仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 興味深いお店 「おだしと小麦の130」♪

<<   作成日時 : 2017/09/27 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
以前は確か「伊佐夫」という名前のラーメン屋さんだったように思うのですが、その頃から何となく面倒臭そうな雰囲気を感じて遠慮していたそのラーメン屋「伊佐夫」が

「おだしと小麦の一三〇」という

変てこりんな屋号に変わったと伝え聞いたので、

興味抑えがたくて出掛けてみました。

このお店のある場所は付近にコインがないところなので

ずいぶん遠くのに車を止めて、結構歩いてお店に辿り着きました。

僕の腰痛が悪化したのは、今にして思えばこのせいです。

そんな不便な場所だからみんな自転車で来ているみたいで、

お店の前には何台もの自転車がとまっていました。

画像

さて、店内に入ると丸椅子に座った待ち客が3人ばかし。

でもすぐに席が空いたのでカウンター席に座りました。

辺りを見回してもメニューらしきものは見当たらず

内心若干焦りましたが、

カウンターの隙間に長方形の紙がテープで止めてあり

「当店は小麦そば屋であってラーメン屋じゃない。

ラーメンが食べたければラーメン屋に行け」と書いてあったので、

ラーメンを食べに来たつもりだった僕は恐縮してしまいました。

画像

そして、メニューは裏っ側に貼ってありました。

ロースト鯛出汁と枯節出汁の2種類だけだったので

迷った末に枯節出汁を選びました。

せめて金曜日に来ておれば牡蠣出汁が食べられたのに

今日は火曜日なので何ともまんの悪いことでした

画像

ラーメンじゃなくて小麦そばを待っていると

「野菜を食べながら待って下さい」と言って

お出汁で茹でたのかどうなのか、京野菜が供されました。

こんなものが出て来る麺屋さんは初めてだったので

ちょっと狼狽えましたが、食べなきゃいけない雰囲気だったので

味つけされていない野菜を食べました。

これは見事な無化調です。

画像

苦節出汁の小麦そばは麺とお出汁だけのシンプルな形で

現れました。

カウンターの上にはニンニクはおろか胡椒もありません。

これも無化調なのでしょうか?

まさに麺とお出汁を味わってくれと言う

店主殿の願いが形になったような見事な小麦そばは

一度は味わっておく価値は充分にあると思いました。

画像

苦節のお出汁も煮干しを強調するでもなく、

ことさら技巧を感じさせるものでもないのに

完飲するほど美味しかったのは、

あながち店内を支配する強迫観念のせいとも思えません。

小麦そばは僕には「なるほど」と感心する程度の味だったけど

店主殿のひたむきな姿勢には頭が下がる思いがしました

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 37
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
むむーーー面倒くさい雰囲気のお店は、見事に面倒くさいお店なのですね!!麺はそば粉は入ってるけどそばでもなく、もちろんラーメンでもないという…めんどくさい(笑)そして味のない別野菜に、あくまで麺と出汁のみ…拘りもここまでくるとめんどくさいですねえ。面倒くさい雰囲気って一見さんお断りみたいにわかるもんなんですね(笑)さすが達さんです!でも完飲してしまったお出汁はこれもさすがですね。いろんなお店はあれど、このお店はかなり変わってるじゃありませんか??
こりす
2017/09/27 05:15
こりすさん、見事なものでした。
何に憑かれてラーメン屋が小麦蕎麦屋に変わったのか?
麺なのか、スープなのか?恐らく麺なのでしょうが、ちょっと面倒臭いような拘り方のように思えました。
お客に押し付けるような雰囲気があるのも気になりましたが、だからこそやって来る若いお客もいるので、良い悪いで判断することではないのでしょうね。
かなり変わっていると言えば先付の野菜がそうでした。
先に食べたりしないでラーメンの上に乗せればスープを吸って美味しくなったかなと反省しています。
独特の嗅覚もあんたは別やなのかも知れませんね。
兎に角一度食べてみてすっきりしました

2017/09/27 06:45
USで、10年くらい前に一部の日本料理店から「おまかせ」のコンセプトが始まりました。最初の頃は、頭の固い料理人が、ご飯に醤油をかけて食べるとか(時々見ます、(笑))、自分の思ったような食べ方をしないお客を怒鳴りつけるというようなこともありました。そういう料理人はブリ―シェフ(イジメの料理人)と呼ばれ話題になっていました。怒鳴られてハッと背筋を伸ばし、食べさせていただいておありがとうございますと低姿勢で食べるお客の漫画もありました。今はもうそんなブリーはとおらないし、omakaseという言葉も定着してきました。
ここのお店の話を聞いていて、なんかそれを思い出しました。いえ、べつにこのお店の方がブリーだと言っているわけではないのですよ。お店のやり方にお客が順応しなければならないところが、なんとなく似ているように思うのです。(笑)
櫻弁当
2017/09/27 08:04
櫻弁当さん、USにもそんな時期があったのですね。
今は日本食もポピュラーになって、そういう横暴は通らなくなったということでしょうか?
こちらはそう言うのとはちょっと違うような気がしますが、お客にプレッシャーを掛けているという点では同じかも知れません。
でも本人は真面目に求道されているのでしょうから、僕も緊張して戴きました。
文面からはそれは伝わって来ないかも知れませんが、本当です(笑)

2017/09/27 09:28
ちょっと説明が足りなかったですね。日本料理店そのものはずっと昔からあるんですよ。
「おまかせ」のコンセプトが新しいのは、US人は自分の好みがはっきりしているので、レストランに行って選択の余地がないなどということは経験したことがなかったからです。
おまけに、最初の頃の一部のおまかせシェフは、(幼稚というか如才があるというか(笑))お客に頭から日本式の厳密なマナーを要求して、ちょっとでも外れると怒ったり怒鳴ったりしていたのです。US人はそんなマナーは知らないので脅えあがることもあったわけです。
でも、そんなことは最近は聞かなくなりました。それに、omakaseの高級洋食レストランもできています。
櫻弁当
2017/09/27 10:43
櫻弁当さん、僕が「おまかせ」にではなくお客が恐縮することにポイントを置いて考えたのが間違いでした。
お客の怯え方の理由が違ったのですね。
アメリカ人におまかせの意味が分からないことは分かるような気がします。
コース料理はある意味おまかせのようなものですが、内容が分からない訳ではないですからね。
その点日本のおまかせはコックとの信頼関係で自分が食べるものの選択権を委任してしまう訳ですから、USでは特異な習慣だったのでしょう。
最近はそちらでもおまかせが定着しているということは、どんな料理が出て来るかという楽しみを理解する層が増えて来たということなのでしょうね。

2017/09/27 13:37
小麦そばですか。
元々中華系ではあるけど、そば粉が入ってるから「そば」と言ってるわけですね。
かん水は使ってるんでしょうか?
不当景品類及び不当表示防止法では、生麺の場合、そば粉の比率が30%以上でなければそばと称してはいけないと定められているようですが、どうなんでしょうね?ww
それはともかく、薬味さえ排したシンプルを極めたビジュアルには惹かれます。
スケジュールを調整して行ってみようかな。
りう
2017/10/05 00:26
りうさん、職人さんが求道的になるとこうなってしまうケースもあるんですね。
自らの過去を葬り去って到達した小麦そばは頑張って欲しいものだと思います。
かん水はその風味から使っているように思いました。
不当景品類及び不当表示防止法などとあまり細かいことを仰ると店主殿から叱られますよ(笑)
そうそう、ある意味素の小麦そばを味わうということですから、それはそれで意義深いのですが、それなら素うどんの方がいいなというのが実感でした

2017/10/05 08:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
興味深いお店 「おだしと小麦の130」♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる