仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 「煌力」のスタミナ担々麺♪

<<   作成日時 : 2018/07/26 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
長い間香港で食べ歩き、遂には「究極の担々麺」の味を知ってしまった僕は、

「あの店の担々麺は美味しい」と噂に聞いても、

我ながら尊大なことに「そんな馬鹿な」と歯牙にもかけません。

そんな僕が「煌力」の担々麺を食べに行こうと節を曲げたのは

誠にええかげんな話なのではありますが

何となく食べてみても良さそうな予感がしたからなのです。

それに担々麺より、その前についているスタミナが気になりました。

玉子1個でスタミナがついたというのは江戸時代の話ですが

きっと本来の担々麺とは違うけれど、日本人好みで美味しいのでしょう。

そんなことでやって来た「煌力ごうりき」は西洞院姉小路という

随分と車の止め難い町中にありました。

画像

「何となく入り難そうな店構えだな」と思いながらも

ここで帰る訳にも行かないのでスタミナ坦々麺の食券を買って

ほぼ満員の店内に入って行くと、恐らく店主殿なのでしょう

黒子のような服装をしたお爺さんがカウンター席を指さして

僕に着席を促しました。

画像

すぐに食券を回収するでもなく、しばらく放ったらかしにされたので

客席を撮るとなく撮ってみると、観光客と思われる外人さんも多く

このお店がネットで知れ渡っていることがよく分りました。

辛子が手書きのプレート付きで置いてあるということは

デフォルトの担々麺はそんなに辛くはないのでしょうか?

でも、隣の若い先客は汗をかきかき苦闘していました。

どんな担々麺なのか?いよいよ謎は深まりました。

画像

随分待たされて、漸くスタミナ担々麺がやって来ました。

先ず見た目ですが、麺の上には奈良は天理の彩華ラーメンのように

四角に刻んだキャベツやモヤシが乗っていて、

その上に辛味ミンチと目玉焼きが乗っていました。

先ずはレンゲでスープから。

麻辣感も胡麻の味わいもそんな強くはなく

辛味も僕にはほどほどで、若干の甘みすら感じました。

平打ち中太の麺は食べやすく、スープともよく馴染んでいます

画像

僕はもう少し辛い方が良いと思ったので

辛子を掬って麺の上に乗せました。

レンゲでよくかき混ぜてからスープを飲んでみると

なかなかよろし。

画像

でも、もう少し刺激があった方がいいと思った僕は、

今度はさっきの1.5倍くらい辛子を掬って乗せてみました。

ううう...ちょうど良い塩梅です。

でも汗がいっぱい出て来ました なんのこれしき

画像

こちらの担々麺は僕のイメージにある正統な担々麺ではないけれど

食べものとしてはとても美味しかったです。

辛子がふんだんに使えるのも僕のような辛党には有難いことです。

最初は完飲なんて良い大人のすることじゃないと思って

残すつもりで飲んでいましたが、

ついつい美味しいので全部飲んでしまいました。

「煌力」のスタミナ担々麺、良いんじゃないですか?

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 26
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
お〜久々に納得の担々麺♪なんかすごいビジュアルだな〜(笑)辛子壺はナイスでしたね〜〜この暑さに対抗できる辛さになったことでせう♪卵がはいることで辛さが和らいだんじゃないかと思ったので☆でも確かに玉子でスタミナ感倍増(笑)それに平打ち麺ってボリュームたっぷり〜確かに人気出る感じですね〜。こんな暑くてもちゃんと観光客が来てるのですね!!
こりす
2018/07/26 05:16
こりすさん、これは担々麺とは認めたくないけど、美味しいことには間違いなかったです。
やっぱりこれ見よがしに辛子壺が置いてあると、必要以上に使ってしまいますね(^-^;
卵は辛さの緩和剤なのでしょうね。ミンチの辛みが中和されて甘く感じるから、まるでユッケを食べているようでした(USO)
京都がこんなに暑いとは知らずにやって来た外人さんは気の毒ですね。
汗びっしょりになりながら着物を着て歩く姿は可哀想です。


2018/07/26 10:08
実物が出てくるまでお店の構えとか食券をすぐにとってくれないとか不安感があった様子もうかがえます。(笑)
でも、本場ものとはちょっと違うにしても美味しい坦々麺に出会えたのですね。通人にはやっぱりホットペッパーのペーストが決め手なんでしょうか。
この辛子という手書き札は外人にはちょっと誤解を招きそう。辛子(マスタード)はおでんに付ける黄色いもので、ここのは唐辛子(ホットペッパー)というべきでしょう。
櫻弁当
2018/07/26 11:59
コメントが遅れました。
今日は麻酔医との打ち合わせで病院に行っていました。
全身麻酔で人工呼吸になるそうで大層なことになって来ました(笑)
このお店は店主が独特の仕切り方をしているのが見て取れたので、しばらく様子を窺っていました(笑)
そうそう。本場の担々麺はこんなにゴテゴテ具が入っていないので、担々麺とは違うなぁというのが印象でしたが、スープに独特の旨さがあって、それに辛子を加えることで違う旨味に変えられるというところが見事でしたね。
僕もマスタードじゃないだろうと思いました。
確かに外人さんはふたを開けてみないと分かりませんね。
今度行くことがあれば投書しておきます

2018/07/26 19:36
日本とUSとでは事情が違うかもしれませんが、USでは、親知らずを抜くとか、ちょっとしたことでも全身麻酔を使います。
麻酔がかかっている間はなにをされているのか全くわかりません。考えようによっては、身を切られようと骨に穴を開けられようと全く痛くないので便利です。それにスパッと綺麗に切られた傷は、案外痛くないしわりにすぐくっ付きます。
こんなこと言って、少しは気休めになったでしょうか?
櫻弁当
2018/07/27 04:41
櫻弁当さん、そうなのですね。
僕の経験では日本では手術の内容によって局所であったり半身であったり全身であったりと結構細かく分けられています。
全身麻酔は3度目なので特に気にはしていないのですが、呼吸を止めて人工呼吸にする時にかなり大きな機械を口の中に入れるというのが気になります。
顎が外れたり歯が欠損する危険があると言われては只事ではありません(笑)

2018/07/27 09:12
正統派ではないけれど、オリジナルなアレンジで成功してるお店ですね。
担々麺の汁完飲はビックリです。
ネット情報は国境を超えるので、外来の客人も多くなるんでしょうね。
自分も英語で佳蕎庵や告膳の情報流そうかな。
でも日本語できない客が増えると、ただでさえバイトさんが確保できなくて苦労してるから、困るでしょうね。
そうそう、昨日が佳蕎庵の女将さんの出産予定日で、しばらく営業時間が変則的になるみたいです。
お祝いをどうしようか考えてます。
りう
2018/07/27 23:01
りうさん、そんな感じの担々麺でしたね。
最近の外人さんは結構調べているので、外人が多いということは口に合っているのでしょうね。
でも、流石に辛さに煩いアジアの観光客は少なくて、恐いもの見たさの白人が多かったです。
ネット情報の発信、やはり迷惑でしょうね(笑)
庵主殿の女将さんの件、FBで知りました。おめでたいことですね。
お祝いはやはり店に置けるワインでしょう

2018/07/28 10:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
「煌力」のスタミナ担々麺♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる