仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 鮨「魚助」のおまかせ♪

<<   作成日時 : 2017/06/26 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 46 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
お昼のいつもより遅い時間に鮨「魚助」に寄り道しました。この日はプチ散財したい気分だったので、席に着くと店主殿に「おまかせでにぎって貰える?」と早々に白紙委任です。

それを聞いた店主殿は、「今日はいいところに来ましたよ。

この時期だけの淡路島のウニや、アワビも仕入れて来たからね」と

期待を持たせることを仰ったのです。

でも結論からいうと、単に忘れたのか、夜のネタに残しておいたのか

アワビには最後までお目に掛かることはなかったのです(笑)

画像

そして淡路島のウニ。

僕は冷蔵ネタケースの上に並んでいた淡路のウニの舟を

「これ撮ってもいいかな?」と言いながら、

店主殿の了解を得る前にカメラを構えて撮ってしまいました(^-^;

この輪郭の弱くて淡い茶色も淡路のウニの特徴のようです。

画像

さて、最初に現れたのはホタルイカ。

ぷりぷりっとした大粒を酢味噌で戴きました。

でも何ですな。

幾らプリッとしていても、不思議なことに今の時期だと有難味は感じません。

それでも旨いには違いないので、

僕にしては珍しく、1つずつ味わいながら食べたのです。

画像

にぎりはお決まりの赤身と中トロの南マグロから。

このマグロは店主殿目利きの1品だけにとろけるように旨いです♪

マグロのにぎりは味わういとまもなくペロッペロッと飲み込みました。

江戸っ子はこうでなくてはいけません。

画像

そしてお次はワタ付きの剣先

鮮度は若干劣りますが、こういうイカを目の前にすると

あの「天ふじ」を思い出して、無性に青森に行ってみたくなりました。

「寿司一」の大将や謎の横山商店の春ちゃんにも

もう一度会って今生の別れをしたいものです

画像

海老は茹で上げて、まだ有頭のままボールに収まっている時に目にして

これはずいぶん立派な海老だなぁと感心していたところ、

店主殿がその中の1尾の殻を剥き始めて、改めてその大きさにビックリです。

いつものより一回りは大きいのではないでしょうか?

噛み応えも、噛んだ時に口の中に広がる

あの茹でた海老独特の香りもナイスだったので

久し振りに海老らしい海老を食べたと、感涙にむせびそうになりました

画像

さて、このハマグリは日本産だと思いたいのですが、

最近の日本産ハマグリは値段がべらぼうなので、どうなのでしょう?

かつて、これは日本産に間違いないと思って食べたハマグリが

実は韓国産だったということがあってから

ことハマグリに関しては自信を喪失してしまっているので、

敢えて店主殿に確認したりせずに、日本産だと思い込んで食べました。

この日は〆て7000円払ったから、日本産でもおかしくはないのですが、

しかし、どうも嫌な予感は拭えません(>_<)

画像

そして鯛と蒸し穴子。

穴子には薄い甘ダレが塗ってあって、細身ながらも結構食べ応えがありました。

鯛はまあといったところでしょうか?

というか、実は僕は鯛の美味しさがよく分からないので

値打ちが分からないままにペロッと嚥下したのです。

画像

そして先ほどの穴子の上半身だという煮穴子は

これはまた立派なものでした。

こちらの店主殿は江戸前の修行が長いながら

煮穴子の味付けをオムライス以上に研究していることは

間違いないと思える、なかなかの京風なのです

この煮穴子もちびちび味わったりはせずに、

丸ままごくりと飲み込みました(uso)

画像

店主殿のコースは鉄火巻が出て来たらこれで終わりの合図です。

僕はこの鉄火巻きより何かもう1つネタをにぎってくれた方が嬉しいと

いつも思っているのですが、元来気の弱いところがあるから

今回もそれは言わずにペロリンコンと食べてしまいました。

画像

そんな思いが伝わった訳ではないのでしょうが、

店主殿は珍しく玉水を作ってくれました。

お鮨屋で食べる玉水や玉赤はどうしてこう美味しいのでしょう?

画像

今回は店主殿もおまかせと言われてあれこれネタを考えていたのか

あまり雑談をすることもなく、

お互いが食べさせる、食べるに専念した40分となりました。

淡路島のウニ、大きな海老、ワタの入ったイカ、そして2種類の穴子

みんな格別美味しかったので、

「いや〜今日は全部旨かった」と店主殿を喜ばせるようなことを言って

「ほんとはアワビも食べたかったなぁ」と後ろ髪を引かれながら

それは言わずにお勘定をお願いしたのでありました。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 46
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
あははっ散財したい気持ちって面白い(笑)久しぶりの魚助、うれしいです♪いいネタが揃ってて、やはり達さんは呼ばれたのでしょうね♪それにしてもアワビは面白すぎます、きっと量が少なかったのを思い出したんでしょう(笑)ホタルイカおいしそう〜〜海老もすごいですね〜〜ワタシも〆はなにかもうひとつにぎりがほしいですね。ご主人としては〆のサインが欲しいということなんでしょうが…玉水っていただいたことない〜お鮨屋さんのお吸い物は格別です♪これが〆のサイン…って毎度出ないんですものね☆アワビのおわびかな(笑)
こりす
2017/06/26 05:36
こりすさん、たまに昔みたいに散財したくなることがあるのですよ(笑)
財布に持ち合わせがない時でも花見小路までのタクシー代さえあれば、きららに行って女将さんに帰りのタクシー代として5千円さえ借りておけば、3軒ばかしクラブやバーを飲み歩いて遊べた現役時代が懐かしいです♪
ほんとこの日はアタリの日だったようで、珍しい淡路島のウニにもお目に掛かることが出来ました。
アワビはどうしたことなんでしょうね?ネタに比べて値段が若干高かったから、もしかしたらアワビは出したつもりで忘れていたのかも知れません(笑)
〆は鉄火じゃなくて八角かソイでもいいですよね
玉水は生卵を1つ入れるだけなんだけど味が変わるんですよね♪
もしかしたらお詫びだったのかも知れませんよ(笑)

2017/06/26 09:07
のっけから、これは美味しいに違いない! ウニの画像にウーン・・羨ましい(笑)

味の良し悪しにこれほど違いがある食材はございませんものね。
ひどいのになるとクロコダイルのような石鹸のような味がします(o_o;
最近はずいぶん美味しい回転寿司が増えたとはいえ、以来ウニだけは手を出せません。

あ・・実は私も鯛の味が分からない部類です(笑)
鯛の刺身と言われてもちっともありがたみが無くって
鯛は茶漬けにするのが一番です(^m^)
純子
2017/06/26 09:55
「淡路島のウニや、アワビも仕入れて」って、ウニは出たけれどアワビは出てこなかったんですか。(笑)
でも、他のネタも美味しそうですね。魚助の店主殿の拘りを感じます。
落とし卵のお吸い物は、玉水というのですか。
で、お酒は?
櫻弁当
2017/06/26 11:00
純子さま、長文も書けるのですね
ウニはほんと産地と食べたお店に寄りけりです。
函館の朝市で食べた山盛りのうに丼の不味かったこと今思い出しても背筋に寒気を覚えます
鯛は純子さまもそうですか?意外なところで意見が合いましたね。
鯛飯に使っても美味しくないし、お茶漬けを食べる歳でもないし、難しい問題です

2017/06/26 13:42
櫻弁当さん、店主殿はきっと出したつもりで出し忘れたんだと思います(笑)
今回も結構美味しいものばかりにぎってくれました。こういうお店は得難いです
吸い物に卵を落とすとぎょくすい、赤出汁だとぎょくあかと言うのですよ。
お酒は長い間飲んでおりません

2017/06/26 13:47
おまかせですか。
良いですね。
魚助さんでは丼物が多いので、こういう握りを拝見するのは久しぶりですね。
気取らない、実質本位な感じが伝わります。
ハマグリは見分けが難しいです。
内湾物と外洋物の違いはわかりますが、産地まではなかなか。
玉子入りのお吸い物は玉水と言うんですね。
玉赤も同じですか?
憶えておきますね。
りう
2017/06/29 22:47
りうさん、久し振りのおまかせでした。
魚助では昼間ですからいつも7000円のおまかせという訳にもゆかなくて、丼ものかお決まりを食べることが多いですね。
でも、たまにはにぎりも食べたくなります。本当なら夜がいいのですが
ハマグリはホント難しいです。あの桑名でさえ韓国ものが出回っているのですから(笑)
玉水、玉赤、少なくとも大阪のお寿司屋さんでは昔からこう呼ぶんですよ。

2017/06/30 02:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
鮨「魚助」のおまかせ♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる