仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 初めてのスロベニア料理 「ピカポロンツァ」♪

<<   作成日時 : 2017/04/25 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 14

画像
ネットで見つけたスロベニア料理の「ピカポロンツァ」に行ってみました。因みにこのお店は日本で唯一のスロベニア料理店なんだとか。そもそも僕の知るところの東欧の料理というものは

その味は様々ながら、見た目は実質本位の誠に地味なものなので

この「ピカポロンツァ」もどうなのかな?という不安はありました。

しかし、僕には急に思いついた京都の各国料理を食べ尽すという

世間的にはどうでもよいと思われる使命感があったので、

その不安を押しのけての訪問となったのです

画像

さて、ランチタイムを大きく過ぎたもうすぐ3時になろうかという時間帯でした。

食事を終えた女子大生らしき若い女性が1人出て行くのと

すれ違うようにして階段を上がると、

画像

こじんまりとした女子寮の食堂のような店内にはお客は誰もおりません。

僕は入口の傍の厨房に近い席に座るとメニューを手に取って、

さて何を食べるべしか?と思案しました。

やっぱり何を食べればよいのか分からない時は一番値段の高いランチでしょう

画像

「ウエルカムドリンクです」と言ってママさんが持って来てくれた

酸味の効いた林檎ティーを飲みながら、「スロベニア料理は初めてなんですよ。

クロアチア料理は食べたことがあるんだけど」と話しかけると

「それは東京のドブロでですか?」と見事に当てられてしまいました

こう言うお店の経営者は同業者のことはよく勉強しておられるようで感心しました。

画像

厨房の中の店主殿は年配の外国人。恐らくスロベニアの人なのでしょう。

コースの最初に出されたパンは自家製のスロベニアパンなのだとか。

過日食べたロシアの黒パンと比べると、ずっと柔らかくて食べ易かったです。

画像

ママさんが見せてくれたスロベニアの紹介冊子によると

この国の名産はワインと生ハムなのだそうです。

僕はチーズが豊富なのかと思って、ママさんにチーズの盛り合わせはないの?と

尋ねたところ、意外なことにチーズはそんなに有名じゃないとのことでした。

そんなことで運ばれて来た2種類のハム。 生ハムではありません

付け合わせの隠元豆やブロッコリーは美山にある農園で自家栽培なのだとか。

画像

酸味を感じるスープも豆類が底に溜まるほど具が豊富なところに

スープもおかずのうちという東欧の食事らしさを感じました。

画像

そしてメインの料理はバクラヴァとかいう甘さは控えめなペイストリー。

料理というより焼き菓子感覚で誠に地味でした。

付け合わせはアンティーチョーク、 芽キャベツ、 カリフラワー。

これも自家栽培だそう。

やはり地味過ぎるので冒頭の写真をハムに変えようかなと迷いましたが

それじゃスロベニア料理の真実が伝わりにくいので、

せめてもと思って冒頭はフォークで刺したカット面を使うことで妥協したのです。

たかが食べものブログ、されど...ということで、いろいろ葛藤はあるのです。

画像

食後のお茶には小さな焼き菓子が付いていました。

こういうお菓子にスロベニアらしさを感じてしまうのは 

何とか良いところを見つけようとする僕の優しさなのでしょうか?

そういえばお皿もどれも素敵ですよね。

画像

ふと壁際の棚を見ると、ワインとビールが並んでいました。

ワインは料理に使うには高すぎると思った訳でもないのですが

麦酒を1本持ち帰りたい旨ママに伝えてテーブルの上に置いて貰いました。

しかし、何たること(@_@)サンタルチア

この麦酒はよく見るとチェコの麦酒だったのです。

やっぱりワインを買うべきだったかな。 まあ、いいんですけどね

画像

そして食後の水菓子はクルミのケーキレモンシロップ漬け。

これはとても美味しかったので、母と家人用に2つ包んで貰いました。

それでもやっぱり見た目はきんつばみたいで地味ですね。

画像

食後のお茶は蜂蜜入りのカモミール。

容器がちょっとな、と思いましたが、

さっぱりとした味わいでなかなか美味しかったです。

画像

お店の名前を和訳すればてんとう虫。

ママさんも気さくで親切な方だったし、

何とはなしにスロベニアの雰囲気も感じられたので

久し振りにほっこりとした時間を過ごすことが出来ました。

画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 34
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
かわいい かわいい
驚いた

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
最近サンタルチアが頻出してるような(笑)なんか味の想像つかないお料理ですが、全体に地味ではあれど、まあまあおいしいようでしたね♪おいしいからと言って包んでもらったりするのも、一期一会な旅のお土産のようですね(もう行く事はないのでせうね・笑)でも気さくなママさんが良かったかな♪黒パンがよく出てくるので食べたくなってきました。そういえばこの間「黒糖ぱん」というのを見つけたんですが、黒パンとは異なものですよねえ???
こりす
2017/04/25 04:58
スロベニア料理とは、珍しいですね。そして全体的に好印象だったのですね。
メインの料理はバクラヴァと呼ばれているのですか。食後のデザートのクルミのケーキレモンシロップ漬けのほうがギリシャなどのあるバルカン半島から中近東にあるバクラヴァというお菓子に似ているようです。
チェコ人は世界一のビール飲みですから、チェコビールは美味しいと思います。
我がファーストレディのメラニアもスロべニアの産で、スロベニアも世界に進出しているのかもしれませんね。(それ以上は何も言いますまい。(笑))
櫻弁当
2017/04/25 09:18
こりすさん、サンタルチアが癖になりつつある昨今です(笑)
特に味のある料理という訳ではない地味な家庭料理ですね。でも手は込んでいるようでした。
そうそう、包んで貰うほど美味しいと思うものには滅多に出合わないから、強く印象に残る一期一会だったのでしょう。こういうことも食べ歩きの楽しみの1つですね
兎に角ママさんが気さくな人で感じよかったですよ♪
黒糖パンと黒パンはちょっと違うものだと思いますが、僕には判断しかねます(笑)

2017/04/25 09:48
櫻弁当さん、東欧の料理は食べたことがあるので、料理自体のハードルは最初から下げていました(笑)
恥ずかしながら、僕はスロベニアとスロバキアの区別がつかなくて(笑)
お店に行って地図を見て、やっとその違いがはっきりしました(笑)
お店の紹介冊子によると日本唯一なんだそうですよ。
バクラヴァは確かに甘いお菓子のような説明がありました。どうやら地中海のお菓子だそうですね。
メインの料理の名前をママさんに尋ねたら確かにバクラバだかバクラヴァと仰ったような気がするのですが、今となっては自信がありません(笑)
自宅にはイスラエルやモロッコ、チェコなどの麦酒が堪り始めています。
そのうち飲み比べをしてみますね。
そうそうあの飾り人形のようなメラニアはスロバキア人でしたね

2017/04/25 10:02
ノーノー、メラニアはスロベニア人ですよ。(笑)チェコの隣がスロバキアでもとチェコスロバキアで、クロアチアの西北の隣がスロベニアであの辺りがユーゴスラビアだったところです。
櫻弁当
2017/04/25 10:23
櫻弁当さん、だから言ったでしょう。僕はスロバキアもスロベニアも区別がつかないのです(笑)
スロバキアとクロアチアも僕の頭の中ではいまだにあのチトーが率いるユーゴスラビアのままなのです

2017/04/25 10:39
いいないいな♪

京都いいな♪♪
万国食べ歩きだけでもかなり遊べますものね〜☆
純子
2017/04/25 11:05
純子さま、暇つぶしには持って来いの京都です♪
でも、そちらにも水野や福助や東京庵があるじゃございませんか

2017/04/25 11:12
福助は冬だけオススメ
水野は廃業
東京庵はもってのほか(笑)

純子
2017/04/26 15:54
純子さま、福助は確かに(笑)
水野は廃業ですか?
当然旬彩まさらっぷもないんでしょうね。

2017/04/27 00:09
東欧らしい質実さを感じる料理ですね。
スロベニアという国名でピンと来ないのが、申し訳ないですが、日本では普通のことでしょう。
そう、旧ユーゴでしたね。
地中海沿岸ですから、隣国イタリア同様、ワインやオリーブを産すると思いますが、拝見する限りは、イタリアとの共通性はそれほどでもないような。
末永く頑張ってほしいですね。
りう
2017/05/02 22:50
りうさん、仰る通りです。東欧の料理は押しなべておなかを満たすことに重点があるようです。
旧ユーゴはスロバキアでこちらはスロベニアなんですよ。紛らわしいですね(笑)
見せて貰った写真からは農産物と牧畜が産業のように思えました。隣接はしていてもイタリアのあの明るい雰囲気とは異なるようです。
やはり地中海のあるとないでは大きく違うのかも知れません。
このお店は一部の女子に支えられて地道に頑張っているようでした。

2017/05/03 21:36
小うるさく言って誠に申し訳ないですが、真実は一つなので・・・(笑)
チェコスロバキアは、チェコ共和国とスロバキアに分かれ、ドイツやポーランドの南にあり、海のない国です。
チトーのユーゴスラビアは、今はいくつかの国に分かれ、主にスロベニア、クロアチア、セルビアなどになっています。スロベニアは地中海に面しています。
櫻弁当
2017/05/04 07:41
櫻弁当さん、なるほどね。だんだん分かって来ました(笑)
チェコスロバキアとユーゴスラビアがどこかで混同してしまっているということですね。
真実が1つとはとても思えませんが、最近は知識と思い込みが混同することが多くなっているので、小うるさいのは大歓迎です

2017/05/04 22:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
初めてのスロベニア料理 「ピカポロンツァ」♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる