仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 二度目が最後 「四川」で酢豚♪

<<   作成日時 : 2017/09/03 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 43 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
前回訪れてちょっと興味を持った新都ホテルの「四川」。雰囲気は良かったけれど、肝心の中華料理の味は日本人に合わせ過ぎの感があって、いまいち信念に欠けると

評価したその評価の是非を改めて確認するために、

日を置かずして再び「四川」にやって来たのでありました。

ホテルの駐車場に車を止めると、今回は裏口から入らずに

表玄関へと回ってみました。 単なる万歩計の歩数稼ぎです

画像

少し時間は早かったけど、取り敢えず地下に降りて行って

「四川」のドアを少し開けると、

中にいた黒服さんに「11時半から1人」と予約を通しておきました。

画像

そしてロビーフロアに再び戻ると、

バイキングレストランに付設されたケーキショップで

自宅へのお土産用にショートケーキを3つだけ買いました。

要するに時間潰しです。

画像

さて、時間が来たので「四川」に戻ると、

前回と同じようにセミプライベートシートに案内されたのです。

このお店はそういうマニュアルがあるのか

予約客をそれなりに優遇していることが分かります。

ボーイ君がお冷やを持ってやって来たので注文しようとすると、

ちょっと待ったと言わんばかりに、「先にお飲み物から」と仰いました。

画像

どっちが先でも好いじゃないか

予約客優先のシートへの配慮に反するような

何だか格式ばった注文マニュアルだなぁと思いましたが、

お茶はジャスミン茶しか置いてないのを先般体験している僕は

「冷たいジャスミン茶を早く持って来て、すぐに注文を取ってくれろ」と

マニュアルチックなボーイ君を脅かしてあげました(笑)

画像

そんなことで注文したのは試してみたかった酢豚と担々麺。

酢豚を食べればそのお店のレベルはほぼ分かります

そして、「坦々麺はベリーベリーホットで」と念を押しておきました。

さて酢豚は運ばれた来た時に,ケチャップの匂いがぷんぷんしたので

これはダメだとすぐに分かりました

それでもめげずに食べてみると、肉はかなりの良質ながら

酢豚の命ともいえるコクが一つも感じられません。

それに鎮江香醋の香りが弱過ぎです

画像

これはダメだと思いましたが、兎に角全部食べないと次が来ないので

頑張って全部食べ切りました

昔ならダメだと思った時点でお箸を置いたものなのに

この辺りが自分でも随分変わったなとつくづく思う変化です。

そして運ばれて来た担々麺は、ベリーベリーホットというだけでは

恐らくボーイ君には僕の好みの程度が分からなかったのでしょう。

ラー油の入った醤油さしが一緒に運ばれて来たのです。

画像

酢豚で感じた落胆を何とか担々麺で取り戻して

気分よくお店を出て行くためにと思って

僕は味見もせずにラー油を全部かけ回してみました。

そのお陰かどうかは知りませんが、おかげで担々麺はスープを全部

飲み干すほどの美味しさでした

画像

坦々麺は合格だったとはいえ、やっぱりこの「四川」は

恐れ多い言い草ではありますが一流の味とは言い難いです。

出来れば馴染みになって時々来てみたいと思っていましたが

どうやらこれが最後になる予感がしたので、

完飲した担々麺の器の底に「四川」のロゴが入ったお箸の帯を

静かに置いて記念の写真を撮っておきました。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 43
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
うーむ☆やはり第一印象の感じが当たりみたいですね〜〜☆でも辛さは良いみたい?このお店のラー油と相性が良かったのかしら(笑)それにしてもケチャップの香りの酢豚はガックリでしたねー。食べないと次が来ないって、そりゃそうなんですけど、よく食べられましたねーー人間は変わっていくものです…♪やっぱいろいろ面倒ですよね、ささっと食べてしまった方が早いかもだし。若いときは拘るパワーがありましたね(笑)ワタシは実年齢は達さんより若いはずなのに、気は同年代か案外年上かもしれません(笑)
こりす
2017/09/03 05:12
こりすさん、このお店には期待していたのですが最初の感じた味に対する違和感は酢豚を見た途端に決定的なものとなりにけりました。
スパゲティじゃないんだからトマトの味が勝ってしまってはイケませぬ。
そう、人は変れるものです。こりすさんはまだ残された時間の方がずっと長いのだから、老人みたいなことを言ってないで、まず豚骨ラーメンから好きになって下さい(笑)
担々麺はラー油のお陰でなかなか美味しく戴けましたよ♪
でも、担々麺だけ美味しくても四川の面目は立ちませんよね。
是非勉強をし直して、四川の名前に恥じない味を提供して欲しいものです

2017/09/03 07:02
酢豚でレベルがわかるっておっしゃいますのには
大賛同です(^_^)d

画像の色で、そうかなぁ・・と薄々思いましたが
やはり(笑)

途中で、下げてくださいとおっしゃらないのは
達さまの優しさでしょう♪
そのへん、私はまだまだです(^m^;
純子
2017/09/03 10:17
前回のお茶はジャスミン茶しかないというところから、はて?という気はしていたのですが、やっぱし。
ケチャップの酢豚は、ケチャップで味付けしたパドタイ(日本ではパッタイと言っているかも)みたいなものです。私もケチャップで味付けしたパドタイが出てきたら、本物じゃないなと大いにガッカリします。(笑)
最後の写真の「四川」は器に書いてあったのではないのですね。(笑)
櫻弁当
2017/09/03 11:36
純子さま、この画像の色で分かりましたか
酢豚はほんとお店の腕が出ますよね。
最近は僕もようやく角が取れて好々爺になりつつあるんですよ。
純子さまの毅然とした振る舞いはある意味最大の魅力ですから、角なんか取れないように頑張って下さいよ♪

2017/09/03 16:16
櫻弁当さん、どちらかと言えばシンパシーを感じていた「四川」なのですが、この酢豚を見た途端に堪忍袋の緒が切れました。こんなものを出しちゃいけません(笑)
そうでしょう?パドタイもスパゲティも酢豚もケチャップの味が勝ってしまってはいけません。
期待していただけにガッカリしてしまいました。
器の四川、芸が細かいでしょう?(笑)

2017/09/03 16:22
酢豚からケチャップがぷんぷんはいただけませんね。
黒酢酢豚という選択は考えられなかったのですか?
> ラー油を全部かけ回し
ラー油差しのラー油を使い切ったという意味ですか?
すごいですね。
キッチンスタッフも戻ってきたラー油差しを見てびっくりしたでしょう。
ともあれ、ひと品でも合格で良かったですね。
でも、お店の格からして、それではいかんということなんでしょうか。
う〜ん、何となくわかる気がします。
りう
2017/09/08 22:17
りうさん、期待外れでした。
黒酢酢豚はメニューになかったのですよ(泣)
このお店は新都ホテルというのはシティホテルとしては2ランク下のホテルなので、やはりそれなりのお店しか入っていないのでしょう。
隣りの和食屋さんもそうですが、四川もあまり聞いたことのないお店でしたから(泣)
ラー油は本来使い放題ですからね(笑)

2017/09/09 01:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
二度目が最後 「四川」で酢豚♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる