日曜日にはお茶の稽古の帰りに植村課長が来てくれました。

彼女は僕が勤めていた会社の企画課長で、

今年8月9日に還暦を迎えると同時に定年退職した謂わば戦友です。

僕は友人においても職場と私生活を分けて考えるタイプなので

最後の12年間を社長として勤めたSHCにおいても

悲しいことに仕事を離れて友人と呼べるのは彼女だけなのです。

画像

そんな彼女が僕のF.Bを見ていると

皆さんのお見舞いはカロリーの高い食べ物ばかりだからと

お寿司と京都市内のお薦めランチの本を持って来てくれました。

しかし、こんな本を読んでいると、まるで寝ている子を起こすようで

お腹がすいて困ります(笑)

画像

さて、先日「志げる寿司」で送別の小宴を設けた和田君も

律儀にお見舞いに来てくれました。

彼とは病院の談話室ではなく、僕の秘密の喫茶店“Cafe air”へと

看護婦さんに見つからないように裏口から案内しました。

アイスコーヒーを飲みながら小一時間ほど話しましたが

彼は再就職は考えておらず、当分好きな山歩きをして過ごすそうな。

僕は山は嫌いだなぁと言ったところで話も尽きたので、

和田君に「川向こうのスーパーまで買い物に行ってくれないか?」と

もう退職後5年にもなるのにパワハラを行使すると(笑)

僕は先に病室に戻って、彼の帰りを待ったのでありました。

画像

そして最後は孫の実結。

高校受験の貴重な夏休みなのに、わざわざ見舞いに来てくれました。

やっぱり孫は可愛いものですなぁ

葉月に貰ったプリンを食べろ食べろと人の褌でねぎらって

お小遣いを持たせて帰しました。

その後もどこで聞きつけたのか、

元部下や友人が三々五々と言った感じで見舞ってくれました。

外科は手術が終われば日にち薬ですから退屈なので

誰かが来てくれると嬉しいものです

画像


いよいよ明日は退院です。

長いようで長かった25日間。

お陰で腰の痛みもなくなったし、

短距離なら無理なく普通に歩けるようにまりました。

まだ2か月ほどは腰の保護ベルトを巻いたままだけど

取り合えず手術した甲斐があったのが嬉しいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 32
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
あはは、達さんの周りは楽しい人ばかりなので、入院生活も面白く過ぎたようですね!お見舞いの品を見るだけでもエピソード満載ですね♪それにしても毎日脱走してたとは☆さもありなんというか(笑)それでもそれだけ調子が良かったのですよね〜手術して良かったですね〜♪退院後はランチ巡りですね(笑)楽しみにしています!
こりす
2018/08/31 05:02
何かあった時、こんなに友人や親族家族が駆け付けてくれるのは、達さんの人徳をよく物語っています。
で、鍵師の牧野さんが得意先の二代目の社長さんなのですか。
そして「口座の女」、そういう厳しいルールがあるのですか。それでは誰彼でも気軽に口座の女にはなれませんね。逆に言うと、葉月さんは達さんを信用しているのですね。それと、ちょっとお歳の計算が合わないような・・・ま、そんなことどうでもいいですか。(笑)
退院は今日なのですね。これからも無理せず体調を整えてくださいね。人間には自然の治癒力があるので、きっと元通りになりますよ。
櫻弁当
2018/08/31 06:37
こりすさん、そういう人が最後に残ったということなのでしょう。お見舞い客が多くて、おかげで退屈しないで済みました。
そうそう、お土産はこれなら僕が喜ぶと思うものばっかしでした。
お陰様で術後は至極順調でしてね。昨日も同じ患者のおばさんたちから、お宅は元気そうだからどんな病気で入院しているのか、いつも噂をしていたんですよと言われてしまいました。背筋もまっすぐだそうです。
退院後は1か月くらいは自宅謹慎ですが、そのあとぼちぼちって感じですかね
今日は退院前の検査で朝からバタバタしています。
これからリハビリに行って来ます(^.^)/~~~

2018/08/31 10:26
櫻弁当さん、人徳とは思わないけど、ありがたい話です。
お陰で病人なのに体重が増えてしまいました(笑)
牧野君は二代目社長なのですよ。今はこの業界も世代交代の時期です。
口座の女、厳しい世界でしょう?お陰で僕は葉月にも誰にも迷惑をかけずに花見小路を引退することが出来ました。
そんなこともあって葉月も安心しているのでしょうね。
年の計算は僕も書きながら合わないなと思いました。
年も差は25ですからね(^^;
退院は明日の朝なのですよ。
今のところ傷口の治りも腰の痛さも順調に回復しているので、自宅に帰っても病人らしくしているつもりです。
きちんと治さないと1か月の苦労が水の泡ですからね

2018/08/31 12:56
逹さんの人徳ですねぇ。こんなにたくさんの人が、これまた逹さん好みの手土産を持って来るとは・・・・羨ましい限りです。

25日も入院してたんでしたっけ?FBで見る限り、外出ばかりで、とても病院に入院してるとは思えませんでしたが・・・・ということは、私が中国に行ってる間からずっと病院だったんですね。無事、退院おめでとうございます。

口座の女システムはいいですねぇ。ちゃんとどこの誰かということは掴まれているってことですね。まぁ、水商売の店もやはり信頼関係で続くものですから。

それにしても、みなさん笑顔が素晴らしいですね。逹さんが撮る瞬間に笑わせるようなことを言ってるんですか?(笑)
けいつー
2018/09/01 10:28
けいつーさん、人徳かどうかは分からないけど、この年のなってまだ慕ってくれる人がいるってことは有難いことですよね。
そうなんですよ。25日も入院していたから個室代だけで30万近くかかりました。手術代を含む保険適用入院費は57600円だというのに(笑)

確かに脱出ばかりしていましたが、あれは」リハビリなんですよ(笑)
口座の女、最初は単なる担当でも、年数を経ると信頼関係に変化しますね。葉月に言わせると僕はガツガツしたところがないから安心なんですって(笑)
笑顔は別に笑わせているわけではなく、撮るよって声をかけて即撮っているんですよ。
家に帰るとやっぱり無理をするので気を付けなければなりません。
あと一か月は謹慎です。

2018/09/02 09:16
ガツガツしたところがないから安心・・・・最近、私も似たようなことを言われました。
気がつくと逹さんの生き様を追ってるような気がしてきました。(笑)
けいつー
2018/09/02 16:49
けいつーさん、それは大事なことでしてね。
けいつーさんも夜遊びの達人の域に入ったということなのでしょう(笑)
安全パイとは全く違うものですから。

2018/09/02 22:18
腰の痛みがなくなった!!

あ〜良かった♪
ほんとに良かった(^o^) 良かった〜☆☆☆
純子
2018/09/05 08:56
葉月ちゃん、胃がんの手術をなさったのね。
でもお元気そうな笑顔で、もう大丈夫ね(^_^)
純子
2018/09/05 08:58
なかなかブログに関われずにいたずらに時が過ぎております。
この記事、8月の日付なんですね。
自分の記事も8月30日の夕食でストップしています。
長い入院だと、やはりお見舞いに来てくれるのは有り難いですね。
皆さん、整形外科とは言え、ヘビーなものをお持ちになりますね。
さすが達さんです。(笑)
もう退院してだいぶ経つようですが、順調でいらっしゃいますか?
最新記事に追いつくのに時間がかかりそうなので、お伺いします。
ところで、自分が読み飛ばしてしまったのかもしれませんが、無聡庵の号の由来についてのご説明はありましたっけ??
りう
2018/09/13 23:40
りうさん、帰国後は何かとお忙しいこととお察しします。
そう、入院初期のUPですね。この頃はベッドについたデスクのパソコンの前に座るのも恐々だったことを懐かしく思い出します。
お見舞いは退屈を紛らわせる特効薬だったから、ホント有難かったです。
お土産はね、普通は果物とかですが、僕の場合は勝手知ったる人ばっかしで(笑)
今日で退院後2週間経ちましたが、まだ施術した部分や切開した部分はかなり痛みますね。
でも、以前感じていた腰痛は収まっているようなので、日にち薬だと思って無理をしないように静養しています。
無聡庵や詭道軒に大した由来はありませんが、意味するところが気に入っていて号として昔から使っているんですよ
これまで特に説明したことはありません。

2018/09/14 21:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
無聡庵闘病日記♪ お見舞のお客さん 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる