仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 手打ち「大坪屋彦七」のすだち蕎麦♪

<<   作成日時 : 2017/09/19 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
北山エリアの閑静な住宅街の一角の、こんなところにお蕎麦屋さんがあるのかと驚くような場所に「大坪屋彦七」はありました。無性にすだち蕎麦が食べたくなって

ネットで検索した結果見つけたこのお蕎麦屋さんは、

実は何年か前にお店の前まで来たものの

偵察に行った由香ちゃんが、「暗くて愛想が悪そう」と言ったので

中に入らずに帰ったことのある因縁のお蕎麦屋さんだったのです

画像

さて開店早々に一番客として中に入ると、

どこに座っても良いかと確かめてからカウンター席に座りました。

確かに第一印象は暗くて愛想の悪そうなご主人でした。

もしかしたら人見知りするタイプなのかも知れません。

しかし愛想が悪いことでは人後に落ちない僕は

ここは「黙っておこう作戦」に出ることにして、

しばらくの間黙ってお品書きとにらめっこしながら過ごしました。

そして間合いを見計らって注文したのは生粉打ちと鴨抜き

それからこの日のメインのすだち蕎麦♪

画像

最初に供されたのは生粉打ちで、そば粉は大野山麓だそうです。

まず感じたのは香りの強さ。

これほど香りを感じるお蕎麦は久し振りのことでした。

モチッとした粘り気もあって、なかなか美味しいです。

この生粉打ちはいいんじゃないかと思いました

画像

さて、鴨抜きは大と小があったので、600円の小を選びました。

鴨肉は僕の定義ではくず肉でしたが、

やや甘さの勝ったあっさり目の鴨出汁が美味しかったから

見事にペロンと完飲して、器をご主人に返しました。

これなら何杯でも飲めそうです

画像

改めてお品書きを見直してみると富山の酒肴が豊富だったので

おもむろに「ご主人は富山の出身なの?」と尋ねてみました。

そうだということだったので、

「富山はなにを食べても美味しいところだよね」と話しを継ぐと

「そうですか?」とそっけなく仰ったところをみると

このお方、富山市じゃなくて高岡市の生まれなのかも知れません。

まあそれは良いとして、肝心のすだち蕎麦。

このお蕎麦は二八でしたが、一本一本にコシが感じられて

生粉打ちよりこちらの方が僕は好きだなと思わせるものがありました。

画像

さて、これだけの数の酢橘の香りをそばつゆに移すには

こういう風にお箸で挟んで絞るのがベストです(笑)

そこで、僕は早速秘技すだち絞りに取り掛かり

マニュアル通り捻って一回転半させようと思ったところ

悲しいことに半回転ですだちがバラバラと落下してしまい

結局失敗に終わりました。

画像

しかしこの「彦七」は穴場でした♪

恐らくこれまで知らなかったのは僕だけなのでしょうが、

それにしてもお蕎麦はどれも美味しかったです。

そばがきなんかも良さげだし、もりも食べてみたいから

近いうちにまた行くことになるんだろうと思いながら

店主殿に「ごちそうさま」と声を掛けてお店を出ました。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 37
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
かわいい かわいい

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
愛想悪くて申し訳ありませんでした、
また、お待ちしております。
店員
2017/09/19 00:07
やあ、ラーメン屋さんこんばんは(^^)v
もちろん行きますとも

2017/09/19 00:11
キャーなんでしょうこの問答無用な感じのすだち〜〜〜(笑)!!ガラスの器とあわせて素敵ですねー!食べたことないんですけど、絶対美味しそう!(笑)香りの強いお蕎麦も魅力です〜〜この間粉っぽい美味しくない蕎麦食べました(思い出してしまった・涙)次回は何を食べるか楽しみですね!少しづつご主人の無愛想も氷解するかもしれません♪
こりす
2017/09/19 05:11
こりすさん、なかなか素敵な眺めでしょう?
こういう夏を感じさせるお蕎麦に硝子の器は似合いますね♪
すだち蕎麦はこちらでも探してから行かないと、どこででも食べられるというものでもないんですよ。
香りが強くてとても美味しかったです。
ラーメン屋の店員さんに言われなくとも是非再訪してみたいです
因みに彦七さんはご主人1人で切り盛りされていて店員さんはいないんですよ(笑)
そんなお蕎麦どこで食べたのですか?東京庵?(笑)
次回は二八のもりとそばがきと、天抜きでも食べて来ます(^^)v

2017/09/19 08:54
一度偵察に行ったけど入らなかったそうですが、面白いお店ですね。
ご主人は不愛想ながら、お蕎麦の腕はたしかなのですね。食べ物屋さんは、やっぱり食べ物が優れているとまた来ようという気になります。でも来満の例もありますし、さて、このご主人の対応はいかなる展開を見せるのでしょうか、そちらも気になります。
すだち蕎麦は涼し気で、香りまで想像してしまいました。
櫻弁当
2017/09/19 12:37
櫻弁当さん、由香ちゃんに見に行って貰ったのですが、確かにちょっと陰気でした。
でも来満と違って時間が解決するような気がします(笑)
お蕎麦は、これはなかなかのものでしたよ。不覚にも日お口食べて感心してしまいました。
すだち蕎麦は本来夏のものなのでしょうか?ガラスの器だったので余計に季節外れの涼しさを感じました。
でも、たくさんの酢橘に納得して、二八のお蕎麦に感心しきりの彦七でした

2017/09/19 17:42
何となく既視感のある画像が並んでますね。
メニューに鴨抜きがあるとは驚きです。
東京の老舗でも見たことありません。
一種の裏メニューで、頼めば作ってはくれますけど。
しかも、大小が選べるとは、親切です。
親切でも、愛想は無いんですね。w
せっかく出身地を話題にしてあげてるのに、「そうですか?」はひどい。
せめて、「自分は富山は富山でも、高岡でして」とかなんとか言って欲しいですね。
酢橘そばは冷え冷えですから、そばが締まって良い感じの食感になります。
そこが魅力だと思います。
ガラスも器も良いですね。
りう
2017/09/27 22:56
りうさんのすだち蕎麦に触発されましてね。
ネットで探し捲ってこのお蕎麦屋さんを見つけました(笑)
こちら、鴨抜き・天抜きがメニューに載っているんですよ。これには僕も驚きました。
実は昨日も行って来たのですが、まるで僕のブログを読んだかのような愛想の悪さでした(笑)
高岡は富山と違い藩主が加賀藩と姻戚にあるらしく、その分気位が高いんですって。
でも、実際は富山の人じゃないかと思いますけど。
すだち蕎麦はそこも魅力ですね。
硝子の器がよく似合うお蕎麦です

2017/09/28 09:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
手打ち「大坪屋彦七」のすだち蕎麦♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる