仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 「稲穂食堂」の海南鶏飯♪

<<   作成日時 : 2017/03/11 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 17

画像
僕が最近アジアの料理を食べ歩いていることを知った由香ちゃんが、「一乗寺に美味しいエスニック料理を食べさせるお店があるけど知っている?」とLINEで知らせてくれました。

そんなことで早速出掛けた一乗寺。

その「稲穂食堂」は何とまあ、「キラメキノトリ一乗寺」の角を

曲がったところにありました。

積み木細工のようなアジアンテイストなお店の2階に上がって行くと

厨房を兼ねたカウンター席を通り過ごして窓際の席に座りました。

時刻は午後1時を過ぎたところ。

お客はベビーカーを通路に止めたママ友が3人のみでした。

画像

僕は南洋風の葉っぱが茂る大きなテーブル席でメニューを開いて

由香ちゃんが美味しいと言っていた海南鶏飯とカオソーイを選んで

お茶を運んで来てくれたママさんに注文しました。

それから飲み物が付いているということなのでアジアンティーを。

画像

大原の自家菜園で作っているという野菜を使ったサラダを

ドレッシングは何もつけずにムシャムシャと食べていると

画像

海南鶏飯用の醤が運ばれて来ました。

1つはタイ風の辛みソース、もう1つは玉葱ベースのオイルのようです。

画像

そして海南鶏飯のご飯は香りの高いジャスミンライス。

鶏肉は僕の苦手なムネ肉のようでしたが、恐る恐る一口食べてみると、

こんなに柔らかい鶏のムネ肉は初めてだと驚くほどの美味でした。

パラパラとしたインディカ米のジャスミンライスも頗る旨いです♪

画像

鶏のムネ肉にはタイ風の辛みソースと玉ねぎオイルの両方を

それぞれ落として食べてみました。

画像

僕は玉ねぎオイルの方が口に合ったので、タイ風は一度だけで

あとは全部玉ねぎオイルを使って食べました。

お陰で普段鶏のムネ肉は残し勝ちなのに、全部きれいに食べることが出来ました。

画像

ジャスミンライスの上にはニンニクチップが沢山乗っていました。

いいですなあぁ、この気前の良さ

ニンニク好きには堪りません

このご飯、気に入ったので一粒残らず食べ切りました

付け合わせのパクチーも美味しかったので、

次回はパクチーサラダを大盛で注文するつもりです

画像

そして、やって来ましたカオソーイ。

実は僕はカオソーイがどんなものだか知らないままに注文したのですが

見た目はなかなか良かったものの

レンゲでスープを一口飲むと、カレーの匂いがプ〜ンとしたので

アイヤー、これはダメだと食欲をなくしてしまったのです

画像

僕はカレーライスは大好きなのですが、カレー粉を使った料理はダメだという

いわば特異体質なので、

美味しそうな鶏の脚も、カレーが染みているというだけでお手上げでした。

画像

そんなことなので、りうさんがお好きで時々やっておられる

天地返しにチャレンジして遊びに掛かりましたが

初めてだった天地返しは見事に失敗してしまいました(^-^;

画像

それならばと思って醤で誤魔化そうとしましたが

どれを使えばカレー味が緩和されるのか皆目分かりません。

もともとカレーの風味を醤で誤魔化すのは無理だと分かっていたけれど

画像

それでも一応唐辛子辛みソースとニンニクを入れて

無駄な努力を試みました。

そして結局殆ど残しました

画像

初めて来たお店で、天地返しした上に殆ど食べずに残すのは

これはちょっとみっともないなと思いましたが

食べられないものは食べられませぬ。

この日はビニール袋も持ってなかったから、これはもう仕方がないと観念して

お勘定の時にママさんに「少し(少しじゃないけど)残してしまってすみません」と

正攻法で謝りました

画像

ママさんは「残してもいいですよ。それよりまた来て下さい」と

寛容なところを見せてくれた上、メニューを書いた手作り冊子をくれたので

僕は「近いうちにフォーとグリーンカレーを食べに来ます」と愛想を振りまくと

店員さんに送られてお店を出たのでありました。

愛想でいう訳じゃございませんが、このお店の海南鶏飯はお奨めです。












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 39
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
おお。インディカ米♪日本米の代わりにするとイケナイけど、アジア料理とするとメチャ美味しそう!やはり適材適所ですな(笑)しかしカレー味を消すのは…チョコくらいでしょうか(笑)そもそも消すのに有効なのがカレー味ですしね☆それにしてもさすが由香ちゃん、よくご存知でしたね♪LINEといえば、今LINE設定で煮詰まってるこりすです〜〜〜もう〜〜(涙)
こりす
2017/03/11 05:13
アララのラ?!ウェイタミニット(笑)
今日の記事はちょっと混乱していますよ。
海南鶏飯とカオマンガイ、カオマンガイはタイの鶏肉をそえたご飯なので海南鶏飯と同じではないかと思います。
そして後に出てきたカオソーイはタイのカレー風味スープ麵です。この麺はラオスにもあって、カオソーイ・ラーオと言われます。これは数日前に出てきましたね。
アラ?と思ったのは達さんはカレーライスの他はカレー粉を使った料理はお好きではないことです。ではカレーうどんは?いや、それよりもカレー風味のヌードルスープもだめなのですか
なぜか達さんらしくないような、ちょっと謎に満ちた記事でした。(笑)
櫻弁当
2017/03/11 06:07
エスニックグルメシリーズ・・・今回は海南鶏飯。海南島の名物でしょうか。海南島といえば、アモイにいた海南島出身の情情ちゃんを思い出しますが・・・まぁ、それはいいですか。(笑)
中国は家でシメてさばく鶏肉が一番新鮮ですから、これも地鶏を使った料理なんでしょうねぇ。シンプルでおいしそうです。自分の好きな調味料で好きに食べられるのはいいですね。
カオソーイ。私も知りません。(笑)これは言ってみれば、チキンカレーかた焼きそばでしょうか。まぁ、たしかにカレー味になってしまうので・・・でも美味しそうな気はしますけどね。ダメだったんですね。
さて、次はどこの国の料理が出て来るのやら・・・アフリカ料理か、バルト3国料理か、ロシア料理か・・・楽しみです。
けいつ〜
2017/03/11 10:30
こりすさん、インディカ米は炒めて食べると美味しいですね。そう、やっぱり適材適所です♪
いや、カレー臭を消すのは無理ですね。カレーは上手に使ってもすべての素材の味を消してしまいます
由香ちゃんは僕のジャンルじゃない変なところはよく知っていましてね。今回は久し振りに役に立ってくれました
とうとうこりすさんもラインを使うようになりましたか

2017/03/11 10:51
櫻弁当さん、近頃の僕はミステイクが目立ちますね(^-^;
カオマンガイより海南鶏飯の方が馴染みがあったのでそちらを使ったら、その後のカオソーイをカオマンガイと書いてしまいました。どちらもカから始まるのがいけなかったのでしょう(笑)
ラオス料理らしいカオソーイ・ラーオは担々麺味だったので、カオソーイがカレー味とはつゆ知らず、ちょっと困ったことになってしまいました。
カレー味はね、実はカレーうどんでも好んでは食べないんですよ。
カツカレー協会会員の手前、おかるでカツカレーうどんをよく食べましたが、カレーラーメンになるともうお手上げなのです。
若い頃はカレーチャーハンなどを気にせず食べていたのですが、歳を経るごとにカレー味はすべての素材の味を消してしまうことに気がついて毛嫌いするようになりました。やっぱり特異体質ですね

2017/03/11 11:02
けいつーさん、情情ちゃん覚えていますよ。
僕は流石に海南島には行ったことがありませんが、恐らく海南島の地元料理なのでしょうね。
確かに中国では庭を歩き回っている鶏を〆て料理しますね。日本でも昔の農家ではそうだったようで、僕も〆たばかりの鶏のすき焼きをご馳走して貰った記憶があります。
いずれにせよこの海南鶏飯は美味しかったです。
カオソーイはけいつーさんのご存じなかったですか。
これには揚げ麺の他にフツーの麺も入っていました。
見た目は美味しそうだったのですが、美味しい海南鶏飯を食べた後でカレー味はきつかったですね。
最近はエスニックを食べ歩いているのですが、京都は珍しい国の料理はあんまりないようなので見つけるのが大変です。
ぼちぼち探してシリーズ化しますね(^^)v

2017/03/11 11:14
はじめまして、いつも楽しく拝読させていただいております。
グルメなブログ主様のご様子なので、恐縮ながら敢えて…
サフランライス→ジャスミンライスなのかなと文中に思いました次第です。
もちろんお召し上がりが実際サフランライスなのかもしれませんので失礼でしたらあしからず。
sui
2017/03/11 14:46
suiさん、こんな好き勝手を書いているブログをいつも見て戴いているとのこと、ありがとうございます。
ご指摘の件、確かにサフランにしては色が白いですね。
近々また行くので確かめて来ます。
どうもありがとうございました。

2017/03/11 15:28
海南鶏飯美味しいですよね!ジャスミンライスの香りが堪りません
私はシンガポールで虜になって時々作っているんですが、もも肉はギリギリ沸騰しない温度でゆっくり茹でて、茹で汁に浸けたまま冷ますと柔らくてジューシーで美味しいですよ ソースは桃屋のきざみ生姜がおススメです。それからジャスミンライスはamazonで買って、寿司飯の水加減で炊飯器で炊けばバッチリです
ジャカランダ
2017/03/11 18:39
ジャカランダさん、ライスもチキンもとても気に入りました。こんなに美味しい海南鶏飯を食べたのは初めてでした。
ジャカランダさんは家で作るほどお好きなのですね。
僕も1回作ってみようかな?でも失敗しそうな気もします(笑)

2017/03/11 23:53
suiさん、夜分すみません。
稲穂食堂で貰った冊子をみたらジャスミンライスと書いてありました。
僕の勘違いだったので早速修正しておきます。
どうもありがとうございました。
最近書き間違いが矢鱈増えているようです(^-^;
またお気づきのことがありましたら宜しくお願いします。

2017/03/11 23:57
今回は、エスニック料理でしたか?
達さんの世界各国の料理を召し上がられる探求心には、本当に脱帽ですm(__)m
カオソーイは、ヽ( ´∇‘)ノもどういった料理なんだ?と思ったら、カレー風味の料理なんですね^^
今回は、達さんの意外な一面を垣間見ることができ楽しかったです^^
夢の配達人
2017/03/12 12:18
夢さん、イスラエル料理に続いてこのお店もアタリでした
各国料理食べ歩きは、まあ暇だから出来るんでしょうね(笑)
カオソーイは知らないままに注文したら酷いことになってしまいました。
僕はあんまり嫌いなものはないのですが、思わぬところで失態を演じてしまいました

2017/03/12 14:38
こちらで、りうさんお得意の天地返しの技を拝見するとは思いませんでした。もちろん私はやったことがありませんし、今後もやらないと思いまーす♪
( ̄m ̄*)ププ
うき
2017/03/13 18:48
うきさん、ああいうことは子供のやることですね。
決してマネしてはいけません(笑)

2017/03/14 00:15
料理は満点ではないけど、何だか許せるお店ってありますけど、こちらもその類でしょうか?
自然光の具合か、細部までよく写ってますね。
ライスはインディカ米とのことですが、きれいな透明度の高いご飯ですね。
こういうのは初めて見ます。
持て余してしまわれたカイソーイは、硬いのと柔らかいのと2種類の麺のハイブリッドですか?
カレーを使っていることだけでなく、他にも味付けの問題があったのでしょうね。
と、思ってしまいました。
りう
2017/03/14 00:48
りうさん、なかなか良いお店でした。料理の選択を間違えたのは僕のミスでしたね。
ちょうど座った場所が良かったので写真はよく撮れていますね
この海南鶏飯は見た目も味も最高でした。芸術的とさえいえる出来栄えでしたよ。
カオソーイは柔らかい麺がメインで固いのは飾りのようなものでしたが、結構量は多かったです。
この料理が進まなかったのは、味付けの問題ではなく、折角美味しい海南鶏飯を1粒残らず食べた満足感の後で思いもしない僕の嫌いなカレー味のスープだったので、精神的にダメージを受けてしまって急性の拒食症に陥ってしまったのが原因です

2017/03/14 19:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
「稲穂食堂」の海南鶏飯♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる