仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 他愛のない話A 丹波橋「志げる鮨」の出前♪

<<   作成日時 : 2017/04/30 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 41 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
少し前の話になりますが、妹夫婦が別府から母を尋ねてやって来た夜、あの黄檗の「志げる寿司」の小森の大将が若い頃に修行をして暖簾を分けて貰ったという、

丹波橋にある元祖「志げる鮨」に電話を入れて

にぎりとお吸い物の出前をお願いしました。

本当は引き取りに行ってでも黄檗の小森の大将がにぎってくれる

あの豪快なネタが食べたかったのだけれど

歳を取るというのは厄介なものですなぁ...  あれだけ腰の軽かった僕が、

黄檗までの往復1時間が億劫に感じるようになってしまって

画像

そんなことで丹波橋の志げる鮨に電話を入れて、上のにぎりをお願いしたのだけれど

待てよ、もしかしたら前回は特上を注文したのかも知れないと思って

「特上はあるの?」と電話の向こうの男性に尋ねてみました。

そうしたら、「特上はありますが時価になります」という返事。

確か前回は女性だったけど、彼女はそんな持って回ったことを言わず

はっきり値段を言ってくれたような気が...

今回は黄檗の小森さんの名前を敢えて出さなかったのが影響したのかな?

いずれにしても僕は「ああ、そうなの?」と言って

凡その値段さえ聞かずに特上を注文しました。 相変わらず太っ腹なお方です

というか...今回は母がご馳走してくれるということだったので

予算は無限大に等しかったのです(^-^;

それにしても時価という言葉、久し振りに聞きましたな。

画像

「それでもいいよ」ということで配達して貰った特上にぎり5人前。

やっぱり黄檗の志げる寿司ほど豪快ではないけれど、

見た目も結構端正で(面白みには欠けるけど)そこそこのネタを使っているようでした。

本来別府の住人に京都のお寿司を出すなんて無謀なんだけど

義弟は何でも喜んで食べてくれる人なので、美味しい美味しいと言ってくれました

どうせ母は全部は食べられないだろうと思って、「残すのなら頂戴」と声を掛けると

最初は「要らないものはないわ」と予想に反した強気な発言が返って来ました。

でも結局食べ切れないと分かったようで、

3番目の写真の4巻を僕に下げ渡してくれました

因みに、マグロ2カンのうちの1カンは妹が恵んでくれたものです。

そして家人も3カンばかし食べ切れないということだったので

有り難く戴きました。

そんなことで都合8カンをゲットして合計18カンも食べました

やっぱり黄檗の志げる寿司には敵わないのが残念だったけれど

これは自分の楽しみじゃなく妹夫婦のための出前なんだからと思い直して

有難く戴きました

画像

因みに時価と脅迫されたお値段の方は3万は優に超えると思っていたところ

お吸い物付きで、なななんと...26000円でした

黄檗の志げる寿司の特上にぎりなら、とてもこの値段では収まりません

と、...最後まで黄檗の志げる寿司を持ち上げる僕でした








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 41
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
あはは♪やはり志げる鮨は黄檗だとわかっていても、面倒には敵わない…ですね♪といって、結局はおいしい訳ですし〜!しかも安くついたし♪って、世間では安くないですけど!!!(汗)久しぶりのお寿司でしたね〜おいしそうです♪今日はちびの授業参観です。中学生にもなって授業参観だなんて…面倒くさいです☆
こりす
2017/04/30 05:14
こりすさん、そうなのですよ。僕にとっては黄檗の志げる寿司は絶対なんだけど、寄る年波がそれを面倒に思うようになってしまって(笑)
確かに一定の質はあったし安くついたけど、満足感がないのは何故なのでしょう?(笑)
でもね、魚助とは違う街のお寿司屋さんのにぎり寿司を食べたのは久し振りだったし、何を隠そう支払いは母が出してくれたので、文句を言う筋合いは全くなかった訳なんですよ(笑)
さすが教育県の山口は中学になっても授業参観があるのですね?(@_@)面倒だなんて言わないでガッツで行って来て下さい(^^)v

2017/04/30 08:17
美味しそうなお鮨ですね。私も、「要らないものはないわ」と言いたいです。(笑)
こちらで、一つ一つ注文すると慣れない人なら赤痢にかかりそうなお鮨が一カン3ドルくらいはすることを考えるとこの特上にぎりはお買い得です。
18カンも召し上がって満足感がないって・・・あ、なるほど、満腹感とはまた違うんですね。(笑)
櫻弁当
2017/04/30 11:30
櫻弁当さん、こちらは生ものには恵まれていますよね。
お寿司でいえばテイクアウトから回転寿司、普通のお寿司屋さん、ネタに拘るお鮨屋さんと選択肢が多いのも有難いことです。
日本でも昔初めて元禄寿司が回転寿司を始めた頃には、江戸っ子は口を揃えて「あんなもの食べたら赤痢になる」と吹聴したものですよ(笑)
満足感と言うのは結局何か基準があって、それと比べているんでしょう。貪欲はいけませんね(^-^;

2017/04/30 13:48
時価というのはその時々で値段が変わるということなんでしょうけど、今現在の値段が答えられないというのは妙んなもんですね。
あまり経験が無いもので、そのあたりがよくわからないのですが、深く追求するのはやっぱり野暮の極みなんでしょうかねえ。
3枚目の写真ですが、海老がやたら大きく見えますね。
りう
2017/05/06 23:26
りうさん、ネタを指定して仕入れてくれと言っている訳じゃないから時価と答えるのは変ですよね。
野暮を承知で追求すれば、今回は黄檗の志げる寿司所縁の者だと名乗らなかったから、単に一見扱いされたのでしょう。お店屋さんというのはそんなものです(笑)
海老が大きく見えてしまうのはFinePixの光学系の弱点ですね

2017/05/07 08:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
他愛のない話A 丹波橋「志げる鮨」の出前♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる