仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 師走の「近又」今年最後の昼懐石♪

<<   作成日時 : 2017/12/26 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
今年の最後に師走の昼懐石を食べておこうと「近叉」に予約の連絡を入れたところ、25日からはおせちの準備で休業するとのことだったので、それはならじと

そ先週の週末に「近又」に行きました。

大丸の駐車場に車を止めて錦市場を東に向かうと

いつもは雑踏に近い混雑ぶりの錦小路はガラガラで

普段は人が並んで待っている牡蠣屋の「だいやす」にも

人っ子一人いないという珍しい人出のなさでした(@_@)

そんな中を10分遅刻して「近又」に着くと、

玄関を入って、仲居さんが現れるのを待ちました。

この日はテーブル席で税抜き5000円の予約でしたが

座敷が空いているからと言うことで、

有難いことに1階の中庭に面した和室に案内されました。

画像

最初にお茶が運ばれて、すぐにご主人が挨拶に来られ

しばし世間話に興じていると、前菜が運ばれて来ました。

野菜のおから合せ、ごま豆腐、大根の田楽、チシャの西京漬け、

白米で育てた鶏のミンチ、そして鴨と揚げクワイ。

どれもお酒があればもっと楽しいんだけど

番茶ではいまいち興が乗りません。

この日の収穫はチシャの根元の西京漬けでした。

画像

そして椀物は堀川牛蒡と生麩のお吸い物。

堀川牛蒡は美味しいですなぁ

画像

そして刺身はグジとたいらぎ。

たいらぎも大好物なので嬉しかったけど、

この時期のグジはねっとりとした食感が際立つ旨さです

何とも言えませんなぁ

画像

さて、この日の僕は無口の日だったので、

仲居さんが部屋に入って来る度に「ありがとう」は言うけど

愛想は封印して写真を撮って過ごしました。

そしてやって来たのが餡の掛かった煮もの。

具は揚げ湯葉と小松菜です。

揚げ湯葉にせんべいを細かく摺った粉が掛かっているところが

京料理という料理の芸の細かさなのでしょう。

画像

そして鱒の西京漬けと出汁巻き玉子が出て来たところで

料理は終わってご飯の時間です。

画像

ご飯にはちりめん山椒を乗せて食べました。

やっぱり自家製は美味しいです。

画像

自家製と言えばお漬物も自家製だと塩気が薄く

日持ちさせようという無理がないから

食べていて違和感がありません♪

画像

そして最後はおうすとすはまを戴いて、

今年最後の「近又」の昼懐石は終わりました。

こういう京料理を食べさせるお店は山ほどあるけれど、

「近又」ほどしっくり落ち着けるお店はい少ないので、

来年も月に一度は来てみたいと、取り敢えずの目標を立てて

お勘定をお願いしました。

今回もまた格別に美味しかったです。

画像

玄関を出るとご主人がいつもの如く待っておられ

自家製のちりめん山椒の包をお土産に頂戴しました。

恐縮至極です

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 42
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
かわいい

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
月イチの近マタ♪ええどすなあ〜〜♪お勤め時代、月イチのご褒美デーを設けていたことを思い出しました♪いいお部屋にも当たって、ラッキーでしたね♪おせち作り、相当大変そうですね。稼ぎ時ですもんね〜。ワタシもチシャの西京漬、気になりました!意外でしたが美味しかったんですね〜〜。こたびも、どのお料理も美味しそうです〜。すあま、山口はういろうがあるせいか?見ないので、懐かしいです。
こりす
2017/12/26 05:05
こりすさん、月一で「近又」は結構ぜいたくなお昼ですよね。こりすさんはお勤め時代にご褒美デーがあったのですね♪
僕の現役時代は毎晩がご褒美デーだったような気もするけど、現役を退くと、こういう設定は思った以上の楽しみになります。
まだ5回目なのに今回も和室をサービスして貰って有難い限りです。
年末は休むけど、年明けは元旦から成人の日までお店を開けて稼げる時に稼ぐんだそうです。
チシャって韓国焼肉で使う葉っぱだとばかり思っていたら、根元の部分は結構長くて、昔から京料理で使っているんですって。全く知らなかったので意外でした。
山口はあまり知られていないけどういろうですね。
松田屋の近くの老舗でときどき外郎をお土産に買ったことがありました。

2017/12/26 09:06
ウワ〜、落ち着ける懐石、いいですね〜。
料理の分野は違うけれど、アンペイジさんと比べてどうですか?
チシャってグリーンレタスなんですね。レタスの中心の茎はたしかに太いです。
こちらは親戚(全部義理の)が10人来て、12人のクリスマスになりました。疲れた〜。
櫻弁当
2017/12/26 11:00
櫻弁当さん、よろしおますやろ
アンペイジはまだ気のおけないというところまで行っていないので、和食という慣れもあって軍配は近又ですね。
アンペイジももう少し通うとまた違って来るのでしょうが。
チシャって韓国の焼肉に出て来る野菜なので、これまで無関心でしたが、今回息子さんに教えて貰って茎が長いことを知りました。
そちらは義理の親戚ばかりのクリスマスでしたか。
お疲れさま

2017/12/26 13:26
おゝ、近又ですね。
すっかり常連さんですね。
並の食通と違って、達さんはより少ない訪問数で、常連扱いになるオーラがあるように思います。
何て言ったら、叱られそうですけど。w
近又さんは、「モダーン」と「ヌーベル」とかとは無縁のクラシカルな京料理で貴重ですね。
料理だけでなく、店舗も伝統の重みを感じます。
ここぞという時は、自分も利用したいです。
京都でここぞという機会は無いとは思いますが。
りう
2017/12/29 23:08
りうさん、また行ってしまいました(笑)
この近叉は常連さんになってみたいと思わせる何かがありますね。
確かに僕は身体の大きさ以外に印象付ける何かがあるんでしょう。
そうそう、建物と料理のマッチングというのは大切ですね。こちらで食べると確かに料理が味わい深いです。
ここぞという時に使える日が早く来るよう祈っています

2017/12/29 23:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
師走の「近又」今年最後の昼懐石♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる