仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 西条そば「甲」に絹かわなすの冷やかけおろしを食べに行く♪

<<   作成日時 : 2017/06/06 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 43 / トラックバック 0 / コメント 12

画像
西条駅前から近鉄タクシーに乗って「朔日町の甲まで行ってくれる?」と運転手さんに声を掛けると、「甲?どこだろう?」とこちらが心配になるようなことを仰いました。

何しろ僕は「朔日町 甲」と書いた紙切れしか持っておりませぬ

そんなことで無線でセンターに確認してくれた運転手さんは

信じられないことに道を間違えましたが、何とか「甲」まで連れて行ってくれました。

画像

時刻は11時20分。

元々は行くべき別の目的地があったのですが、

その帰りに寄ろうと思っていた「甲」に連絡を入れたところ

14時頃にはお蕎麦が売り切れてしまうとのことだったから

順序を逆にして、こちらを先に訪れた次第です。

さて、お店の玄関を開けると既に2組の待ち客がいたので

僕は受付票に名前を書いて待ちました。

蕎麦好きだと言っていた運転手さんも知らなかった西条そばの「甲」は

随分と繁盛しているお蕎麦屋さんのようです。

画像

暫くの間店内の様子を眺めながら待っていると

「カウンター席へどうぞ」と若い花番さんから声が掛かったので

僕は厨房に面したカウンター席の真ん中辺りを選んで座りました。

画像

ところが「さあ、絹皮茄子の冷やかけおろし!」と

意気込んでお品書きを繰ったものの

楽しみにしていた絹皮茄子の冷やかけおろしは見当たりません

注文を取りに来た花番さんに「絹皮茄子はないの?」と尋ねると

まだ時期的に早いそうで、メニューに載るのは少し先になるとの悲しい返事が...

期待が大きかっただけに内心ガックリと意気消沈した僕は

放心状態のまま、季節の天ぷら盛りと粗挽きを注文してしまったのです(uso)

画像

しかし何事にも引き摺ることのない僕は、すぐに気持ちを切り替えて

不遜にも、

この西条の水に拘る若い庵主の力量は如何にとチェックに取り掛かりました。

天ぷらを食べ始めてすぐに粗挽きが供されたのは、

これは如何なものかと思いました。

天ぷらを食べてるうちに折角の粗挽きが伸びてしまうので、

僕は天ぷらは冷えるに任せて、粗挽きに取り掛からざるを得なくなったのです。

しかしこの極細切りの粗挽きはナイスでしたよ

画像

京都辺りの技巧的に洗練されたあらびきとはまた異って

舌触りにも喉越しにも野趣を感じさせるものがありました。

しかし、よくよく考えると、わざわざ伊予西条までやって来て

トップ画像が粗挽きではブログ的には地味が過ぎるではないでしょうか?

画像

突然そう思い立った僕は、今度は中年の花番さんを呼んで

西条トマトを使ったとまと蕎麦を追加しました。

このとまと蕎麦は別名をソバゲッティと言うのだそうです(@_@)

果たして庵主殿の遊び心なのでしょうか?

どうもそんな気がしたので、あまり期待しないで食べたところ

トマトがお蕎麦に合うかどうかは兎も角として、

二八なのかそば粉スパゲティなのか(uso)?お蕎麦自体は随分美味しかったので、

なるほどお客が集まるはずだと、心底感心してしまったのです。

画像

しかしまあ、これからお昼ご飯を食べる直前だというのに

天ぷら盛りを含めて3品も食べてしまったのは些か軽率でした。

ちょっと失敗したなという後悔と、来てみて良かったという満足感が

複雑に絡み合う気分の中、

これから行くお店が今日の本番なのだ!と気を引き締め直して席を立つと

お勘定を済ませて外に出て、

近鉄タクシーの無線センターに電話を入れて迎えの車をお願いしたのです。


                                   まだまだつづく

画像



ご参考

これがお目当てだった絹かわなすの冷やかけおろし。

このナスは1個が1kgもあるというから驚きです(@_@)

※写真は甲さんのHPから借用しました。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 43
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
たとえ地味と言われようと、蕎麦は美味しいからトップ画像でも良いのですよでも絹かわなすの写真を見ると、確かにこういう方がと思っちゃいますね…南国といえど、この大きさのナスはもうちょっと後かもしれませんね☆山口産もまだ小さい小ナスなようです☆ちなみに我が家はトマトそばしますよ〜〜醤油としそで和えるので、ソバゲッティとは言えない和風ですが♪
こりす
2017/06/06 05:16
本命のお店に行く前にお蕎麦二品に天ぷら?(@_@。大丈夫ですか〜。(大丈夫とは思うけれど。(笑))
実際、お蕎麦もシェフによっていろいろなものが出来上がるのですね。トマトと合わせる辺り、ソバゲッティともいうように、もうヒュージョン料理の領域ですね。
USのナスも大きいですが、絹かわなすというところをみると皮の薄い品種なんでしょうか。まだナスにはちょっと早い季節だったんですね。
櫻弁当
2017/06/06 06:14
皆様、勘違いされてらっしゃる様なので訂正しておきます!
絹皮ナスは出始めの今、一番大きくて、秋に向かってどんどん小さくなっていきます。
今の時期の絹皮ナスは輪切りにすると、直径が20センチ近くになってしまうので逆に使いづらいのだと思います。
味は一番良い時なので痛し痒しですね。
かず
2017/06/06 07:34
こりすさん、仰る通りです見栄を張ったりしてごめんなさいね
絹かわなすの冷やかけ、いいでしょう。滅多に機会がないので是非これを食べたかったのですが
こりすさんもトマト蕎麦を作るのですか?(@_@)和風なのですね?
冷静に考えればこりいすさんが何を作っても驚いちゃいけないのでしょうが
いずれにせよ、このトマト蕎麦は次善の策にはならなかったです。
でも、お蕎麦は美味しかったですよ♪

2017/06/06 09:30
櫻弁当さん、こうと思ったらつい見境がなくなるのが僕の悪い癖ですね。よく言えば身体を張っているとも取れるけど(笑)
そうですね。地元の西条トマトをどう生かそうかという思いが庵主殿の感性をしてこういう組み合わせを生んだのだと思います。
これは前菜になってもメインにはなり得ないお蕎麦だと思いました。
絹かわなすは既に出回っているようでしたが、このお蕎麦屋さんのラインナップとしてはもう少し後と言った感じでしたよ。

2017/06/06 09:46
店主かずさん、その節は美味しいランチをどうもありがとうございました。
「甲」の絹かわなすがお品書きに載っていなかったのはそういう絹かわなすの特性があってのことだったのですね。
いよいよ明日は本命の貴店のランチです。
記事に何か間違いがあったらご指摘下さいね。
またお会い出来る日を楽しみにしています。

2017/06/06 09:51
絹かわなすは大型で美味しいとなれば、ムサカやパルメザンチーズ焼きにぴったりですね。
櫻弁当
2017/06/06 12:15
櫻弁当さん、そうです
店主かずさんのお店でも絹かわ茄子のグリル、トマトとマロ添えなんてメニューもありましたよ。
洋食にもよく合うようです

2017/06/06 15:58
絹皮ナスなんて、如何にも高級そうな名前のナスは食べたことも見たこともありません。
皮が柔らかなんでしょうね。
ソバゲッティとは遊び心のある店主殿だと思いますが、これもそのうち段々とメジャーなメニューとして拡散されていくのかもしれませんね。
トップ画像を拝見して、この赤いのはトマト?と暫く凝視してましたので、注目度が高かったのですからこの画像で大正解だったと思います。
で、なぁんだ〜オステリア・アリエッタさんじゃなくて甲さんというお店に行かれるのが目的だったのか〜と落胆したのも束の間、なんと!コメ欄に店主かずさんのお名前があるではないですか!!
しかも達さんのリコメに「その節は・・・」とのお言葉が!!
これはもしかして「」となれるでしょうか?
テンプル
2017/06/09 15:23
テンプルさん、泉州名物の水ナスが時期になると毎年戴き物がありますが、僕も絹皮茄子は食べたことも見たこともなかったのですよ。
ソバゲッティはちょっとシャレがきつ過ぎました(笑)
トマトは西条トマトと言って地場の特産のようです。
でもこの写真ではいまいち伝わるものがなかったでしょう?
甲さんに行ったのは前菜みたいなものでした(笑)
勿論かずさんの料理がメインだったのですよ

2017/06/10 00:19
遊び心のある人は好きです。
そば打ちの腕が立つのならなおけっこうですね。
玄治がそうです。
こちらも良い感じではありませんか。
粗挽きにしてはかなり細いですね。
なかなかの技術なのではないでしょうか。
とまとの方はなんとなく二八っぽく見えますが、どうなんでしょうね。
それにしても、茄子で1キロとは驚きです。
直径が10センチ以上で、長さも相当なんでしょうね。
レビューを拝読したかったです。
りう
2017/06/11 23:56
りうさん、そうですね。玄治さんの小型版です
このお蕎麦屋さんは西条の水と野菜に拘っていろんな工夫をされているようです。
粗挽きは確かに細いですね。これも試行錯誤の末に辿り着かれた形のようです。
トマト蕎麦は二八だと思いました。とても食感が良かったですよ。
茄子はかずさんのお店で実物を見せて貰いましたが、驚くほどに大きかったです。10cmは優にあったでしょうね。

2017/06/12 05:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
西条そば「甲」に絹かわなすの冷やかけおろしを食べに行く♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる