仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 「穴子家」の伝助御膳♪

<<   作成日時 : 2017/03/09 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 47 / トラックバック 0 / コメント 14

画像
全日空ホテルの東側の古い民家が並ぶ油小路の一角に最近見掛けるようになった淡路島の穴子を看板にした料理屋さん。店の前を通る度に気になっていました。

瀬戸内海の海の底は、恐らく穴子とシャコばっかりなのでしょうが

やっぱり淡路の穴子は一味違います。

その淡路島の穴子の美味しさを知っている僕は

いつか機会を見つけて食べに行こうと思いながらも、その機会に恵まれず

延び延びになっていたのでありました。

しかし、先日たまたま全日空ホテルに行く用が出来たので

これ幸いと「穴子家NORESORE」に明石の穴子を食べに行ったのです。

画像

暖簾を潜って店内に入り、靴を脱いで一段高くなった座敷に上がると

古民家をそのまま生かした落ち着いた空間が演出されていました。

しかし、そこは今どきの和室の有り様で全部椅子席のテーブル席でした。

画像

さて、若い衆に案内されて入口に近い席に落ち着いた僕は、

お昼はこれだけだという定食ものの中から伝助御膳を選びました。

若い衆がお品書きを引いて行く時にチラッと見えた一本穴子♪

「一本穴子も食べたいな」と思って若い衆に追加を頼むと

「伝助御膳は結構ボリュームがありますが、大丈夫ですか?」と

異なことを仰いました。

画像

一本穴子の天婦羅を注文したつもりだった僕は

まさか一本穴子丼だとは思わずに、

「大丈夫ご飯も残さず食べる自信があるから」と

安請け合いをしてしまったのです

するとどうでしょう

伝助御膳と一緒に穴子の一本揚げ丼が出て来ました。

「う〜ん、これはミスったな」と思ったけれど

取り敢えず一本穴子の天婦羅だけを食べて、

残したご飯には若い衆に見えないように蓋をして隠しました。

画像

さて、伝助御膳には穴子の刺身がちょびっとと、穴子の落とし、焼き穴子、

穴子の天ぷら、穴子の出汁巻きの他に、

穴子の肝吸いと穴子丼が付いていました。

切干大根の煮物やもずく酢もありましたが、これはいらんなぁと思いました。

画像

穴子は少し古いのか、焼き物も落としも骨切をした後の身の部分が

キリッと立っておらずに潰れているのが気になりました。

今は季節的に穴子の美味しい時期じゃないので、

天婦羅以外はどの穴子も「実に美味しい」という訳には行かなかったけど

穴子気分には浸れました。

画像

焼き穴子は出された時は2切れとも白身の部分が上を向いていたので

これは違うだろうと思って、1切れは皮の方を上に向け直して写真を撮りました。

こういうセンスは大切です。

画像

鰻のう巻きならぬ穴子のあ巻きも1切れだけだけれどついていました。

もずくや切干大根はいらないから、

せめてあ巻きは2切れつけて欲しいものです。

あ巻きは期待して食べてみましたが、穴子の存在感はあまりなかったです。

残念無念

画像

さて、〆に食べた穴子丼は冷めてしまっていたけれど、

あっさりとしたタレがご飯に浸みていて、結構美味しく戴けました。

この頃になってご主人が挨拶に来られたので、少し話をしてみました。

この店舗は去年までは古い民家だった建物をリノベーションしたそうで

営業を始めて1年になるそうです。

ご主人は話好きで、人の良さそうな方でした。

画像

この民家はどうやら由緒のある家だそうで、

奥の座敷の中庭には菊のご紋の刻まれた灯籠があるそうです。

ご主人が是非見て欲しいと仰るので、僕はカメラ持参で見にゆきました。

なるほど、灯籠にそれらしいご紋がありましたが

恐れ多くも帝のご紋をまともに見たら目がつぶれると思って

僕は目を瞑りながら写真を撮りました。

画像

そんなことで、翌日鮨魚助に行った折りに「穴子家」の話をすると

店主殿も一度行きたいと思って目をつけていたお店だったのだとか。

それを知らなかったものだから、

思ったより美味しくなかったと、本当のことを言ってしまいました(^-^;

尚、無国籍料理の「すみや」のマスターは

「穴子家」のこのご主人とは昔なじみなの友人なのだとか(@_@)

世間は広いようで誠に狭いものです。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 47
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
うーむ、ずいぶん鱧が多かったですね〜、鱧も今が時期じゃないですよね??ご自慢の灯籠が落雁に見えて、美味しそうです(笑)やはり京都広しといえど、料理業界と範囲を決めると狭いものですね〜うっかりしたこと言えません♪マクロビ界は、かなり狭いです(爆)
こりす
2017/03/09 05:09
面白そうなお店ですね。Noresoreって何でしょう。
一番高い伝助御膳は鱧が多くて穴子が少なく、穴子尽くし御膳のほうが穴子が多いのですね。鱧は高いのですか。
そして、一番高いものを注文するとご主人が挨拶に来られるのですね。面白いですね。
一つの業界の中ではお互い知り合いが多いのでしょうね。それも面白いです。
櫻弁当
2017/03/09 08:02
こりすさん、マクロビ業界は確かに(笑)
鱧と書いたのは実は穴子の間違いでした(^-^;
やはり変だと気がつきますよね(^-^;
灯籠=落雁、僕も見た時そう思いました時の帝は落雁好きだったのかも知れません。

2017/03/09 09:12
櫻弁当さん、のれそれというのは穴子の稚魚のことで、酢醤油などに浸して供される珍味というか酒の肴です。
それをローマ字で屋号の後ろに付けるというのも変わっています。
実は鱧は穴子の書き間違いです。よくぞ教えて下さいました。
最近疲れているのかも知れません(笑)
京都の水商売の人間関係のつながりは実に興味深いですよ。

2017/03/09 09:19
お〜これはお酒がすすむ御膳ですね
全日空ホテルは二条城の近くのですか?確か二条城辺りは昔内裏だった場所なので、菊のご紋の灯篭があっても不思議ではないですね。
デザートはわらびもちと、柿に見えるのは練り切り???黒蜜かかって美味しそうですね〜
ジャカランダ
2017/03/11 18:51
逹さんともあろうお方が、鱧と穴子を書き間違えるなんて・・・・あの、瀬戸内海の底は穴子とシャコでいっぱいだと思います。子供の頃からどちらもイヤというほど見て、食べて来ました。隣の叔母さんが、家の前で穴子を次から次へとさばいていたのをよく見ていました。
穴子はウナギとは姿は似ていますが、比べ物にならないくらい庶民的な魚だと思いますが・・・こういう料理にすると、それっぽく見えますね。
けいつ〜
2017/03/11 20:59
ジャカランダさん、確かにその通りです。
逆に僕のようにこの御膳をお昼ご飯として食べる人には、なんだかつまらない御膳だなと思える穴子三昧でした。
ちょっと形だけ並べている感があったものですから。
菊のご紋はどういう経路でここに辿り着いたのか?想像すると楽しいです。
デザートは牡蠣とわらび餅でした。
恐らく隣の和菓子屋さんからの仕入れだと思います。
美味しかったですよ

2017/03/11 23:43
けいつーさん、最近ケアレスミスが多いんですよ。やっぱり古希が近づいているからなのでしょうね
瀬戸内海は恐らくそうだと思いました。がしらもいっぱいいるんでしょうね。
穴子は開いて焼いて甘ダレをつけると結構美味しいです。
でも確かに鰻とは違います
シャコは僕も牛窓の民宿に泊まる度に山ほど茹でたシャコをハサミで切って食べました。毎日じゃないですけどね。

2017/03/11 23:49
穴子づくしって、なかなかお目にかかれないので、これだけ穴子を目にするとすごいですねぇ!<(^∇^*)>
由緒ある民家をリノベーションして、オープンされたのもナイスです♪
穴子の一本揚げ丼は、達さんだからあまり驚かなかったけど、穴子の一本揚げは見事ですね!
本当に、世間は狭いものですね^^
夢の配達人
2017/03/12 12:12
夢さん、地味な穴子の専門店てのは珍しいかも知れませんね。
どうせならと思って一番高いのを注文したのですが、やっぱりこういう料理はお酒がないとつまらないですね。
お店も店主殿も穴子の一本揚げも素晴らしかったです♪
こういうお店っていろんなところで繋がっているんですね。驚きました。

2017/03/12 14:34
達さん

穴子は夏が旬と言われてますね。
でも、うなぎと同じで、そんなに食味が変わることはないような気がします。
御膳の他にご飯付きの丼を追加してしまったとは、失敗でしたね。
いかに達さんと言えども、キツイですよね。
淡路の穴子は大阪湾側で漁れるんでしょうか?
両国の有名そば店は、江戸前の穴子を使わず、大阪湾産の穴子を使っているそうです。
店主は自著で大阪湾産を「ダントツ」と書いてます。
穴子は白い方を上に向けてはいけないのですね。
神田藪も先日訪問した東村山のそば店も、白いほうが上でした。
店主殿がすみやさんのマスターのお知り合いとはまた意外ですね。
りう
2017/03/12 23:31
りうさん、それが魚助の店主度に言わせると今が一番不味い時なんだそうです。
今回はちょっと失敗してしまいました。一本穴子丼だけにしておけばよかったです(笑)
穴子は大阪湾から鳴門辺りまでじゃないでしょうか?瀬戸内海ではどこでも揚がるようですが、淡路の穴子とは区別しているようです。
淡路島も大阪湾の一部ですけれど、淡路島で揚げた穴子は淡路島産と呼ぶようです。
白い方を上に向けるには正解です。でも写真写りを考えたら2枚のうちの1枚は背を見せた方がコントラストが良いという意味です。
すみやのマスターと知り合いだとはすみやのママから聞きました。世間は狭いですね

2017/03/13 13:47
存在感ゼロな「あ巻き」って表現に、めっちゃツボってしまいましたわ(笑)それでも食べたいです。卵焼きとして♪
うき
2017/03/13 18:52
うきさん、暇だしお金もないのでいつも言葉で遊んでいます
しかし、穴子の玉子巻きって本名はなんて言うのでしょうね?

2017/03/14 00:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
「穴子家」の伝助御膳♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる