仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 突然の来客...蕎麦屋「じん六」♪

<<   作成日時 : 2017/06/30 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 41 / トラックバック 0 / コメント 12

画像
吉祥寺にある昔の取引先の二代目の牧野君から「明日会えますか?」との書き込み込みがF.Bにありました。翌日は幸い予定がなかったので、是非とも会おうと快諾して

翌朝の9時半に京都駅の八条口改札で待ち合せました。

やって来たのは牧野君と新宿にある代理店の幹部の本橋君。

本橋君は4年前に志村けんが時々飲みに来るという

麻布十番の鉄板焼屋で送別会を開いてくれたナイスガイです。

お暇のある方はその時の記事を覗いてやって下さいませな

http://blog.springdeer.org/201212/article_29.html

画像

京都駅で落ち合うと、お蕎麦でも食べに行くかと言うことになって

取り敢えず僕の車に乗って貰いました。

しかし、「じん六」の開店までにはまだかなり時間があったので、

鞍馬街道や一乗寺のラーメン街をドライブしました。

車内であれこれと話をしながら時間を潰してやって来た蕎麦屋「じん六」。

開店まで更に時間があったので、暖簾の前で記念写真を撮りながら

お店が開くのを待ちました。

そして漸く暖簾が上がると、まだ打ち場にいたじん六さんに会釈して

4人掛けのテーブル席に着いたのです。

画像

彼らはとは実に4年振りの再会となりました。

それにしても昔の取引先の若手がわざわざ会いに来てくれるのは

嬉しいことじゃありませんか

彼らは午後から雄琴グランドホテルで会議があるとのことでしたが

そんなことは好いじゃないかと言いながら、先ずは花番さんにビールを注文。

そして運転手の僕は緑茶で久し振りの再会を祝ったのです。

初めて見る可愛らしい花番さんに注文したのは三昧と鯖寿司が3つずつ。

ビールを飲んでいると、花番さんが「店主からです」と言って

薄緑色の見事なそばがきを差し入れてくれました。

いつものことながらじん六さんのご好意は有難いことです

しかし、折角の薄緑色のそばがきなのに、僕の安物のデジカメだと

黄土色の粘土みたいに写っているのがとても悲しいです

でもなぁ、毎回でっかいEOSを持ち歩く訳にもゆかないし

画像

鯖寿司は小振りながら見事なものでした。

とはいうものの、この日の鯖寿司は

人によっては酢が少し勝っていると感じたかも知れません。

僕は長年の経験で編み出した独自の鯖寿司の食べ方を

2人に無理強いしながら、

「美味しいだろう?美味しいだろう?」と強要しました。

どうも、ことが鯖寿司や出汁巻きになると

押しつけがましくなっていけません(^-^;

画像

さて、そば三昧は宮崎産から。

そして群馬産、福井産の田舎と続きました。

どのお蕎麦も通ぶって、先ず何もつけずに食べてみましたが

蕎麦の良い香りが仄かに鼻孔を擽ります。

なかなかよいではないですか

最期に出て来た福井産は見事な鶯色をしていましたが、

これも悲しいことに僕のデジカメでは再現は不可能でした

画像

2人とも若いに似合わず蕎麦好きでして、

終始美味しい美味しいと言って食べてくれたので

わざわざ「じん六」に連れて来た甲斐もあり、面目も立ちました

そうそう、面目と言えば、まだ彼らがビールを飲んでいる時に

じん六さん自らが鴨のロースト(冒頭の写真)を差し入れして下さいました。

それがまた頗る美味しかったので、彼らも一口食べて感心しきりです。

気が向いた時しか来ない僕なのに、いつも過分の厚意を戴いて面目ないな、

これからはもっと来なきゃと、反省しきりの「じん六」となったのです。

画像

そんなことで思い掛けない若い友人たちの訪問を受けて

久し振りにかつて携わった仕事がらみの話がはずみ

ちょっと若返った気分になれました。

もう一度やってみたいとは思わないけど、

話だけなら仕事の話しは実に楽しいものでした♪

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 41
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた
かわいい

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
ほんと楽しそう、会いにきてくれるのって嬉しいものですね!それにつけても美味しそうな鴨とお蕎麦最近の達さんは浮気が多かったから、目にしみます(笑)鯖鮨もそばがきも美味しそう冬も蕎麦だけど、夏も蕎麦ですね
こりす
2017/06/30 05:29
こりすさん、久し振りに楽しい時間を過ごすことが出来ました。昭和の男はやっぱり仕事ですね{%うれしいwebry%
お陰で美味しい鴨とそばがきにも恵まれて、浮気はいけないと反省しきりのじん六でした(^_-)-☆
そうそう、春夏秋冬お蕎麦が一番です

2017/06/30 10:48
楽しい再会だったのですね。じん六さん、こういう機会にぴったりのお店ですね。ご主人の心遣いがなんともよいです。鯖寿司ははがして・・・ですか?(笑)
私もほとんどいつもコンデジで写真をとります。私のカメラの場合、赤がいまいち目で見たような鮮やかな色に撮れません。
櫻弁当
2017/06/30 11:36
櫻弁当さん、昼食を一緒にとなってすぐに、ここはじん六だとピンと来ました。
ご主人も気を利かせて戴いて、とても助かりましたよ
鯖寿司はその通りです(笑)
僕は信じらてないことに殆どの写真はオートで撮っているので、なおさらカメラ任せの色調です(^-^;
やっぱり対象に合わせてモードを変えてちゃんと撮らないとカメラのせいには出来ませんね

2017/06/30 12:58
さすが、逹さんの人柄ですねぇ。引退してもなお、かつての取引先の2代目さんや、代理店さんが訪ねて来てくれるんですもの。慕われてるんですねぇ。
じん六さんの蕎麦も鯖寿司もいいですねぇ。店主さんからの差し入れもさすがです。ここも逹さんと店主さんの深い関係を感じますねぇ。
蕎麦は鶯色なんですか?特殊な挽き方されてるんですか?
やっぱ、昼間っから蕎麦屋でビールか日本酒飲んで、蕎麦食べたいですね。
けいつ〜
2017/07/03 07:24
けいつーさん、デカさんなんかうんともすんとも言って来ないのにえらい違いです(笑)
二人とも蕎麦好きだったので、これはじん六だと思って連れて行きました。
蕎麦も鯖寿司も喜んで貰えました。
そばがきも福井の田舎も綺麗な薄緑色をしていましてね。これはやはりじん六さんの技術ですね。
僕はビールは飲めなかったけど、戴きものの鴨も美味しかったし、言うことなしの昼蕎麦でした

2017/07/03 08:27
嬉しいですね。
仕事抜きで慕って訪ねてきてくれるというのは。
右の人は一瞬ヒロミかと思ってしまいました。
志村けんのことが頭にあるからですね。笑
東村山をあちこち歩いても、志村けんにはお目にかかったことありません。
今はめったに来ないんでしょう。
じん六さんは今度こそ行くつもりです。
11月4日の開店時間に合わせてというのが今のところの計画です。
食べ終わって、即、京大です。
りう
2017/07/04 23:57
りうさん、やっぱり嬉しいものですよ。現役時代の評価みたいなものですからね。
右の人は八王子じゃなくて少し手前の吉祥寺です(笑)
志村けんは今も麻布十番辺りを徘徊中らしいですよ。
じん六さんへは11月4日11時45分ですね。メモしました
ホテルにお迎えに行って、京大までお送りしましょう

2017/07/05 06:41
いくら隣県に来られたとはいうものの、わざわざ会いに来てくださるなんて、しかも昔の取引先の2代目のお方が!
これだけを見ても、現役時代の達さんが如何に素晴らしいトップでいらっしゃったかを窺い知ることができます。
企業戦士としてはいうに及ばず、取引先や部下の方々に対しても情が厚くていらっしゃったのでしょうね。
志村けんさんがよく行かれるお店での記事は覚えていますよ
テンプル
2017/07/06 12:16
テンプルさん、たくさんのコメントどうもありがとう(^^)v
そうなんですよねぇ。あれだけ面倒を見たデカさんなんか東京転勤を終えて大阪に戻って来てもうんともすんとも連絡がないのに(笑)、取引先の若い人たちは何年経っても忘れずに会いに来てくれるのがとても嬉しいです。
きっと社員教育は間違っていたのでしょうね
志村けんの記事覚えていて下さいましたか。さすがです

2017/07/06 21:26
京大はともかく、じん六さんはご一緒したいです。
りう
2017/07/08 23:08
りうさん、了解です。
楽しみにしています(^^)v

2017/07/09 00:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
突然の来客...蕎麦屋「じん六」♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる