仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 久方振りの「味苑」 ジャージャン麺と羽根つき餃子♪

<<   作成日時 : 2017/10/07 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 38 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
ここんところずっと「味苑」の前は素通りだったので、たまには行ってみなきゃと思って、ごみ溜めみたいなガレージに車を突っ込みました。そしてお店の中に入る前に

「本日のお奨めメニュー」の写真を撮ろうとしたところ

お店の中からフロア係りの李小姐がじっとこちらを見ていたので、

写真は撮り辛くなってヤメました。

画像

そしてテーブル席のメニューで見つけたラーメン定食A。

実はこのラーメン定食Aが「本日のお奨めメニュー」に載っていて

写真を撮ろうと思ったジャージャン麺だったのです。

画像

そんなことで、今回はブレることなく

注文取りに来た李小姐にラーメン定食Aを注文したものの

セットがチャーハンになっていました。

この日は脂濃い炒飯を食べる気分じゃなかったのと

炒飯は自分で作った方がずっと美味しいことを思い出して

ジャージャン麺と餃子1人前の単品に変更しました。

画像

最初に運ばれて来たジャージャン麺は結構辛かったけど

つまらぬことにお店の挑戦を感じた僕は、

なにくそ!何のこれしき!と思いながら、必死の面持ちで
おつゆまで一気に完飲してしまいました

もしも周りに人が居たならば、
この人は一体何をしているんだろうと怪訝に思ったことでしょう

画像

さて、そして辛さの余韻も一段落したところで

あの立派な羽根つきの餃子が登場しました。

「味苑」の餃子は、本当はこちらが餃子専門店じゃないのかと

疑うほどの美味しさなのです

餃子のみならず羽根まで2度美味しいこの餃子は

僕がこれまで食べた餃子の中では暫定日本一だと思いました。

でも、僕はその時々の気持ち次第で評価がコロコロ変わる人なので

「味苑」も決して安心は出来ません。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 38
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
おお。美味しそうですね〜〜、ジャージャー麺♪あら?ジャージャン麺?(笑)あの赤さは結構辛そうです〜♪餃子の羽が美しいこと!めちゃ美味しそう〜〜♪昨日水餃子を食べに行った我が家ですが、やっぱ焼き餃子も美味しそう…けっこう餃子好きな我が家なのです♪家では作らないけど…☆
こりす
2017/10/07 06:37
お店や看板メニューの写真は、お店の人と目が合ってしまうと、撮りづらいですね。(笑)ブログに載せる写真は只でコマーシャルしてあげているみたいだと思うのですが、嫌がるお店もあるようで理解しがたいです。
ジャージャン麺、美味しそうですね。決して自慢ではないのですが、私も辛い食べ物はOKなんです。ベトナム料理で鍛えられて、結局辛味に対して鈍感になっただけかもしれませんが。(笑)
羽根つき餃子も食感が伝わってきそうです。なのに、暫定つきの日本一なのですか。(笑)
櫻弁当
2017/10/07 09:19
自宅で食べる餃子は絶対自分で作るわたしです♪
ジャージャン麺のジャンは醤のジャンなのでしょうが、こういう名前の麺は日本では珍しいですよね。
でも中身はジャージャー麺でしたが。
辛さがちょうど好みに合っていて余韻に浸れる美味しさでした
この餃子の羽根は凄いでしょう?水餃子も美味しいけれど、この羽根餃子は思わず食べてみたくなるほどダイナミックでしょう?

2017/10/07 10:19
櫻弁当さん、何も悪いことをしているんじゃないのに、目が合うと何となく気が引けるのは何故でしょう?(笑)
結構余計なお世話と思うお店もあるんでしょうね。
個人経営のお店は変に職人気質の店主も多いから、ブロガーも大変です。
ジャージャン麺、何気ない作りなのですが美味しく辛いという熟練の技を感じました。
ベトナム料理に馴染む生活だと辛いのは自然平気になるんでしょうね。
僕は四川省の重慶で覚えた辛さですが、東南アジアの辛さはまた違う辛さなので、僕なんかはベトナム料理の極辛はいまだに苦手です。
聞くところでは、辛さに強いということは、辛さを感じる味蕾だかが辛いものばっかり食べ続けた結果、役に立たなくなっているからなんですってね(笑)
暫定付は、まだこれからこれを上回る餃子に出会う可能性があるからです

2017/10/07 10:48
店舗写真を撮ってる時に中からこっちを見られてるということはよくありますね。
写真を撮り終えて、中に入った時に、それに気付くとけっこう恥ずかしい思いをします。w
自分もジャージャー麺と読み違えて、画像を見て、変だなあと思いました。
この色は相当辛そうですね。
一昨日、昼はカップで済まそうと、備蓄用のダンボールを探したら、カレーラーメンがあって、よく確認せずに食べたら、それが激辛で、大苦戦しました。
このジャージャン麺はたぶん半分も食べられないと思います。
餃子は美味しそうですね。
もちろん本体が大事なのはわかりますが、羽根があるとどうして美味しいのでしょうね。
りう
2017/10/15 21:57
りうさん、正確にもよるのでしょうが、あれは何となく面映ゆいものですよね。
ジャンジャン麺、中国語的には間違いじゃなく、こういう発音で意味が通じる漢字はあるのですが、ジャージャー麺と内容的には同じものだと思います。
これは見た目は穏やかな色をしていますが、実に辛かったです(笑)
まあ、こういうものはりうさんでも訓練次第で大盛りも食べられるようになるものです(笑)
羽根がつくと、美味しそうと思う気持ちが余計に餃子を美味しく感じさせるのでしょうね

2017/10/16 10:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
久方振りの「味苑」 ジャージャン麺と羽根つき餃子♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる