仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 「いまふく」の京鴨なんばん♪

<<   作成日時 : 2018/05/18 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 10

画像
少し前のことになりますが、引っ越しをしてすぐに1人で「いまふく」へ引っ越しそばを食べに行きました。普段は壁から下がった「今日のお蕎麦」の早見表を見て

半畳のざるを2〜3枚注文するのですが、

たまにはお品書きも見ておこうと手に取ると、

温かいお蕎麦の欄に京鴨南蛮をみつけたので、

今日はこれで行くかと即決して、

ついでに三芳の細切りと会津の黒粗挽きを注文しました。

そんなことで、先ずは三芳の細が運ばれて来ました。

これはそうですね。何もつけずに半分ほど食べましたが

蕎麦の香りが結構豊潤で、まあ普通に美味しかったです。

画像

そして暫く間をおいて運ばれて来た会津の黒粗は

さらに香りも高く、ざらつく舌触りと粘りを感じると噛み心地が

僕は細よりやっぱり粗挽きが好きなんだと

思い出させてくれる美味しさでした。

まあ、本当の蕎麦好きじゃないという証みたいなものですが、

しかし、粗挽きはホント僕の好みに合っています。

画像

さて、正直を言うと

これまで何度か食べた「いまふく」の京鴨南蛮の鴨は

あまり美味しいと思わなかった僕なのですが、

やはりインスピレーションが働いたのか

今回の即決した京鴨は特別でした。

もしかしたら仕入れ先を変えたのか?

僕の好きな脂身もたっぷりで、鴨の身もふっくらと柔らかく

「いまふく」もやれば出来るじゃないかと納得の京鴨でした。

鴨のつみれなんかも入っていていい感じです

画像

もちろん鴨の旨みがたっぷり染み込んだおつゆも完飲しました

鴨南蛮のお出汁は格別ですね。

画像

この日は思いつきで訪れたのでカメラは持参しておらず

スマホのカメラで撮りました。

だからだかどうなんだか、PCに移すと大きさもまちまちで

もう一つすっきりしない画像ですが、

でも、ざるも美味しかったし、鴨南蛮は秀逸(対いまふく比)だったから

たまにはカメラを気にせずふらっと訪れるのも

良いんじゃないかと思いましたぜ。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 35
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
かわいい

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
きゃーメチャ美味しそう〜いや〜やっぱり絶対美味しいですよー蕎麦の香りが漂ってきそうです♪鴨はやっぱり難しいのでしょうね?同じお店でも違いが出ますよね。それにしてもつみれがエライ(笑)今日にデザートは葛の…大将も芸がこまかいというか、お蕎麦以外にもつみれやデザート、色々するのお好きなんですね♪エライです(笑)
こりす
2018/05/18 05:13
こりすさん、まことに美味しそうなお蕎麦でしょう?
こういうお蕎麦屋さんが家の近くにあるのは幸せです♪
この日は選んだ訳じゃないのに2つとも随分香りの高いお蕎麦でした
鴨は確かに同じお店でも違いが出ますね。この日はアタリの日だったようです。
つみれとか、ちょっとひと手間で、印象がずいぶん違って来ますとね。
デザートは奥さんの担当のようですが、毎日違ったものを出すように工夫しているようで、ご夫婦ともに色々するのがお好きなようですよ。

2018/05/18 08:55
お蕎麦の味の違いが分かり美味しさを理解できるっていいですね。ワインやコーヒーやチーズなどをわかるのと通ずるところがあるように思います。
最近では和食でも食後の甘味を出しますね。以前は、って何十年も以前は、あまりなかったような気がします。
甘いもの好きには文句はありませんけど。
櫻弁当
2018/05/18 10:51
櫻弁当さん、やはり産地を意識して数をこなすことが大事なように思えます。
そうですね。香りを楽しむというのは洋の東西を問わずということなのでしょう。
割烹や料亭の和食では水菓子と言って果物や時には和菓子がつきましたが、一般的になったのは最近のことですね。近頃は出さないと気が利いていないと思われるような風潮です(笑)
僕はカロリー過多になるから困るんですよ(^-^;

2018/05/18 11:18
開設記念記事にコメントをありがとうございました。
食通の言葉が溢れていて、フムフムですが、鴨は仕入先でそんなに味が変わるんですか?
餌が違うんですね。
蕎麦はあっさり系が好みですが、蕎麦湯が美味しいとまた行きたくなります。
アルクノ
2018/05/19 13:58
アルクノさん、コメントありがとうございます。
私の場合食通というより食道楽ですが、中でもお蕎麦は大好きです。そば湯は評価の重要な要素ですね。同感です。
鴨の良し悪しは産地もそうですが、仕入れる値段によっても随分変わるのだと思います。

2018/05/20 00:30
いまふくさん、行かれましたね。
歩いて行けるんじゃないですか?
これから訪問記が以前にも増してアップされそうですね。
京鴨は自分が食べた時もそんなに悪い印象ではありませんでしたよ。
三芳は常備のようですね。
自分の時も確か札が下がっていたように記憶しています。
粗挽きは見るからに達さん好みですね。
鴨出汁は完飲もアリでしょう。
りう
2018/05/20 22:48
りうさん、5分もあれば充分な距離になりました。
京鴨はそうでしたか。夜と昼で替えているとも思えないのですが、鴨南蛮で食べる京鴨はその時々で質が違うのが気になっていました。
三芳は大概いつも打っておられるようですよ。もうかなりの回数食べています。
粗挽きはそうでしょう?僕はやっぱしこういうのが好きです♪
鴨汁は飲まない手はありませんよね

2018/05/21 15:59
こんにちは
見た目はお蕎麦にしては
肉肉しい感じですが、
さっぱり頂けるのでしょうか?
鴨のつみれ食べてみたいです。
粗びきのお蕎麦はポソポソしそ
うですがそんなこと無いのですね。
乾麺で売っているのは食べたこと
ありますが、粗挽き感は全くなか
ったです。
ミイコ
2018/06/04 10:01
ミイコさん、鴨は肉肉しく見えても、食べてみると案外さっぱりとしたものなのですよ。
鴨のつみれは良いアクセントですね♪つみれが入っているかいないかで大違いです。
粗挽きより田舎の方がぼそぼそとした食感のものがありますね。乾麺はどうしても生の味わいがそのまま出難いですが、手打ちのお蕎麦屋さんで食べるとよく分りますよ。

2018/06/05 01:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
「いまふく」の京鴨なんばん♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる