仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 蕎麦屋「じん六」の鯖寿司のしっぽ♪

<<   作成日時 : 2017/07/26 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
じん六さんの言う未だ進化中の鯖寿司がどう変化したかが知りたくて、「じん六」へ鯖寿司を食べに行きました。いつもながらに端正な店構えです。玄関を開けて店内に入ると

生憎満席だったから、入口近くの床机に腰を下ろして

暫く待ちました。

画像

ほどなく4人掛けの席が空いたので、

厨房にいたじん六さんに目で挨拶をしてから席に着きました。

そして、さすがに鯖寿司だけという訳にも行かないので

年配の花番さんにとろろ蕎麦と鯖寿司を2切れお願いしたのです。

画像

更に暫く待っていると、じん六さんが自ら鯖寿司を持って来られ、

「今日はもうこれしかないので食べて下さい」と言って

鯖寿司のしっぽの部分を置いて行かれました。

画像

どうやらこの日は既に鯖寿司は売り切れてしまったようでして

僕の鯖寿司好きを知っておられるじん六さんが

普段は賄いに回すしっぽの部分をサービスで出して下さったようです。

こういうのって嬉しいじゃないですか?

もちろん福井の田舎のとろろ蕎麦も美味しかったけれど

それにも増してサービスの鯖のしっぽは美味しかったのです

画像

さて、鯖寿司もお蕎麦も美味しく食べ終えてお勘定場に行くと

レジ前に立っていたじん六さんが自らお勘定をしてくれました。

お代はとろろ蕎麦の1000円だけだったので

僕が「魚はしっぽの部分が一番美味しいんだから、鯖寿司の代金も

取って下さいよ」とお願いすると、

笑ってはくれましたが、「それは戴けません」と固辞されてしまいました。

画像

そんなことで今回は残り物のしっぽだったので

進化の度合いを確認することは出来なかったけど

最近は人の好意を素直に受け入れる人格に成長している僕は

何となく嬉しい気分になってお店を出ました。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 34
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ああ、これは嬉しいですねえ!それにこれって当たりですよね!なかなかありつけるもんじゃありません♪なんではしっこってだめなのかしら?ビジュアルの問題かしら。売るとむしろ何でも売れるのが端っこですけどねえ…(笑)それにしてもサバの尻尾、めちゃ美味しそうです〜〜売り切れなんて、やはりそこは知られてるんですね〜。とろろもナイスな選択です!食べたい♪
こりす
2017/07/26 05:15
こりすさん、ヒトの情けが身に沁みる年頃となりました。
尻尾のところって思ったより美味しいんですよ♪
でもやっぱり残り物感は拭えないからビジュアルを大切にするお蕎麦屋さんでは出さないのでしょう。
こちらの鯖寿司は美味しい上に安いので人気の1品なんですよ

2017/07/26 10:48
美味しくてお客さんを大切にするお店って最高ですね。それには達さんの人柄にも依るところが大きいとも思います。
それにしても、なぜもうすでに完成された鯖寿司を進化させようとするのでしょうね。例えば、鯖の産地が違えば、それなりの調整が要るのでしょうか。もうそこまでくると素人では測りがたいです。(笑)
櫻弁当
2017/07/26 11:58
櫻弁当さん、ちょっとした親切というのは嬉しいものですね。
僕は人づき合いは苦手な方ですが、合う人とは合うようです(笑)
鯖寿司を進化させる。職人さんの世界は計り知れないものがありますが、コストを考えながら産地を変えたりしながら試行錯誤の最中なのだそうです。

2017/07/26 16:17
何だか、自分と佳蕎庵の関係に近いですね。
鯖寿司の良いところが食べられなかったのは残念でしたでしょうが、まかない用を提供してもらえて、かえって嬉しかったみたいですね。
お気持ちわかります。
今度、佳蕎庵で「ミニ丼の分も払わせてくれ」と言ってみようかな。
りう
2017/08/01 00:09
りうさん、華僑庵さんほど豪気ではないですが、気持ちはとても嬉しいものです。
絵的にはちょっと撮り様がなかったものの、普段食べない部分を味わうことが出来て楽しかったです。
そうそう、出されるからと言ってお金も払わないで食べちゃいけませんよ(笑)
たまに真面目な顔をして言ってみて庵主殿の反応を見るのも面白いかもですね

2017/08/01 10:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
蕎麦屋「じん六」の鯖寿司のしっぽ♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる