銀座「ハゲ天」の天丼と天ぷら盛り♪

画像
大丸に行った折りのこと。地下のお寿司屋でちょっとばかしお寿司を摘まんで8階に河岸を移し、ないのは知っていながらも鰻屋でもないものかとレストラン街を徘徊しました。

京都大丸の弱点は、

高島屋と違ってレストラン街の入居店が貧弱なことです。

これは個人の感想ですが大食堂が一番マシかも知れません

やっぱりどこもイマイチだったので、ここなら大丈夫だろうと思って

東京では名の通った銀座「ハゲ天」に入ることに決めました。

画像

決め手となったのは下の写真の天丼の

ググッと伸びた穴子の一本揚げの見事さでした。

画像

そんなことで入ってみた「ハゲ天」でしたが

早い時間のことなので他にお客は誰もおらず

シーンとした空間の中に、二日酔いなのかどうなのか

むっつりとした年配の店長風が覇気のない雰囲気丸出しで

「あちらにどうぞ」と手で僕の座る席の方向を示しました。

銀座の「ハゲ天」ならもっと威勢よく応対して欲しいものです。

画像

僕はなんだかなぁ...とその対応に失望しながらも

食欲に負けて、天丼の外に天ぷら盛りまで注文してしまいました。

そんなことで運ばれて来た天丼は店長同様元気がなく

これがほんとに「ハゲ天」の天麩羅なのか?とちょっと落胆しました。

でも、江戸前の天丼らしくめごちの天ぷらが乗っていたのはでした。

天麩羅盛りはちと貧弱で、僕のイメージとは違っていましたが

カリッと揚がった穴子の骨が乗っていたので

今日のところは許してやろうかと寛容なところを見せて

覇気のない店長風にお勘定を頼んで店を出ました。

画像

この記事へのコメント

こりす
2018年04月11日 05:12
うーん、天下のハゲ天も、デパート店となるとちょっと油断しちゃうのかしらん☆値段も本店よりリーズナブルになるし…レストラン街は黙ってても人が来ますしねー☆朝一番で油の温度がイマイチだったとか。でも穴子の骨はナイスでした、流石です♪店長風の人は、予想通り二日酔いだったんだと思います(笑)
2018年04月11日 09:17
こりすさん、ラーメン屋とハゲ天を一緒にするのもなんですが、だいたい出先の支店は目が届かないからええ加減なものですな
それが京都大丸のレストラン街はそれがお昼時でも一部のお店を除いて結構閑散としているんですよ。
口惜しいことに高島屋とえらい違いです。
でも穴子の骨はナイスですよね♪こういうのは江戸前の粋を感じます。
店長風はやっぱりね
純子
2018年04月11日 10:22
へえ~!
アナゴも骨を揚げたりするんですね。

達さまはそろそろ落ち着かれたご様子で何よりですが、私方、孫を何日も預かる羽目に陥っており散々です
2018年04月11日 12:18
レストランは、もちろん待たずに入れるのがいいですが、あまりシーンとして出迎えた人がむっつりしていたりすると不安にもなりますね。(笑)たぶん朝一番だったからなのだと思います。
天ぷらは可もなく不可もなしというところですか。
今日、久しぶりに「シゲ・スシ」に行きました。日本に留学していたベトナム人夫婦と私たちで4人でした。ハビーたちが日本語で注文したら、お店のオバサンは、あんたたち日本人じゃないね、何人?といいました。私が注文しても、ウ~ム、日本人の日本語とちょっと違う、というんです。あんまりだわ~、こんなに日本語上手いのに。(笑)ガックリきました。(ひょっとしたら、あのオバサンが日本人ではないのかも?)
2018年04月11日 16:48
純子さま、お陰さまでもう一息と言ったところです(^^)v
今日は父の若い友人の葬儀に行って、帰りに鰻を食べて来ました。
純子さまは孫なんていらないと仰ってたから、さぞや地獄の毎日なのでござんしょうね。
穴子の骨を揚げるのは、最近は結構どこでも見られるようになって来ました。
2018年04月11日 16:56
櫻弁当さん、僕も予想外に早くお客が入ったので、営業スマイルの準備が出来ていなかったのだと思いました。
天麩羅は期待度が高過ぎたのか、今いちでしたね。これなら僕の方が上手です(+_+;\ペチッ!
シゲ・スシで面白い体験をされたようですね。
櫻弁当さんはハビーと一緒だったから、恐らく国籍不明のおばさんは日本人じゃないかもとの先入観を持ってしまったのでしょうね(笑)
西海岸では国籍当ては結構難しいんじゃないですか?
僕なんか昔はよくロシア人との混血と間違われましたよ
2018年04月11日 23:50
天婦羅7品はけっこう豪華ですけど、見た感じは豪華というよりどことなく貧相ですね。
スタッフの覇気の無さといい、何か根本的な原因があるんでしょうね。
はげ天だけでなく、レストラン街全体が貧弱ということは、原因は大丸にありですか?
高島屋との差は一体どこから?と興味本位ながら気になります。
天丼ですけど、めごちや穴子の骨は一応合格だったようで、救われましたね。
江戸前のプライドは失っていない?
2018年04月12日 01:00
りうさん、そうそう貧相なんですよ。僕が指摘したかったのは将にその点なのです。
確かにそうかも知れません。お客が来ないことに慣れ切っているとか(笑)
やはり高島屋との違いは会社のレストラン街に対する力の入れ方の差にあるのでしょう。
めごちや穴子の骨には江戸前の気質を感じましたが、マニュアル通りの感もありました
櫻弁当
2018年04月12日 10:52
西海岸では、国籍当ては不可能に近いです。(笑)サクラメントに引っ越す前、しばらく住んでいたフォスターシティの小学校では生徒は42か国の異なった言語を話す家庭から来ていると言っていましたから。
ロシア人との混血って、大鵬みたいですね。(ちょっと例が古かった?笑)
2018年04月12日 20:48
櫻弁当さん、やはりそうでしたか。
それにしても42ヶ国語とは凄いですね。
大鵬、僕は将にその世代です(笑)