仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 神戸元町 「プリモぐりる」のビフカツ♪

<<   作成日時 : 2018/02/06 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 10

画像
さて、ポートピアホテルからの撤退には意外に時間が掛かったので、この後予定していた「洋食の藤」には時間的に間に合わないと諦めると、

同じビフカツが評判の「プリモぐりる」に電話を入れて、

通し営業でお店が開いていることを確認すると、

「今ポートピアホテルなのですぐに行くから」と

ママさんを安心させてから三宮駅方向に車を走らせました。

ところがお店は元町商店街にあるとばかり思っていた僕は

商店街近くのコインに車を止めると

元町北通りを通り過ぎてしまって元町商店街を彷徨いました。

通りの先は神戸の中華街に続いています。

しかし20分ばかし歩き回って探したものの

お店は元町北通りにあるのだから見つかるはずはありません。

画像

仕方なくもう一度ママさんに電話を入れて場所を確認すると

何と車を止めた駐車場から僅か200mの場所に

間口のとても狭い「プリモぐりる」が、チビが背伸びをするように

膨張色の黄緑を強調した外観でお店を大きく見せていました。

言っておきますが、これは決して悪口のつもりじゃないですよん。

画像

さて入口のドアを開けると、

ママさんが「さっきの電話の方ですね」といいながら

4人掛けの席に案内してくれました。

僕は一見の礼儀として取り敢えずメニューを開きましたが

食べたいものは決まっていたので、

ママさんに「ビフカツをお願い出来る?」と声を掛けました。

画像

店内は外観と同じようにこじんまりとしていて、

先客の常連らしい女性客が2人座っているカウンターと

2人席にテーブルと4人席のテーブルが2つ

狭い店内に並んでいました。

画像

最初は豚バラと大根のスープから。

見てくれの精彩は欠きますが、

家庭料理らしい優しいコンソメ味が印象的でした。

画像

スープを飲んでいる間に狭い厨房で奮闘していたマスターが

「はい出来上がり!」と言ってママさんに渡したお皿には

やや小さめながらもミデアムレアのビフカツが

嬉しいことに2つものっておりました

僕は真ん中の1切れを衣が崩れないように気をつけながら

指でそーっと90度回転させると

デミグラスソースで汚れた指をテーブルクロスで拭きました

画像

このビフカツにはライスが付いていたけれど、

僕は兎に角ビフカツが温かいうちに食べたかったので

たっぷりのソースをカツにつけて、1切れ1切れ楽しみながら食べました。

うむ、これは旨い!普通を遥かに越えた美味しさです♪

それに結構おなかもいっぱいになりました

随分歩いて探しましたが、

「来てみて良かった」と幸せをかみしめながら

あっという間に食べ終えると、

ママさんに「食べるの早いでしょ」と一言残して

お店を出たのでありました。

画像

さて帰り道、元町北通りの横道で「天記」というお店を見掛けました。

あわよくばもう1杯と思ってお店の前まで行くと、

残念なことに営業は夜だけのようでした。

しかし、看板には「香港麺専家」と書いてあります。

これは万難を排して是非とも夜食べに来なければなりますまいて。

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 45
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた
かわいい

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
玄治さんの記事に頂戴したコメントの返信をしそびれていました。
失礼しました。
ポートピアホテルでお弁当とランチを召し上がって、さらにビフカツまで。
相変わらずですね。w
こちらのお店は初めてですか?
当たりだったようで、良かったですね。
ところで、つい先ほど、『三宅裕司のふるさと探訪』で伏見の山本本店という造り酒屋が併設している鳥せいなるお店を紹介していました。
ランチアイム限定の鳥ラーメンが美味しいそうです。
鳥白湯に中細麺というオーソドックスなラーメンでした。
果たして鳥ラーメン激戦区の京都でどれほどの競争力があるのやら。
見た目は地味な感じでした。
以上、プチ情報提供でした。
りう
2018/02/06 22:45
りうさん、いえいえどう致しまして
お弁当は家に持ち帰ったので、たった2食なんですよ(笑)
滅多に来ない神戸なので、ちょっと無理して食べました。
こちらはずっと行きたかったお店なのですが、行くのは初めてでした。なかなか美味しいビフカツでしたよ。
ふるさと探訪で鳥せいが取り上げられていましたか。
僕も何度か行ったことがありますが、焼き鳥が美味しいことで有名なお店なのですよ。
でもここのところ外人を含む観光客に占領されているって感じで、なかなかさ予約も取れません。
鳥ラーメンは食べたことがないので機会を見つけて探訪して来ますね

2018/02/06 23:33
お店を探して歩きまわって本当は歩き始めた辺りにあった、ということあるある〜です。(思い出すのはハンガリーのブダペストのとあるカフェ。(笑))
でも、そのおかげでもっと感動して美味しく食べることができたのではありませんか?
櫻弁当
2018/02/07 03:26
ビフカツがふたつ〜〜ってスゴイ!それと美味しいビフカツに当たった事がないので、メチャ美味しそうです!ミディアムレアがそそりますね〜♪家庭的な洋食屋さん、という店構えのお店は、カツメニューが美味しい感じですね♪最後のお店、店名が期待させますよね♪
こりす
2018/02/07 05:13
桜弁当さん、確かに探し回るとどうしても食べたいという気持ちは募りますね。
そう言えば櫻弁当さんも同じようなことがありましたね(笑)

2018/02/07 08:50
こりすさん、2つと言っても小さいから驚くほどのことはなかったものの、それでも2つというのは嬉しい驚きでした。
小さいけれど柔らかくてとても美味しいビフカツでしたよ。それにソースもたっぷりで好みに合いました♪
こういう小さいお店は見逃しがちですが、実は美味しいお店が多いんですよね

2018/02/07 08:54
こんにちは!

ビフカツにあまり触手は動きません
が、達さんにはかなりロマンがある
ようなので気になりお邪魔しました。
前回に食べれなかった分美味しい物
が食せて良かったですね。
あれだけのソースがかかっていても
サクサク感はあるものなのですか?
揚げ物にもあまりソースをつけずに
食べる派なのでソースはかなり気に
なります。
やはりソースよりの味になるので
しょうか?
ミイコ
2018/02/08 11:34
ミイコさん、こんにちは。毎日寒いですね。
ミイコさんはビフカツは専門外なのですね。
僕は揚げ物はなんでも好きです。
ソース。確かにソース寄りの味になるのは否めませんが、それだけにどの洋食屋さどのんもソースの味に拘って作るんですよ。
サクサク感はソースの掛かっていないところには充分残っているので大丈夫です。一度で二つの食感が楽しめますよ♪

2018/02/08 13:43
私もながらく日本カツカレー協会に属していますが、ビフカツって、出くわした記憶があまりないんですよね。近畿圏特有なんですかねぇ。洋食屋さんに行かないから出くわさないのかもしれません。見事なミディアムレアな火加減でおいしそうです。今度どこかでビフカツがあれば食してみたいですねぇ。
けいつー
2018/02/10 08:31
けいつさん、ビフカツは関西特有のものではなくて、東京でもよく見掛けましたよ。
ビフカツはとんかつと比べると俗にいう高級料理なので、洒落たグリルとかホテルの洋食屋など一定のこだわりを持つお店のメニューに載っていることが多いようです。是非一度そんなお店を見つけて食べてみて下さい。
美味しいものですよ。
このプリモのビフカツは行った甲斐がありました。

2018/02/11 00:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
神戸元町 「プリモぐりる」のビフカツ♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる