仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 寺町「猪一」の支那そば白♪

<<   作成日時 : 2017/09/14 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 36 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
いつもは大行列の「猪一」の前を通ったら、お昼時なのに4人しか並んでいなかったので、これは珍しいなと思って4人目の後ろに並びました。普段なら並んでまでは

食べない僕も、「猪一」のラーメンは極めて稀な例外です。

並びながら「やっぱり支那そばが一番美味しい」と思って

注文を取りに来た店員さんに支那そばの白をお願いしました。

白は白醤油ベース。

因みに以前食べたことのある黒は醤油ベースです。

画像

暖簾も看板もない店頭で10分ほど待っていると

席が空いたようで、店員さんに招かれて店内に入りました。

注文は既に通っているので、

厨房の店員さんと話しながら出来上がるのを待ちました。

そして目の前に置かれた支那そばの白。

澄んだスープがいかにも美味しそうです♪

トッピングした支那竹は別皿に盛って出て来たので

その中から2つだけ乗せて、まずは写真を撮りました。

右中央に見える最初から入っている支那竹とは

明かに色が違いますね。

画像

原了郭の黒七味や山椒、一味などが置いてありましたが

僕は敢えて何もかけず、生のままのスープを飲んでみました。

飲んでみると美味しいことは美味しいんだけれど

その美味しさが最後まで続かないのが気になりました。

やっぱり支那そばの黒のスープの方が「猪一」らしいと思わせる

ちょっと弱い感じのスープでした。

でも白のビジュアルは抜群にきれいでしたよ

画像

さて、これまた別皿で刻んだ酢橘が付いていたので、

途中からスープに酢橘を落として味の変化を楽しみました

因みに、麺は時間が経つと柔くなるタイプのようで

写真を撮っている時間が影響したのか

ふにゃっとさせてしてしまったのは不覚でした。

画像

食べ終えてお勘定をした時に、「今日は珍しく行列が少なかったね」と

店員さんに話しながら外に出ると、

何のことはない、十数人がお店の前に並んでいました。

でもこの日は外人さんを見掛けなかったから

やっぱりいつもよりは少なかったのかも知れません。

画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 36
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
不味くてすいませんでした老害さん、
ラーメン屋
2017/09/14 01:46
被害妄想気味なのはどちらのラーメン屋さんなのかな?
それとも阪神ファンなの?

2017/09/14 01:58
ほんと美しい〜〜〜!!ボートでも浮かべたくなるような透け感です(笑)美味しいスープが最後まで続かないと思うのはけっこうあります!!やはり繊細な作りのかなあと。札幌ラーメンはそういうことあまりなかったので(熱さも最後まで熱いし・笑)☆お店を出たら大行列できてたっていうのも良くありますよ!!外人さんは…ほんと都会は多いですよねえ…京都はさらに多いのかなあ…山口ではほとんど見かけないので、見るとなぜに山口などにいるのかインタビューしたくなります(笑)
こりす
2017/09/14 05:11
こりすさん、この透明感は一見に値しますでしょう?
京都では猪一のラーメンが一番美味しいと思うんだけど、やっぱり白より黒でしたね。
スープの味が最後まで続かないってことやっぱりありますか?
札幌ラーメンはねぇ、欅なんかもそうだけど、背脂が被膜になっていて、舌を火傷するほど熱いですよね。
外人さん、京都はいつ外国になったのかと思うほど多いですよ。
山口には昔はザビエルなんかもやって来たのに、最近はあのしたたかなプーチンしかやって来ませんか?

2017/09/14 07:26
ホホ〜、きれいに油やあくを取り除いてありますね。
白醤油というのは、薄口醬油をもっと薄くしたようなものなんでしょうか。出汁をしっかりとらないとコクが薄く(?)感じるのでしょうか。
↑の方、匿名にしてもしっかりIPアドレスが残りますのにね。作ったラーメンにはひょっとしたらクリープが入っているのかもしれません。
櫻弁当
2017/09/14 07:27
櫻弁当さん、実に綺麗なスープですよね。
猪ーへ来るのは、白にせよ黒にせよ、支那そばのこの澄んだスープを楽しむためなのですよ。
白醤油について詳しい知識はありませんが、ウキペディアによると「普通の醤油は小麦粉と大豆を等量で作るが、白醤油は小麦粉と大豆の比率を 9:1 ないし 8:2 のように小麦粉を多く使って作られる醤油であり、糖分が多く、琥珀色で透明な調味料である。つゆや鍋料理などに使われる。金山寺味噌を作る際に出る汁を調味料として使ったのが始まりで、発祥地は江戸時代後期の1802年に三河国新川(碧南市新川町)あるいは1811年以降の尾張国山崎村とされる。
戦時統制下において大豆が不足すると、米を原料とする白醤油の開発も行われ、鳥新商店(ヤマシン醸造)が量産した。」なのだそうです。
↑のような輩は稀に登場するのですよ(笑)
ラーメン屋を名乗って他店のラーメンを擁護するのは如何にも矛盾しているので、恐らく阪神ファンのような盲目的な猪一愛に溢れる方の憤懣なのでしょう。

2017/09/14 08:15
ご無沙汰してしまいました。
葉山から帰ってきて、バタバタしてたもんで、ブログに記事1本上げるのがやっとでした。
白醤油のスープというのは当地にも出すお店がありますが、ここまで透明度が高くはないです。
むしろ新宿の海神という魚出汁の塩ラーメンのお店のスープに似ているように思います。
本当にきれいなスープですね。
味より鑑賞に向いてるかも。w
透き通っている分、やはりコクが足りないのでしょうか。
別皿シナチクはおつまみ用ではないのですか?
色が違うというのは味にも影響してますか?
面白いですね。
蛇足ながら、行列のスカートのお姉さんは美脚ですねと書こうと思いましたが、ちょっと足首が太いかな。
りう
2017/09/23 23:58
りうさん、お帰りなさい。
帰られてからUPまでに時間が掛かったのが気になりました。
この白醤油の透明感は京都でも秀逸だと思います。
新宿に海神という塩ラーメンのお店があるのですね。させて戴きました。
↑ラーメン屋君の癇に障るかも知れませんが、やはり白醤油の限界があるようで、幾ら出汁をきちんと取ってもコクの麺では少し弱いように思えました。
支那竹はトッピング用でおつまみという訳ではないのですよ。写真を撮り忘れてしまったのが残念です。
スカートのお姉さん、少し足が短いのと脹脛に若干の問題を抱えていそうです

2017/09/24 10:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
寺町「猪一」の支那そば白♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる