仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 「しなのそば」の海老天麩羅そば♪

<<   作成日時 : 2017/12/22 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 12

画像
横大路を長岡京に向かって走っている時、名神高速の高架の手前に「しなのそば」と大きく書いた看板を見つけて、思わず駐車場を探しました。お店の看板は大きいのに、

はこのマンションの裏手に小さいのが2つしかありません。

僕はその狭い駐車場に何とか車を止めると

玄関に回りました。

店内は大きなくの字型のカウンターがあって

何となく駅の立ち食いそばの感じがしないでもありません。

それでもこちらは一応手打ちのお蕎麦だそうです。

テーブル席もいくつかありました。

画像

僕はカウンター席の適当な場所に腰を掛けると

年季の入ったお品書きを開いてはみたものの

お店に入る前から決めていた海老天麩羅そばを注文しました。

余計なことですが、店主殿はおじいちゃんでした。

画像

そのおじいちゃんは下処理をした海老をバットから取り出して

包丁を入れてメリケン粉を振り始めました。

こんな感じのお店なのに丁寧な仕事をするんだと

ちょっと感心してみていると、天ぷらを揚げる油の音が聞こえ始め

なんだかんだで10分くらいが経ちました。

画像

そして運ばれて来た天麩羅蕎麦のこの海老は

感心した丁寧な作り方から考えて、ちょっとすごくないですか?(笑)

それに信州のお蕎麦は薬味の葱は入れないのでしょうか?

本当に信濃のお蕎麦かな?と若干違和感を覚えつつ食べ始めると、

お蕎麦は独特のネチッつとした食感で、

あの僕の嫌いな「そじ坊」のお蕎麦の味とそっくりでした。

と言うことは、紛うことなき信濃のお蕎麦です

でも「そじ坊」で食べると不味いと思う信濃そばなのに

ここで食べるとそんなに気にならないのは何故でしょう?

と言うことは、よほど「そじ坊」が嫌いなのだとしか思えません

しかし、そんなことを言ってはいけません。

画像

さて、お出汁も関西風では勿論ないし、

かといって東京みたいに真っ黒じゃない、

若干濃い味のおつゆは、かつて東京でよく食べた

立ち食いの「小諸そば」を思い出すようで懐かしかったです。

この「しなのそば」は、海老天婦羅の揚げ方は下手っぴだったけど

綜合的にはなかなか癖があって好いんじゃないかと思いました。

特にお出汁が美味しかったです





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 32
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
あらっお出汁が美味しかったのはアタリでしたね!揚げ方が下手でも、丁寧な扱いを受けてるのがわかってるし、いつか上手になるかもしれません(笑)このなんとも言えない良い感じは、懐かしさでしょうか♪ひとつひとつはそうでもないのに、全体的に良いと言う…また食べたくなるかも?親子丼もあるんですね〜(笑)
こりす
2017/12/22 05:13
こりすさん、長野のお出汁は東京とも京都とも違った味がして懐かしかったです。
おじいちゃんの仕事が遅いのか、仕事が丁寧なのかよく分らなかったけど、いつもきれいに揚がった海老の天婦羅を食べているので、見た時はええっと驚いてしまいました。
このお店はお蕎麦だけじゃなく、ありとあらゆる丼物もありました☆

2017/12/22 08:58
こんにちは。

おっお蕎麦と思いお邪魔しました。
いつも描写が絶妙で読んでいて体験
しているようです。
…今回のお蕎麦は美味しいものを沢山
食べた後に経験したいなと思いました。
美味しいお蕎麦をいつも食べたいと
思っているのになかなか行動に移せ
ないので来年こそは気になるお蕎麦屋
さんがあったら入ってみたいと思います。
ミイコ
2017/12/22 11:14
フムム、ということは、こちらは屋号の通りしなの風なのですね。京都とも東京とも違うお出汁って、お蕎麦も様々で奥が深いですね。
このお品書きから呼び起こされる期待感とお蕎麦の盛り付けは対照的でなんだかで面白いです。
櫻弁当
2017/12/22 11:54
ミイコさん、こんにちは。
お蕎麦と聞いて覗いてくれてありがとう。
食べもののことよりそれ以外のことに費やす行数が多いのがブログの弱点です(笑)
お蕎麦は違った店で時々食べるといろんな美味しさが分かりますよ。
ミイコさんも来年こそはお蕎麦を食べ歩いて下さい(^^)v

2017/12/22 15:05
櫻弁当さん、最初は期待しないで入って、ちょっと期待が持てそうな雰囲気になったところで天婦羅でガクッと来て、最後にお出汁を飲むに及んで食べに来てよかったと思う褒貶の激しいしなのそばでした。
お蕎麦やうどんのお出汁は岐阜県や三重県の東部で関西風から関東風に変わると言われていますが、長野県は藤村の「夜明け前」を読むと分かるように僻地だから、取り残された感じで独特のお出汁が今に伝わって言うんでしょうね。

2017/12/22 15:12
自分が何度も足を運びたいうどん・そばの店が岐阜にあります。普通の小さなうどんそば丼物の店です。
全然有名店でもなく昼時でも並んでるところは見たことない。多分他の人から見たらごく普通の店なんだろうけど、自分にとって最高に旨いって店ありません?
のび太
2017/12/23 09:09
のび太さんは岐阜ですか?
僕は東京にありますよ。
そういうお店に行くと懐かしさもあって落ち着きますね。

2017/12/23 09:25
ビジュアルはスゴイとしか言い様がないですね。w
達さんの高評価は開き直りの結果なのか、本心なのか、ちょっと測りかねます。
でも、御献立帳の手擦れ感からすると、相当長い間商いを続けているお店のようで、あながち冗談で済ませられないようですね。
「そじ坊」というお店は記憶していなので、これから旧記事を読ませていただきますね。
りう
2017/12/25 22:05
りうさん、そうでしょう?何ともはやでした(笑)
いや、僕の評価はあくまでもそじ坊との比較ですから(笑)
でもお出汁は本気の評価ですよ
長いと言っても11年ほどだそうなのに、お品書きは長野か飛騨の山奥の蕎麦屋のような色をしているでしょう?
余程ての汚れたお客が多いお店なのだと思いますw
そじ坊、直近では4月に関西国際空港で食べていると思います。

2017/12/25 23:45
そじ坊、何と東久留米にも出店してました。
さっそく行ってみます、とは言いかねますが。w
りう
2017/12/28 00:19
りうさん、東久留米にもありましたか?そじ坊は結構多店舗展開しているんですよ。
是非長野らしいお蕎麦を食べてみて下さいw

2017/12/28 14:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
「しなのそば」の海老天麩羅そば♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる