仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 春の「アンペイジ」♪

<<   作成日時 : 2018/04/23 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 44 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
久し振りに「アンペイジ」に行きました。引越しをした後の3月下旬のこと。これまで住んでいたマンションのガスと電気を閉栓する必要があったので、業者と約束した時間に

旧居に赴く前に、「アンペイジ」でお昼を食べようという魂胆で

予約を入れておきました。

そんなことだったので予約の電話を入れた際、

約束があって1時間弱しか時間がないので

いつもとは違う安い方のランチでお願いしますと

断りを入れておきました。

シノプシスじゃなくて、税サービス抜き3750円のコースです。

画像

玄関に続くアプローチを歩いて行くと、

黒服さんがドアを開けて待っていてくれました

この黒服さん、以前は女性だったけど男性に代わっています。

席に着くとまず飲み物を尋ねられたので、

どうしようかなと迷った末に水ではなくドライフリーを選びました。

最近のノンアルコールビールは美味しくなっているそうですが

そうだからといってもこれはビールじゃないですわなぁ
 
画像

この日のメニューに目を通すと、

函館産の鮎魚女と大和榛原のイチボ肉がメインのようでした。

画像

最初は酒粕のサブレと小さなカップのブイヨンスープ。

スープにも微かな酒粕の香りがしました。

なかなかシャレたスープですが、大きなカップで飲みたいものです。

画像

そして赤かぶに包まれたぼたん海老。

これがサラダ代わりなのかどうなのか?

愛しの英子さんに器も眺めて楽しむようにとよく言われたものですが、

そう思って見てみると、なるほどお皿もとても素敵です♪

画像

ぼたん海老はUPで撮るとこんな感じ。

これくらい大きいと食べた気がするのですが(^-^;

画像

そして次に運ばれて来たフォアグラ・カカオは

ランチの値段から考えてそう質の良いフォアグラではないものの

カカオと組み合わせたアイデアは結構楽しむことが出来ました。

随分よい仕事をしていますな

画像

ここで最初のパンが供されたのでバターをたっぷり塗って

それでフォアグラとカカオのソースが残ったお皿を拭って

カリカリとしたパンの耳の食感を味わいながら食べました。

僕はパンはカリカリが好きです。

画像

そして魚料理は鮎魚女のソテーでした。

フォアグラのような脂っこいものを食べた後は

こういうさっぱりとした白身魚は好いものですなぁ

普段はお肉が待ち遠しくて単なる通過儀礼として食べる魚料理も

この日は珍しく、これは旨いじゃないかえと感心しながら食べました。

画像

そして鮎魚女を食べ終える頃を見計らってパンが供されました。

余談ながら、この日は都合3枚食べました。

このパンは中途半端に柔らかくて僕の好みじゃなかったけれど

バターをたっぷり塗って食べ切りましたよ

画像

いやはや結構おなかが一杯になって来たなと思っているところに

僕にとってはこの日のメインの大和榛原牛のミスジ肉が

大きからず小さからずのよい塩梅でやって来ました。

余談ながら、大和榛原と言えば昔はうさぎ皮の産地として有名で

僕が若い頃大阪で貿易実務を学んだ久宝寺にある商社が

手袋の内皮として使うためのうさぎの皮を大量に仕入れ

それをヨーロッパに輸出していたので

上司だった吉野専務に連れられて何度か買い付けに行きました。

梅田の地下街にしばしば飲みに連れて行ってくれた吉野専務。

恐らく今は草葉の陰におられることと拝察します。 合掌...礼拝...

しかし今は時代が変わって大和榛原は生産量が少ないという意味で

希少といえる牛肉の産地になっているようです。

さて、この大和榛原牛はブランドものに弱い僕にとっては

希少と思うだけで何となく美味しく思えるローストビーフでしたよ。

画像

今回は時間がなく、それに車だった爲、

いつものようにワインを飲むこともなく

しかもダイジェスト版のコースでしたが、

お昼はこれで充分だと思える充実した内容でした。

画像

さて、デザートは業者との約束の時間に遅れそうだったので

間を置かずまとめて出しで貰いました。

お勘定も先にしておいてとお願いして

デザートの説明も上の空でパクパクッと食べてしまって

シェフには悪いことをしたなと思いましたが

急いで食べたにも拘らず

久し振りに美味しいものを食べたという満足感がありました。

やっぱり旨いものは正直です。

家は少し遠くなったけど、季節ごとに顔を出さねばいけないと

ふと思いついた決心をしながら慌てて席を立ちました。

ごちそうさま。とても美味しかったです。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 44
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
あ〜アンペイジ行ったんですね〜(良いな〜♪)今回も美しいですね!器も秀逸〜というか、今回はちょっと個性的?美的センスもあってすごいですねえ〜。飲み物のプチデザートの大理石?皿もすてきです。お料理も今回面白いですよね!酒かすも良いですが、フォアグラカカオ〜♪カカオの組み合わせ美味しそう〜!鮎魚女ってたぶんあぶらこかしらん?白身魚を美味しくできるシェフは絶対美味しい…いやもう言うまでもないですけど(笑)あ〜美味しそうでした、ごちそうさま
こりす
2018/04/23 07:26
こりすさん、今回も堪能することが出来ました。
近くだったら絶対こりすさんを誘っているお店です
この料理屋さん、器や食器にも凝っているのが素敵ですねぇ。センスの良さが覗えます。
今回の料理は春らしさを感じさせるものでした。
フォアグラカカオのカカオは南米何か国かのカカオを使っているんですって。フォアグラが邪魔になるくらい実に美味しかったです。
鮎魚女とあぶらこは同じものですね。北海道ではあぶらこですか?
この白身魚はホント美味しかったです。
要するに全部美味しかったということになるのですが、こちらはまた行ってみたいお店のNo.1なんですよ
こりすさんに見て貰うためにもまた行って来ますね

2018/04/23 13:53
こちらはホントに素敵なお店ですね。
クリスと行ってみたいといつも思っています。
ランチタイムのためか、光線の具合が良くて、写真もとてもよく撮れてますね。
写りが良いので、シェフの良い仕事ぶりがわかります。
ボタン海老をディッシュの中央ではなく、端っこにおいてるところなんかは、芸術的と言っても良いですね。
お車でしかもお急ぎだったとは言え、ノンアルコールはいかにも残念だったでしょう。
次はぜひワインを。
りう
2018/04/24 22:11
りうさんはかねがねそう仰っていましたね。
こちらのお店の料理はその1つ1つが実に綺麗なので、クリスにもきっと喜ばれると思います
そうなんですよ。採光にも気を遣った設計なので、陽光が料理を冴えさせてくれていますね。
シェフの安平次さんはフランス仕込みの本格派なので、僕のような素人から見てもセンスの違いがよく分ります。
ノンアルコールは味気ないものですが、水は寂し過ぎるので彩りとして注文しました。
次回は是非ビールとワインを飲みたいものですが、車じゃないと行けないところに越してしまったのが悔やまれます

2018/04/25 14:39
鮎魚女は何と読むのかわからなかったので見てみました。アイナメと読むのだそうですね。この魚は私はアブラメと呼んで育ちました。美味しい魚ですよね。
こちらのいろいろなシェフを紹介するグルメ番組で、一つの食事は25口くらいで食べられてその25口で様々な味やフレーバーや食感を楽しんでもらいたいというシェフがいました。25口ってちょっと少ないのではとは思いましたが、考えてみればいいものを食べればそれで満足できますね。こちらもそんな感じです。
櫻弁当
2018/05/01 10:19
櫻弁当さん、魚の名前を漢字で書くと読むのが難しいです。
鮎魚女はアブラコやアブラメとも言うそうですね。淡白で美味しい魚です。
1つの食事を25口でですか?
僕はもっとよく噛んで食べろと言われることが多いほど食べるのが早いのですが、果たして何口で食べ終わっているのか、数えたことはないですね。
改めて写真を見ながら勘定して見たら27口でした(笑)
こちらは目で楽しんだ後食感を愉しめる稀有なお店です

2018/05/01 20:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
春の「アンペイジ」♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる