仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 「大坪屋彦七」のもりとそばがき♪

<<   作成日時 : 2017/10/09 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 12

画像
まだ食べ残しているものがあったのと、先日僕がUPした「大坪屋彦七」の記事に、いの一番にコメントを寄せてくれた「店員」というHNの投稿者が本当に「彦七」の

大将だったのかを探るため、

日を置かずしてまた「大坪屋彦七」を訪れました。

この日は12時を大きく過ぎた時間にやって来て

ご婦人方が大半のカウンター席の空いたところに座りました。

不味いことに、その席は大将から真正面の席だったのです(笑)

画像

最初に出たお茶が湯呑みの1/4しか入っていなかったので

ここでまず微かな悪意を察知しました。

隣りのお客の湯呑には9割がたお茶が入っていたので

もしかしたらあの投稿者の「店員」は僕の推測とは異なって

本当に大将だったのかも知れないと警戒心を高めました

画像

正体がバレてしまっているのなら、それはもう仕方がありません。

だったらここは図太く行こうと思って

何食わぬ顔をしながら、もりとそばがきを注文しました。

そして、それだけじゃ絵的にちょっと寂しいと思ったから

富山湾の宝石と呼ばれる白海老の天ぷらも1枚追加しました。

白海老の天ぷら以外はどれも思った通りの美味しさでしたよ♪

これまで本当に美味しい白海老は食べたことがないので

まあそれはいいのです

でも、注文とお勘定の時以外は大将とはひと言も話すことなく

お互いにだんまりを決め込んでいたので、

ちょっと雰囲気的に疲れました。

そんなことなので、ごちそうさまも、さよならも言わないで、

黙ってお店を出たのです。

いまにして思えば由香ちゃんの勘は当たっていました(笑)

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 39
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
あら美味しそうなそばがきですこと!!お茶の量はどうかと思いますが(笑)悪いお人は美味しい蕎麦は出せないような気がします(愛想は悪くとも…☆)白海老って食べたことないですね〜今が時期なのかしららん??なんかちょっと心理戦な感じは疲れますね〜この後は甘いものでしょう?(笑)
こりす
2017/10/09 05:24
これは・・・あんまり良くない予兆に見えなくもありません。(三重否定は一重否定と同じです。(笑))
お客さんに対して好意も素っ気もないような態度は、どうでしょう。ここはUSからだって食べに行きたいという気が起きませんね。店主さんも、「あぁ、あそこのお店に食べに行きたい」と思って来るお客さんなど要らないのかもしれません。
でも、なんか惜しいですね。せっかくの腕があるのに。
櫻弁当
2017/10/09 06:53
こりすさん、美味しそうでございましょう?
この際お茶の量が重要だったのです(笑)
確かに悪い人ではないような気がしますが、僕に対して謂れのない悪意を持っているのは紛れのない事実のような展開でした(笑)
白海老は冷凍だと全然その美味しさが伝わらないんですよね。
僕は揚がったばかりの生白海老は食べたことがないので、実際の味は知らないのですが。
心理戦、ちょっと疲れたけれど、この日は家に帰ってとらやの羊羹を食べました(^^)v

2017/10/09 09:40
櫻弁当さん、個人的な見解ですが、お店にいる間ずっと陰湿な火花が散っているように感じなくもなかったのです(笑)
まあ、ものの本によるとお蕎麦屋さんはサル山のボスのような存在だそうですから、お客が遠慮しなければ致し方ありません。
それに富山の方だそうですから。
これ以上書くと、また「店員」さんが出て来そうで怖いので、腕は一流だしお蕎麦はとても美味しいと強調しておきますね

2017/10/09 09:48
確かにこうなると気疲れしますね(^m^)

やっぱ大将ご本人の投稿だったのかしら・・
私なら、ゼッタイ直接訊いてしまいます(笑)
純子
2017/10/09 11:42
純子さま、お久し振り(^^)v
お茶を見た時9割がた大将の投稿だったと思いました(^m^)
僕はゼッタイ訊いたりしませんね(笑)

2017/10/09 14:07
でしょうね(^m^)

私は我慢できない質で(o_o;

それにつけても、蕎麦がき食べたい(笑)
純子
2017/10/12 11:08
純子さま、そうでしょうとも。
純子さまはそうでなくてはいけません

そちらはそばがきなんてないと思うから
瓦そばでも(^_-)-☆

2017/10/12 15:32
お茶が4分の1とは。
大将が自分で入れたわけじゃないのでしょうから、「店員」に指示してそうさせたんでしょうか。
その心理や如何、窺い知れませんねえ。
そばとそばがきは、なるほど、至極まっとうに見えます。
白えびは今も季節ですよね。
本格的な手打ちのお店なら、生を入れてるでしょう。
でも、かき揚げは、食味はともかく、ビジュアル的には below average に見えますねえ。
りう
2017/10/15 22:11
りうさん、それがですね。
このお店は大将が独りで切り盛りしているお店なので、何を隠そうお茶を入れたのは大将本人でした(笑)
僕には心当たりがあるので窺い知れましたけどね(笑)
白海老は完全に冷凍ものでした。京都辺りで活きの良い生白海老は料亭でもないと入手が難しいと思います。
揚げ方は仰る通りですね。きっと天婦羅は苦手なのでしょう。
もりもそばがきも美味しかったのに、もう行けなくなるとは悲しいことです

2017/10/16 10:33
なかなか難しいお店のようですね。
美味しいおそばとそばがきは、じん六さんやいまふくさんで、堪能することで補填ができませんかね?
りう
2017/10/16 22:47
りうさん、それもそうですが、僕はこういうへんこなおやじと対決するのが好きなのです(笑)

2017/10/16 23:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
「大坪屋彦七」のもりとそばがき♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる