仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS イタリア料理 「アルフォルノ」♪

<<   作成日時 : 2017/06/22 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
油小路通りの竹田駅寄りに昔からある古びた外観のイタリア料理店。僕はこれまでずっと素通りしていたのに、この日はどうしたことか駐車場に車を止めてしまいました。

この辺りはかつては田んぼや畑だったところが急速に発展したので

普段駐車場に止まっている上等な車から想像して、

国や企業に土地を売った地主の家族達の社交の場になっている

ちょっとシックなレストランじゃないのかと思っていました。

画像

さて店内に入って行ってそういう目で見てみると

道路沿いの窓に面したフロアには

何とはなしの不労所得感を漂わせた常連さんで満席でした。

そんな状況だったので、一見さんの僕は一段高くなったフロア席の裏手の

厨房が見える殺風景な席に案内されたのです。

この時点で「何だかなぁ」とちょっとテンションが下がってしまって

ランチのメニューもなおざりに見てしまい

取り敢えずパスタは食べたくなかったので

よせばよいのに2000円程度の牛フィレグリルセットを選びました。

画像

注文してからすぐに、「2000円で牛ヒレのグリルはないわなぁ」と

後悔したものの、既に遅かりし由良助です。

注文してから出来上がるまでに結構時間が掛かったので

スープやサラダはあっという間に片づけてしまって

画像

分厚く焼いた大盤振る舞いの大きなパンにまで手を付けようとしましたが、

待てよ、待て待て、牛フィレをパンの上に乗せて写真を撮らなきゃと

冷静な自分がパンを食べようとする自分を押しとどめたのです。

画像

そんなことで漸く運ばれて来た牛フィレのグリルには

驚いたことに、たっぷりとソースが掛かっていました。

この味に特色のない大量のソースには正直困ったけれど、

肝心の牛フィレ肉はかなり固かったものの2000円にしては上出来で

パンに乗せて食べるとちょうどよい塩梅だったので

牛フィレが来るまでパンを食べずに残しておいた先見の明に

我ながら感心したのです

画像

食べてみてすぐに感じたことは、やっぱりこちらの得意料理は

牛フィレのグリルじゃなくて、パスタのような軽い料理にあるようです。

そいう意味では「取り敢えずパスタは食べたくない」と思った時点で

選択をミスってしまったということになるのでしょう。

画像

しかし、写真で見るように値段の割りにボリュームはたっぷりで

お得と言えばずいぶんお得感があったので

僕は基本お得よりも美味しさなのだけど、

こういうのもランチとしてはアリなのかもと勉強させられるものがありました。

人生70年、なお持つべきは謙虚な心と向学心です(^_-)-☆

画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 37
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
むむ〜〜このお店の概観は一見さんには入りづらいかも…☆最近は、だめかもなあと思いつつもお店の玄関に引き込まれていく感じですね(笑)どんなものか見てみよう的な感じでしょうか♪見た目柔らかそうなお肉なのに、固いのは残念☆でもパンに乗せるとめちゃ美味しそうです!イタリア料理屋さんで、ピザやパスタ以外のものを食べるのも楽しいですね♪
こりす
2017/06/22 05:14
むむ・・・このソースのかけ方何でしょうね。上にかけるより下に敷いてくれたほうが調節しやすいのに。(笑)
それと、ソースをよく見ると、赤っぽいものと茶色っぽいものとの2種類ですね。赤っぽいものは肉汁でもなさそうだし、何でしょうね。
アル・フォルノは料理名でオーブンで焼く料理の仕方をいうそうです。例えば、パスタ・アル・フォルノは焼きパスタとか。謙虚な心と向学心で調べてみました。(笑)
櫻弁当
2017/06/22 08:13
こりすさん、そうなんです。入るには相当の気力が必要でした(笑)
確かに最近の傾向は分かっていながら引き込まれるように入って行くパターンが多いです(^-^;
恐らく怖いもの見たさなのでしょうね。
ヒレ肉は2000円にしては頑張っていましたが、いつも本ものの肉を食べている僕にはかなり物足りなかったです(+_+;\ペチッ!
でもパンに乗せるとちょっと味がよくなりましたよ
そうそう、イタリア料理店ではピザやパスタ以外のものに美味しいものがあるのですが、今回はどうやら選択をミスったようでした☆

2017/06/22 09:29
櫻弁当さん、そう思われるでしょう?あんまり特徴のないソースがこれだけたっぷり掛かっていると何だかげっそりしてしまって。
普段ならパンで拭ってきれいに食べるんだけど、早々に断念しました。
ソースは実のところ赤ワインが入っているのは分かったものの、何が何だかよく分かりませんでした。
僕の場合これはダメだと思ったら急に探求心も向学心もなくしてしまうものですから(^-^;
アル・フォルノにはそういう意味があるのですね。
櫻弁当さんのお陰でまた1つ勉強になりました

2017/06/22 09:37
最近、徐々に欧風が増えているようですね。
ちょっと前はエスニックでしたけど。
この外観、地主の社交場というのは田舎臭いという意味でしょうか?(笑)
こりすさんとは受け取り方が逆かもしれませんが。
スープとサラダを見たところ、あまり期待できそうもない感じですが、メインは期待以上だったようですね。
焼き加減も達さん好みに近かったようですし。
やっぱり牛はレアですね。
りう
2017/06/27 00:39
りうさん、残り少なくなって来た我が人生、そろそろ洋食にも親しんでおかねばと思ったりして(笑)
京都のエスニックは食べ尽した感があるので尚更ですね
余り露骨には言えませんが、そういった雰囲気がそこはかとなく流れていました。ここがオシャレだと思っている田舎の有閑階級のランチスポットと言った感じですね。
決してヒレとは言えないローストビーフ風の牛肉は2000円にしては上出来でした。
やっぱりレアじゃないといけません

2017/06/27 08:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
イタリア料理 「アルフォルノ」♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる