仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS おひさの「じん六」 鴨つけそば♪

<<   作成日時 : 2017/11/13 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
「じん六」に行くのは実に久し振りでした。その間何度か行こうと思ったことはあったのですが、「じん六」は店舗を新築してからメニューの品数が減ってしまったので、

サイドメニューやお蕎麦が豊富な「いまふく」の

魅力にすっかり虜となっておりました。

しかし、こんなことでは馴染みの資格を失いかねないと

意を決して出掛けた「じん六」でしたが

あろうことか道を間違え北大路通りで鴨川を渡ってしまって

メチャメチャ時間をロスして「じん六」に辿り着いたのです

さて、案じながら店内に入って行くと、よい塩梅に混んでいて

1つだけ空いていた2人掛けのテーブル席に案内されました。

画像

厨房で蕎麦を茹でていたじん六さんと目が合ったので

遠くから会釈だけして席に着きました。

さて、何を食べようかな?

この日は決め打ちじゃなかったので、

時々じん六さんがサービスで出してくれるそばがきを、

たまにはお金を払って食べなきゃ申し訳ないと思って

そばがきと、実はあまり好きじゃない鴨つけそばと、

鯖寿司を2切れを若い方の花番さんに注文しました。

「じん六」のそばがきは粘度があるのに切れが良くって

そば粉の香りもそこそこあるのが魅力です

画像

鯖寿司は見掛けはいつもより悪かったけれど、

味はいつもと変らずでした

その鯖寿司の薄い昆布を外して、きずしをお箸で持ち上げると

程よく酢〆した鯖を先に味わってから、

おもむろにすし飯を食べました。

画像

すし飯にはご覧のように色がついており、

何やら米粒が艶びかりしているように見えました。

じん六さんが「鯖寿司はまだまだ研究中」と仰っていたのは

もしかしたら鯖の方じゃなくてすし飯の方だったのかも...

画像

さて、そんなに好きじゃない鴨つけそば。

好きじゃない理由はラーメン屋のつけ麺と同じで、

折角の温かい鴨汁のおつゆがお蕎麦を浸けることで

ぬるくなってしまうからなのです。

画像

そんなことで、

鴨つけ汁の鴨肉や焼き葱を先に全部食べてしまって

その後、お蕎麦を浸ける度に冷えて行くつけ汁を

なんでこんな食べ方をしなきゃならないのだと思いながらも

最期はきちんと飲み干しました。

画像

さて、「じん六」のお蕎麦が京都有数の美味しさであることは

論を待たないところですが、

端切れや太さの違うお蕎麦が混じっていることはしばしばです。

そういう見てくれはあまり気にしない性格なのでしょうか?

この日もお蕎麦の中に端切れと規格外を見つけたので

何気なく「凡」という字に揃えたところ、表裏が逆になりました。

画像

そしてすべて食べ終わったことを見届けてそば湯が供されます。

これまで「じん六」のそば湯はとろとろに濃いと思っていましたが

一度「いまふく」のそば湯を知ってしまうと

さほどでもないと思えて来るから不思議です。

画像

いやはや、美味しかった。

やっぱり「じん六」にはもっと定期的に寄らせて貰わなければ

いけませんな、と思いながら花番さんにお勘定をお願いすると、

今度はじん六さんと目が合わないように俯きながら

お店を出ました。

意識的に目を合わせるには、せめて月に一度は来なければ

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
かわいい

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ははは♪常連の資格更新もなかなかのこだわりです♪そばがきもお蕎麦もおいしそうです♪鯖すしのすし飯、ほんとになんかちょっと違いますね!美味しそう!そうなると別々に食べる達さんの食べ方も、アリになってきますよね(笑)鴨のつけ汁、確かにどんどんぬるくなる残念感がありますね〜☆お店側としては、お蕎麦がのびることの方がユルセナイのかしらん♪
こりす
2017/11/13 05:21
こりすさん、常連で居続けることはなかなか骨の折れることなのです(笑)
こちらのそばがきは薄い緑色をしていてとても美味しいんですよ。お蕎麦ももちろん美味しいけど。
鯖寿司のご飯は赤醋を使っているようで、お寿司屋さんのような随分凝った作りです。
別々に食べるのは、これは正統派の食べ方です(笑)
鴨つけのおつゆってそうですよね。どうしてあんな食べ方が美味しいのでしょう?お店としては我慢大会みたいな食べ方が好きなお客がいるので面白がってメニューに載せているのでしょう(笑)

2017/11/13 08:53
お馴染みさんの資格を維持するのはけっこう大変なのですね。定期的な訪問はわかるとして、やっぱり店主殿の好意に甘えてばかりでもいけないということもあるんですね。
鯖寿司は試行錯誤の様子が表れていますね。でも、一定のおいしさを保っているところがさすがプロです。
つけ麺はどの季節の食べ方なんでしょうか。お汁が冷えて当たり前とすれば、やっぱり夏かしらん?
櫻弁当
2017/11/13 13:15
櫻弁当さん、お馴染みさんかどうかは、結局こちらが感じる相手との距離感なのでしょうね。
そういう意味では魚助の店主殿よりじん六さんの方が付き合いは長いけれども距離を感じるので、暫く間が空くことを恐れる気持ちになるのでしょう。
まだ距離を感じているうちは好意を受ければ何か形で返しておかなければならないという気持ちも強くなります。
鯖寿司は鯖を研究しておられるのだとばかり思っていましたが、どうやらすし飯の研究だということがわかりました。すし飯に粘りが出て少し進化しているようでしたよ。
つけ麺を好んで食べるような人は季節感なんか関係ないでしょうから、年中食べています(笑)

2017/11/13 13:50
じん六さんはやはり行く価値がありそうです。
いつか初訪問を成し遂げてみせますよ。w
達さんがつけ麺方式を嫌われるのは、温度の問題なのですね。
所沢にも支店があるTETSUというつけ麺屋は、つけ汁が冷めると、焼けた石を入れて温め直してくれます。
ずいぶん前からやってますが、一向に他店に広がりません。
ましてそば店には。
あまり好評じゃないんでしょうか。
そばの切りむらは、手打ちらしくて良いとも言えますが、漫画『そばもん』では、茹でむらの原因になるから良くないと書いてあります。
監修者は『そば屋のしきたり』の著者故藤村氏です。
実際はどうなんでしょうね。
りう
2017/11/13 23:14
りうさん、今回は敢えてじん六さんにりうさんのメモの話はせずに帰りましたが、すぐに行ってそばがきと鴨つけを選んだのは、何を隠そうりうさんに見て貰うためでした
つけ麺、つけ蕎麦を嫌うのは温度の問題です。温め直すというのも無粋な話で、やっぱり温かいつけ汁に麺をつけて食べることに無理があるように思えるのです。
どうせならつけ汁の下に電気コンロを置いて欲しいですね(笑)
そばの切りムラ。いつか必ず行かれる時の予備知識として写真をUPしておきました。
藤村氏ですか?あの方はどうも(笑)

2017/11/13 23:44
鴨そばのつけ汁を鉄鍋に入れて、固形燃料で温めながら食べさせてくれるお店が、京都の北の方の山を一つ二つ超えたあたり、そばで有名な街道にありました。
のび太
2017/11/14 10:42
のび太さん、それが妥当な食べ方だと思いますね。
北の方の山を越えるということは京北町の方角ですね。
情報ありがとうございます

2017/11/14 12:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
おひさの「じん六」 鴨つけそば♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる