仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 報告を兼ねて鮨「魚助」へ♪

<<   作成日時 : 2018/07/23 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
11日に入院手術の事前検査に行った折り、迂闊にも痛み止めの薬の処方を頼み忘れてしまい

情けないことにもう一度病院に処方箋だけを貰いに

行かなければならないことになりました。

余談ですがこの痛み止めに使うの2種類の高価な新薬は、

真面目に飲んでいても痛みがなくなる訳ではないのに、

3日も飲まないでいると耐え難い痛みに襲われるという、

誠に厄介な薬なのです。

そんなことだったので、病院に電話で事情を話した後

処方箋を貰いに車で病院に向かいました。

因みにこの日も39度越え。

出掛ける前に戯れに温度計を庭に持ち出すと、

外気温はなんと47℃もありました

画像

さて、川端五条を過ぎると渋滞が始まりました。

これは不味いな、と思ってどんぐり橋から東大路通りに迂回すると

八坂神社には祇園祭の赤い幟が...

そうだったんだこの日の渋滞は山鉾巡行が原因でした。

最近は事情を理解するまでの時間がとみに長くなっているようです(泣)

画像

そんなことで東大路通りを走っていると

川端署が見えて来ました。 鮨「魚助」はすぐ近くです。

僕はちょっと寄って手術のことを伝えておこうと思い

魚助の裏手の駐車場に車を止めました。

いつものようにお店の暖簾を撮ってから中に入ろうと

カメラを構えたところに店主殿が突然顔を出しました

これは将に阿吽のタイミングといえるものでした。

画像

カウンター席に座ると、早速「手術することになりましてね」と

挨拶もそこそこに話し始め、下鴨病院に行く前に報告に寄ったと言って

店主殿を喜ばせてあげました(笑)

そして「今日はにぎって貰おうかしらん」とおまかせでお願いすると

ご主人は「今日は特別だから珍しいものを出しましょう」と言って

京都でも最近見掛けるようになったあこう鯛からにぎってくれました。

僕は早速、「最近は大阪湾でも揚がるようになったそうだけど、

やはり愛媛で揚がるあこう鯛が一番みたいね」と知識をひけらかし

店主殿がにぎるあこう鯛の産地を言い難くしてしまいました(^-^;

因みにあこう鯛は上品な味わいの白身魚です。

画像

その後は、イカにも寿司通が好みそうなイカの耳。

僕を寿司通と知ってのもてなしでした

店主殿は「食べ難かったら半分に切りますよ」と言ってくれましたが

冗談ではありません

イカ耳のにぎりは幾ら大きくても丸ごと食べてこその醍醐味です。

そしてこのイカの耳がきっかけとなって、

その昔福井のお大尽としばしば行ったイカ釣り船を借り切っての

夏の日本海のイカ釣りの話が続きました。

画像

お馴染みの天然車海老のにぎりは

時期的なものがあるのでしょうか?少し小さめ。

でも甘みのある味わいに変わりはありません。

画像

そして、ここのところ店主殿の好みでラインナップに加わった

包丁の入った大きめの鰯の登場です。

自家製のタレを塗った大きな鰯は、実は僕の好みではないけれど

小さめのにぎりが多い中、食べ応えは充分にありました

画像

そして店主殿の目利き自慢の南マグロの赤身と

適度に脂の乗った中トロ。

旨いですぁ、久し振りに食べたまともな鮪

先日スシローで食べた南マグロ七巻盛りとは全然違う味がしました(+_+;\べキ〜ッ!!!

画像

そしてホタテ。

何処の産かは聞かなかったけれど

青森は陸奥湾のホタテを思い出しながら食べました。

夏場だからか、少し柔らかだったのが気になりましたが

身が大きかったのでそこそこ美味しく食べることが出来ました。

でも僕はやっぱりホタテよりたいらぎです。

画像

さて、話は前後しますが、イカミミが出た後に、

店主殿がまだ封を切っていない利尻のウニが入った容器を

冷蔵庫から取り出して、「利尻のウニがありますよ」と言いながら

大事なものを半分隠すように僕に見せてくれました

生のまま食べる所謂海水ウニですね

「これは旨いね」と感心しながら食べたのが気に入ったのか、

ホタテの後に「もう一度食べます?」と言いながら

再び軍艦に巻いてくれました。

夜のお客さん用の目玉的な大事なネタなのに、有り難いことです。

画像

その後鮪のヅケの軍艦が出て、〆の穴子が出来上がるまで

「もう安倍首相はだめですな」とか、与野党ともにどうしょうもない政治を

お互い本気で心配している訳でもないのに

ああだこうだと話しながら時間を過ごしました。

画像

すると店主殿が、「今から玉蜀黍を蒸すから、

病院の帰りにもう一度寄ってくれる?」と仰いました。

どうやら蒸した玉蜀黍を持って帰れと言ってくれているようなので

「2〜30分くらいなら待てるよ」と答えて遠慮なく戴いて帰ることにしました。

最近はたまに来る客に成り下がっているのに有難いことです。

画像

そしてようやく穴子が出て来たので、玉蜀黍の蒸し上がりを計算しながら

出来るだけゆっくり食べました。

でも、僕がゆっくりと言っても10秒が30秒に伸びるくらいなので

やがて話は東京の寿司職人の悪口に(笑)

東京の寿司職人は鱧の骨切も上手に出来ないくせに

「鱧のおとしを梅肉で食べると折角の鱧の味が死んでしまうから

ワサビを使った方がよい」と分ったようなことを言うそうです。

でも、そのワサビを見るとSBの練りワサビだったという

笑い話のような話を聞きながら玉蜀黍蒸し上がりを待ちました。

画像

そして最後は手術に話になりました。

どうやら新しい手術法なので、京大の医師の手を借りるのだとか。

横腹からメスを入れて背骨をボルトで固定すると言われても

自分自身実感は湧かないけれど、

痛いのだけは勘弁して欲しいものだと話しながら

玉蜀黍とあこう鯛の頭の骨蒸しを受け取って、

恐らく9月一杯はご無沙汰することになるけどと

暫しの別れの挨拶をすると

店主殿に送られてお店を出たのでありました。

これが今生の別れにならないとよいのですが。

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 34
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い
かわいい

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
魚助、最高ですね♪相変わらず気持ちもネタも良いです!最後は手術の内容が深刻でありながらあこう鯛の美味しそうなのに気がそれつつ…(笑)骨の手術は、聞いてるとボルトだのスクリューだのと一瞬何の話をしてるのかと思うような内容ですが、それで骨折もすぐ立てるしやっぱすごいみたいですね。なんかまだまだと思ってたけどもうすぐ八月ですね☆
こりす
2018/07/23 05:26
魚助さんのおまかせ、いいですね〜。殊に鰯とマグロ二種が美味しそうに見えました。
イカ釣りは、一度だけしたことがありますが、なかなか難しいですね。イカってのんびりしているように見えますが、見かけの割に素早いです。
手術は、以前は長いこと動かさない、というか寝たきりにしていました。でも、この頃は患者さんをじっとさせていないですね。私も25年以上も前背骨ではありませんが手術をしたとき、翌日には歩けと言われ、まだ傷もくっ付いていないのにと泣きそうになったことがあります。
日本ではまだ慎重にして動かさないかもしれません。でも、翌日にベッドで座れとか言われても驚かないでくださいね。
櫻弁当
2018/07/23 06:19
こりすさん、ほんと魚助は魚も気持ちも最高です。
今度はいつ来られるか分からないと言ったら、そんなことは気にしないでとあこう鯛のお頭をおまけにつけてくれました
背骨の手術は聞いていると大工仕事みたいで痛そうですが、まあ難しい手術ではないので、自分のことより残して行く家族のことの方が心配です。
暑い暑いと言っているうちにもう8月ですね。
夕方になると風も出て来て、ちょっと様子も変って来ました。
そう言えばこりすさんの季刊ブログもいよいよですね

2018/07/23 06:49
櫻弁当さん、魚助のネタは店主殿が厳選しているだけに美味しいです。ことにおまかせになると贔屓が入るからお得ですよ(笑)
僕はマグロとウニが特に美味しかったです。
イカ釣りはタイミングが難しいですね。でも真っ暗な夜の海で電灯をつけてのイカ釣りは雰囲気もあって楽しいものです。
櫻弁当さんも術後のリハビリを経験されたのですね。
今回も翌日から兎に角歩け歩けと言われるそうです。
ボルトが外れたらどうしてくれると思うのですが、術後の20日余りは毎日歩いて過ごすことになりそうです。
また、病院食以外の食べ物は持ち込み禁止というのも辛いです

2018/07/23 06:59
暖簾をかき分けて出てきた店主殿はなかなかサマになってます。
「御用だ、御用だ」と店の前に押し掛けてきた町方を相手に、「して、何の御用で?」と出てきた気丈な店主といった風情に見えます。w
寿司の方は魚助さん渾身のおもてなしですね。
自分も最近ちゃんとした寿司を食べてないので、気合を入れて食べたくなりました。
土曜日にこの春に退職したOBさんと凡庸な居酒屋で呑んだのですが、その方の兄上がやはり腰にボルトを打ち込んで固定をしたとかいうことでした。
手術後2日で退院して、一人で暮らをしているそうです。
痛みは取れたとか。
達さんも痛みから解放されて、腰の心配をせずに動き回れるようになると良いですね。
りう
2018/07/23 23:14
りうさん、店主殿の臨機応変に見得を切るところなんざ、なかなかの役者でしょう?(笑)
きっと僕が入って来るのが見えたのだと思います。
この日は決まった金額の中で過分のもてなしをして貰いました。有り難いことです
たまには美味しいと思っているお鮨屋できちんとしたネタを食べたいですよね。
僕は来週4年振りに黄檗の志げる寿司に行って来ます。
ずっと一番美味しいと思っていたお鮨屋さんなので今から楽しみなんですよ。
腰にボルト、やっぱりおられるのですね。
僕の場合はよほど重症なのか、結局25日の入院ということになりました。
2日で退院出来たらどんなに良いことでしょう。
痛みが取れることが今は一番の願いなのですよ

2018/07/24 08:53
毎日暑いですね。私も痛み止めの薬が手放せず3種類調剤されていますが本当に飲み続けて大丈夫なのか不安になって来て聞いてみました、。
「其れだったら痛みを我慢するしかないでしょ」と言われてしまいました。
毎日暑いですから御体には充分ご注意されご活躍くださいね。
何時もの美食倶楽部、楽しみに見ています。
ゆらり人
2018/07/25 10:12
ゆらり人さん、ほんと暑いですね。
僕もこれでは薬局を儲けさせているだけだと医者に嫌味を言いましたが、聞き流されてしまいました(笑)
今回思い切って手術に頼ることにしましたが、これで痛みが取れてくれたら有難いです。
そうも有難うございます。ゆらり人さんも頑張って下さいね。

2018/07/25 14:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
報告を兼ねて鮨「魚助」へ♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる