仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 「フランツ&エヴァンス ロンドン」京都店♪

<<   作成日時 : 2018/06/02 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 48 / トラックバック 0 / コメント 10

画像
表参道店に続く国内2号店として富小路に開店したFRANZE&EVANSロンドンの京都店。「ガラじゃないけどパンでも買いに行ってみるか」と、相変わらずのミーハー気分で

助手席にビッキを乗せてやって来ました寺町界隈。

この辺りは一方通行が多いので、

お店に一番近い駐車場を探すのに何周かしましたが

11時前にようやく最短距離にある駐車場を見つけると

ビッキに「ちょっと待っててね」と声を掛けて車を離れました。

画像

何周も回って探したおかげでお店までは50mくらい。

腰痛持ちには有難い選択でした

お店の前で写真を撮っているお姉さんをやり過ごしてから

店内に入って行くと、パンを買うお客はそんなにおりません。

ロンドンなのにフランスパンとか

バゲット状の変ったパンの変形を何本か買って会計に行くと

レジのお姉さんが、「食事をされるなら11時からですよ」と

寝てる子を起こすようなことを教えてくれました。

11時ならあと2〜3分じゃないですか?

画像

お勘定を済ませた僕は一旦外に出て、

お店の左側にあるデリの入口にまわりました。

ドアの前には既に何人もの待ち客が並んで待っていましたが

予想通り、並んでいるのは若い女性のグループばかりで

男性の、しかも前期高齢者は僕だけでした。

店内のショーケースにはいろんなサラダが大皿に盛られていて

このサラダをチョイスしたセットものが何種類かあるようです。

女の子たちはあれこれ迷いながら注文するので

矢鱈と時間が掛かったけれど、

理性に勝る僕は予めショーケースの中から

アスパラ、アボカド、チキンとパスタのサラダの3種類とチキンライス、

メッチャ美味しそうに見えた筍と九条葱の入ったアランチーニと

これは余分だったベーコンと玉子サンドを選んでおきました。

画像

僕がチョイスしたサラダをオシャレに化粧をした女店員さんが

大皿に盛ってくれて、それがレジに回ってお会計です。

セットものなら1500円くらいなのだそうですが

僕は単品で好きなものを選んだので結構高くつきました。

画像

僕が先に買ったバケットの入った袋を持っていたからでしょうか?

オシャレな女店員さんは「席までお持ちします」と言って

一番奥の壁際の席までトレイを運んでくれました。

画像

席に着くと目の前の席に由香ちゃんとそっくりの女性がいたので

つい懐かしくなって写真を撮ってしまいました(^-^;

しかし、世の中には似たような人がいるものですなあ。

背中にチラリと見えるインナーの色までそっくりでした(@_@)

画像

まあ、それは兎も角、肝心のサラダの盛り合わせは

これはイギリスだからしょうがないというか

女店員さんのセンスの問題というべきなのか

折角のチョイスが台無しになるような随分と乱雑な盛り方でした。

アボカドトマト、アスパラガス、チキンパスタ、チキンライスが

まるで混ぜご飯のようにグッチャグチャになっていたので

写真を撮る前に出来る限り手を尽くして整え直しました。

画像

九条ネギと筍の入ったアランチーニは想像以上に美味しかったけど

ベーコンと玉子のサンドは想像以下にどうでもよかったので

ベーコンは訳が分からないままに待たされているビッキにと思い、

ナプキンに包んで取り置きました。

画像

元々サラダ3つとチキンライスで結構おなかが一杯になり

その上アランチーニまで食べたものだから、

ベーコンエッグは必要なかったのに、勢いで買ってしまって💦

結果的にベーコンエッグには可哀想なことになってしまいました。


しかし、独りでこういうところでこういうものを食べるのは

決して楽しいものではないですなぁ。

でもまあ、話のネタにはなったのよな?と自分を納得させながら

さて、帰るべし!と思って席を立ちました

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 48
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい
驚いた

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
まあなんと都会的な(笑)デリにサラダに、これでスイーツがあれば、完全ターゲットは若い女の子ってお店ですね。イギリスにもこんなお店ができるなんて、EUのおかげでしょうか(笑)サラダ類は、確かにぐしゃぐしゃでよくわからないけど、アランチーニはほんとに美味しそうです♪お持ち帰りのパンも美味しかったでしょうか?
こりす
2018/06/02 05:16
お〜、いかにも女の子の好きそうなお店ですね〜。
でも、売っているものも食べ物も全くイギリス風ではないですね。(笑)ちょっとconfused identity(混乱した自己認識?)という気がしないでもないです。でも、「ロンドン」と着けると何となくマーケティングに良いのかもしれませんね。
由香ちゃんに似た方、出口のほうに座っているなら確かめられたのでは?
櫻弁当
2018/06/02 05:48
こりすさん、笑ってしまうほど僕には縁遠いおとめチックなお店でした。僕は買わなかったけどスイーツも充実しているんですよ。
よく知らないけどイギリスじゃ有名なお店なんでしょうね。店員姉さん方も変に誇らしげに注文を取っていました。
恐らくですけどEUとは関係ないでしょう(笑)
アランチには具がいかにも日本的でしたが、だからでしょうか?とても気に入りました。
持ち帰ったパンもそれぞれ個性的で美味しかったです♪

2018/06/02 09:15
桜弁当さん、そんな感じのお店でしょう?女の子が1も2もなく好みそうなお店でした。
確かに料理はイギリスというより無国籍料理に近かったけど、アボカドもアスパラも大きく切っているところはケチっぽい日本の料理と明らかに違いました。
ロンドンの名は冠したいけど、中身は日本風にアレンジしたいという無理な設定が災いしているようにも見えました。
由香ちゃん似、そっと楽しむだけにしておきました(笑)

2018/06/02 09:23
ロンドンで店名にアクサン記号ですか。
純イングリッシュではないですよね。
ロンドンのフランスパンのお店ということでしょうか。
京都でフランス系イギリスのお店。
グローバル化の象徴のようですね。
行列しているご婦人方は観光客ですかね?
自分なら、せっかくの京都ですから、京料理が食べたいですけどねえ。
どっちかと言うと、達さんのような京都人のためのお店ですよね。
由香さん。
懐かしい。
お会いしたこと無いですが。w
インナーの色。
さすが京都人、“いとなまめきたる”お話でございますね。
りう
2018/06/05 23:25
りうさん、フランツとは何者なのでしょう?(笑)
自称ロンドンでは有名なパン屋さんなのだそうです。
最近は外国の有名店の日本進出が顕著ですね。やはりこえもオリンピックこえも効果の1つなのでしょうか?
恐らくお台場に集まる地方の観光客と同じような人たちが並んでいたのだと思われます。中には純京都人も見掛けましたが。
でも、どっちかというと京都の人は無視するかも(笑)
なにしろ攘夷の本家ですから。
由香ちゃん、どうしているんでしょうね。生きていればもう35歳ですよ。ラフイーネで買ってあげた上下の下着が思い出される今日この頃です

2018/06/06 09:05
ちょっと調べてみたのですが、Franz&egrave;はイタリアの苗字でフランゼと発音するようです。意味は、音からもわかるようにフランスのようです。
このお店のウェブサイトによると、ロンドンの生活になじませたイタリアン・クラッシックが売り物で、アランチーニやパスタなどイタリア料理を出すカフェのようです。だから、ロンドンと言いながら全くロンドンらしくないお店だったのですね。あぁ、ややこしい。(笑)
櫻弁当
2018/06/06 12:02
桜弁当さん、お手数をお掛けしました(^-^;
やはりそうでしたか?というか今にして思えばですが、サラダにやたらパスタやマカロニ類が混ざっていました。
それにアランチーニもそうですものね。
僕を含めてほとんどの人が一杯喰わされた訳ですね(笑)
ただ売店で買ったバケットは結構いけましたよ。

2018/06/06 17:07
表参道に続く2号店を京都に出店されたら海外からの観光客も大勢来店されるでしょうね。
もしかしてこのお店がロンドンだかパリだかに1号店を開店したときはまだイギリスがEU離脱を決めていなかったのかもなんてチラッと...
筍と九条葱の入ったアランチーニはホント美味しそうです。
由香ちゃん、懐かしいです!
鳥取でどうしておられるのやら...って、お会いしたこともないのにふと気になりました・笑

あのぉ...白状しますと、実は最新の2件の記事に伺いましたら、お引越しをされた云々とありまして、えーっ!いつの間に!?と気になってここまで遡らせていただいてる始末です
テンプル
2018/06/16 14:36
テンプルさん、このお店は華々しく日本に参入しているように演出していますが、パンもデリもロンドンぽくなくて、盛り付けなんかを見てもちょっと怪しげでした(笑)
EU離脱はどうなんでしょうね?それよかテンプルさんの国際政治に対する関心の広さに感服しました。
アランチーニはホント美味しかったですよ。由香ちゃんは田舎暮らしに慣れたようで、時々姫路に住む弟夫婦を訪れているようです。前に座る女性の後姿を見て久し振りに会いたくなりました。
たくさんコメントを有難うございます
急な引っ越しでWi-Fi環境も整わず、ちょっと休んでいましたが、漸く以前の生活に戻ることが出来ました

2018/06/17 09:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
「フランツ&エヴァンス ロンドン」京都店♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる