仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 「かわカフェ」でサーモンガレット♪

<<   作成日時 : 2017/08/09 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 36 / トラックバック 0 / コメント 10

画像
台風5号が近畿地方を直撃しようとしていた月曜日。こんな日の方が空いているんじゃないかと深読みして、雨風の強い中「大傳月軒」にリベンジに行きました。

しかし前回と違うコインに車を止めて

西木屋町通りを北に向かって歩いていると

「大傳月軒」の2軒手前でこんな町屋の路地を見つけたのです。

画像

立ち止まって門の扉に貼られたメニュー看板を読んでみると

鴨川に臨む床のある町屋カフェ&バーのようでした。

メニューにはステーキなどもありましたが

パスタやピザのランチがメインなところを見ると

基本はイタリアンのようですね。

ここで僕は予定通り「大傳月軒」に行くべきか、少し迷いました

やはり「大傳月軒」にはよほど縁がないのでしょう。

やがて壊れかけた門を潜って路地を歩いて行ったのです(^-^;

画像

若干驚いたことに、出迎えてくれた店員は外人さんでした。

お客は2人連れの若い女の子とお1人さまの、女性ばかり3人でした。

そうでしょうな こんなところへ昼間1人で出掛ける男はおりませぬ。

店員さんに鴨川が見える2人掛けの席を所望したところ

この見掛けによらずドライな外人さんは、「この席は2人じゃないとダメ」と

ケチなことを言いました。

こんな台風の日に本気で他に客が来ると思っているのでしょうか?

画像

そんなことだったので、あてがわれた席から鴨川に突き出した床や

壁にところ狭しと飾った昔の京都の町中の写真を

思いっきり撮ってあげました。

画像

そして注文したのは、そば粉を使ったサーモンのギャレットと

今一部で話題のホットチャイ。

先に運ばれて来たチャイを飲みながら、

鴨川と東山の嵐の借景を心ゆくまで楽しみました。

さすが台風、開け放たれた部屋に心地良い風が入ります

画像

ギャレットは1200円と結構場所代が上乗せされた値段でした。

そうですね

ちょっとパサッとしていて味が値段に負けていました。

やっぱり同じ値段ならお蕎麦の方が納得です。

画像

でもまあ、上流の豪雨で急に水かさが増して来た鴨川を眺めながら

鴨川の流れと賽 の目と比叡山の僧兵を天下の三不如意と嘆いた

白河法皇の心情に思いを馳せることが出来たし、

旨い不味いは別にしてそば粉のギャレットも久々だったし、

最近味わったことのない“女の中に男が1人”の雰囲気も味わえたので

「大傳月軒」を袖にして良かったんじゃないかと思いました

だけど、もう来ません(笑)

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 36
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
あはは〜台風だからっていう発想、ワタシもあります!!(笑)だからこそ一人でもおふたり席に座らせてくれたら良いのに…これフランスとかだったら完全に日本人差別と思うとこですが(笑)こういう狭量なお店はいかんですね、観光客向けみたい。でもさすがに素敵なお店だなあ〜〜〜ワタシも住んでたら、一回は行っちゃうかも(笑)さてガレットにもクレープみたいぐるぐる巻きバージョンがあるんですね〜〜四角いのしか食べたことない。こういうのって桜弁当さんが詳しそうなので、桜弁当さんの登場を待つことにしませう♪ガレット自体そうそう美味しいもんじゃないですよね、あんまり美味しいとこにあたったことありませぬ。それで、なんと山口にも一軒あるんだけど、そういう思い込みから入ったことないんですよねー。
こりす
2017/08/09 05:32
こりすさん、そういう発想ってありますよね。どうせなら混んでない方がいいから(笑)
僕なんか喫茶店に入っても20分もいることはないのだから、混んで来たら替わって下さいでいいのだと思うけど。
あんまり儲かっていないから焦っているのかも知れませんね。
ガレット、珍しい形でしょう?僕もこういうのは初めてでした。外国では結構ポピュラーなのかも知れません。
確かにガレットは美味しいものではありません。気まぐれで間違えて食べるものです(笑)


2017/08/09 08:12
全くいけずな店員さんですね。こういうのを頭が固いというのでしょう。(笑)お店自身はなかなか面白そうなのに、もう来ないと思わせるようではいけませんね。
(あ、そうか〜、だから一回しか来ない観光客向けなんだわ〜。(笑))
ガレットは、日本では四角く畳んだそば粉入りのクレープの呼び名らしいですね。そば粉入りのクレープはブレトンガレットといい、ガレットはひとつのものに限らず自由な形のケーキやクレープなどをいいます。だから、巻いたのもアリでしょう。
チャイはマサラ・チャイではないようですね。どっちかというとチャイ・ラッテみたいですね。
櫻弁当
2017/08/09 11:51
畳んでなくて巻いたガレットを初めて見ました。
もしかしたらケチな外人さんがマスターから巻くように指示されていたにもかかわらず、めんどくさ!えいっ!巻いちゃえ!的に作ったのかも(笑)
そこにお住いの達さんはもうその状況に慣れておられて特別な感激もないかもしれませんが他県の者から見れば京都の町屋の路地って宝箱的な魅力があるのですよね。
何の変哲もない狭い路地を入っていったら思いもしなかった素敵なお店があったりするからワクワクします。
最後の一行に笑ってしまいました。
テンプル
2017/08/09 14:04
櫻弁当さん、洋の東西を問わずこういう店員さんはいるものです。
玄関のメニューも英語表記でしたから女性の他に外人さんも多いのでしょう。
こういうところには僕なんか入っちゃいけないんだけど、つい血迷って入ってしまいました(笑)
ガレットそうでしょうね。日本では四角いのが多いけど、西洋では巻いたものも普通にあるんだろうなと思いながら食べました。
味が良ければ四角でも丸めてあってもいいんですけどね
チャイは確かにチャイ・ラテでした(笑)

2017/08/09 14:19
テンプルさん、日本では見掛けませんよね。僕も初めて食べました。
もしかしたら調理中に床に落としたので、エイヤッとばかりに巻いてしまったのかも知れません(笑)
京都の路地の奥にある町屋。確かに魅力的ですね。
最近はこういう路地奥の町屋を使ったお店が随分増えました。東京から来たお客さんなどを連れて行くと喜んでくれるんですよ。
最期の一行は嫌がらせのお返しです

2017/08/09 14:26
こんにちは。

ガレットは友人が美味しいところが
あるといっていたので行ってみたい
と思っていたのですが出店だったよ
うでもうなくなっており食べれず
仕舞いでその後料理番組で作り方を
見たのですが未だに作っておりません。
写真の形ではありませんでした。パサ
っとしているなんて残念。
テレビでのイメージはしっとりだった
のに…確かに1,200円ならばお蕎麦の方
が良いですね。
ミイコ
2017/08/09 16:33
ミイコさん、こんばんは。
ガレット、食べられなくて残念でしたね。
でも、ガレットはあんまり美味しくないから、食べなくてよかったかも知れません
この形は珍しいですよね。僕も初めてでした。
1200円はちょっと高い気がしましたよ。

2017/08/09 18:52
ガレットはフランス料理でしたかね。
両三度食べたことがあります。
あまり男の食べ物じゃないような気がしました。w
櫻弁当さんが書かれているように、そば粉入りのクレープみたいなものですからね。
自分も巻いたものは初見です。
中身はちゃんと玉子が入っているように見えますね。
チャイはカプチーノ風ですか。
これはやっぱり旅する乙女のお店のようですね。
りう
2017/08/11 00:12
りうさん、ガレットはブルターニュが発祥のようですね。
僕も気まぐれで何度か食べたことがありますが、確かに大和おのこの食べるものではなさそうです。
でも巻いたのは珍しいですね。西欧ではそんなこともないようですが。
中身はジャガイモとサーモンが入っていました。でも不味かったです(笑)
チャイは女の子が喜びそうな如何にもって感じで、インド人やアラブ人が見たら怒りそうな代物でしたよ。

2017/08/11 10:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
「かわカフェ」でサーモンガレット♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる