仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS デパ地下の「喜与丸」♪

<<   作成日時 : 2018/07/02 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 10

画像
大丸のデパ地下、食料品売り場階の片隅に店を構える寿司屋の「喜与丸」。

前回覗いてセットものを食べた時に

「これでは明らかに名前負けだな」と直感したお店だったのに

また入ってしまう人生の不思議

画像

今回はお仕着せのセットものを食べるのはやめて、

僕の好きなものを10カンばかし食べようと考えながら

形ばかりの暖簾を潜って狭いカウンター席に着きました。

画像

でも、ネタケースを幾ら覗いてみても、

活きの良さそうなネタは見当たりません。

1人で仕事をしていた職人さんも寿司は握れても会話は下手くそで

連続した会話が成り立ちません。

画像

そんな悪条件の中、

季節がら「これは食べておきたいな」と思ったホタルの軍艦と

必ず選ぶ中トロ、そしてちょっとマシそうだったシマアジ、

それからウニ、鯵、更によせばいいのに松葉蟹まで選んで、

番好きなのに危うく忘れかけた数の子を

最期になって思い出したように注文しました。

やっぱり数の子は美味しいです♪

画像

これで7カン。

他にはどうしても食べたいというネタが見つからなかったので、

残りの3カンはパスすることにしました。

以前なら無理にでも数合わせに拘ったのに

僕も意地を張らなくなったものです。

画像

デパ地下のにぎり寿司と言えば、僕がまだ高校生だった頃

当時有楽町の交通会館ビルの中にあった英会話教室で

Mrs.バルカーというアメリカ人の宣教師に英語を習った帰り道、

有楽町駅前のSOGOの地下にあった屋台のようなお寿司屋で

安いイカなんかは1カン30円、高いものは100円で食べられる

にぎり寿司を500円くらい食べるのが密かな楽しみでした。

屋台と言えどもにぎりを食べるのは大人になった気分でした。

画像

当時は週刊誌が確か50円くらいのもので、

煙草もハイライトが40円だったと記憶しているから

週一の500円は、今にして思えば結構大金でした。

因みにお寿司代の出どころは僕を溺愛してくれた祖母でした。

おばあちゃん子は大概大きくなると碌な大人になりません。

画像

初めて自分の稼いだお金でまともなお寿司を食べたのは

学生時代、汐留の交通新報社というタクシー業界の専門紙で

アルバイトをしていた頃のことでした。

1日に4時間ばかり働くアルバイトなのに

夏のボーナスが3万なにがしか支給されたので、

その帰り道、今では銀座8丁目と称している新橋の一角にあった

松廣寿司という名のお寿司屋に入りました。

因みに当時の新橋駅では夕方になると銀座に通うオカマさんが

和服なんかで女装したすね毛丸出しのおみ足で

ホームの階段を降りて来るのをよく見掛けたものです。

一方、世間体を気にするクラブのホステスさんは

新橋駅からの方がお店に近いのに、わざわざ有楽町駅まで乗り越して

遠回りしてお店に通っていましたね。
 
画像

さて、カウンター席に着くと瓶ビールを注文して、

アワビやウニや大トロなどを調子に乗って大人食べしました。

8カンほど食べてお勘定をお願いすると13000円ばかし。

昭和40年頃のことですからおそらくボラれていたのでしょうが、

若い頃からこういう勉強をして

寿司屋の値段というものがどういうものなのか、

店主や番頭さんと親しくなることが、どれほど有利に働くものなのか

などなどを体験的な知識として学んで行くきっかけになったお店です。


今回は「喜与丸」のにぎりについて書くことが特になかったので、

若い頃のお寿司屋の思い出話を書きました(^_-)-☆

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
かわいい

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
はははお寿司四方山♪良いですね♪屋台のお寿司って東京らしいなってイメージです。それにしてもお寿司って、というか、お寿司屋さんって文化ですねー。それに比べて回転寿司って、文化がなくなっちゃった感じ?いえこれが文化?でしょうか。そしてデパ地下のお寿司屋さんとか甘味屋さんとかって、何故かとても入りたくなりますね…不思議♪
こりす
2018/07/02 05:23
こりすさん、昔のデパ地下は今と違って何でもあって良かったですねぇ。
喜与丸のにぎりが余りにも期待外れだったので、昔の話に熱が入ってしまいました(笑)
確かにあの頃デパ地下に屋台のお寿司屋があったのは東京らしいです。
お寿司屋は値段も様々なのに、それでも成り立っているところをみるとそれに応じた客層があるということなのでしょうね。
回転寿司は、あれはお寿司もどきだから、文化というより世相でしょうね(笑)
そうそう、今でもデパ地下は不思議な魅力のある空間です♪

2018/07/02 08:32
ほとんど同世代の学生時代♪
懐かしく拝読。

私も、月1のお寿司屋さんが楽しみでした(^o^)
あの頃は(ちゃんと包丁の入る)ウニの握りが1番好きでしたが、歳とともにカズノコが好きになりました(笑)

あのお寿司屋さん
大学生のお嬢さんが日本赤軍に入り亡くなったと聞いてから、ノンポリ代表の私は、大将の顔を見るのが辛くて行きにくくなったことを思い出しました・・
今は昔のお話。
純子
2018/07/02 09:31
ゴホン(咳払い)、達さん、純子さまと櫻弁当をお取り違いになってはいけません。

ノンポリといえば、一回だけデモに行って遭遇した機動隊に髪の毛を引っ張られて殴られた覚えがあります。その機動隊の行為には何の躊躇もなく力任せで、機動隊なんて気の荒い奴がなっているんだな、日本政府も落ち目だな、だから逆にわけのわからん学生運動が出るんだなと思ったことがあります。
お鮨は食べる側でも、年期と修行がいるものなんですね。(笑)
櫻弁当
2018/07/02 11:43
これは櫻弁当さんにも純子さまにも失礼極まりないことをしてしまいましたね💦
朝っぱらから不意に純子さまが不規則コメントなさったりするのがいけないのですが、そんなことは面と向かって言えないので、ここに書いておきます(笑)
桜弁当さんは機動隊に髪の毛を引っ張られましたか?彼らは乱暴者の集まりですからね。きっと通信簿は2と3ばかりだったと思いますよ(笑)
僕も新宿動乱の時に線路の石を機動隊に投げて追い掛けられましてね。危うく難を逃れた記憶があります。
お寿司を極めるにはホント年期と費用が掛かります

2018/07/02 13:31
純子さま、大変失礼いたしました書き直しです(^-^;
純子さまもそうでしたか
僕の二十歳の誕生日。与野にあった親友のアパートで徹夜マージャンをして朝何気なくテレビを点けたら、安田講堂の落城寸前の様子が中継されていたので、これは行ってみなきゃと皆で京浜東北線に乗って、地下鉄の本郷五丁目で地上に出たら、辺りは催涙ガスで真っ白で、道路を封鎖した機動隊に行く手を阻まれたことを懐かしく思い出します。ノンポリもいいとこでした(笑) あの頃は大人の入り口だったから、値の張るお寿司は憧れでしたね。 あのお寿司屋さんにはそんな逸話があったのですか? 僕は何も知らずに只々毎週食べ続けていましたよ。
お寿司と言えば純子さまと食べた新山口のホテルのお鮨が懐かしいです

2018/07/02 13:37
はいはい・・

達さま、悪うございましたとも(笑)
純子
2018/07/04 09:36
じ、純子さま。決してそんなつもりで言ったのでは💦

2018/07/04 13:45
まだ小学生でした。
りう
2018/07/08 22:17
りうさん、それを言っちゃおしまいです

2018/07/09 09:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
デパ地下の「喜与丸」♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる