仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS ラオス料理「キンカーオ」に行ってみた♪

<<   作成日時 : 2017/03/04 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 48 / トラックバック 0 / コメント 16

画像
ブログ友のりうさんが食べに行かれたというラオス料理。「京都にもないものか」と期待はせずに検索してみると、七条大橋の西詰に「キンンカーオ」というお店が見つかりました。


りうさんの場合は実際に行ってみると

ラオス料理はお客の注文がないからという理由で

メニューはすべてタイ料理だったとか

そんなことだったら困るので、ネットでメニューを調べてみました。

しかし、分からん名前の料理ばっかりで国籍までは皆目でした

それでも、ええい、ままよっ!と思って「キンカーオ」に行ってみたところ

意外に本格的な外観のお店だったので驚きました。

画像

そして中に入ってからガッカリしないように

店先の看板でラオス料理の有無を確認したところ

最後尾に1つだけカオソーイ・ラーオというラオスの担々麺がありました。

しかし、どうなんでしょう?第六感は美味しいはずがないと言っています(笑)

画像

階段を登って店内に入ると、厨房には東南アジア系に女性が2人いて

店員さんはと言えば今にも倒れそうな老人が1人だけでした。

もしかしたらこのお方が店主殿なのかも知れません

歩くのも覚束ない様子なので、僕は大丈夫なのかと心配になりました。

そして先客は席に着いたばかりの様子の男女が2組。

彼らはメニューを見ながら何を食べるか検討中のようでした。

窓の外は七条大橋に臨む鴨川が見渡せて、なかなかの借景です。

画像

メニューは裏表11種類のランチセットがあったけど全部タイ料理でした。

でも僕はカオソーイ・ラーオを食べると決めていたので

注文を取りに来た倒れそうな老店員にその旨を伝えると、

「それは夜のメニューだから、出来るかな?」とつぶやきながら

おぼつかない足取りで一旦厨房に戻って行きました。

画像

「他にラオスの料理はないものか?」と、もう一度メニューを見てみると

ソフトドリンクの欄に黒タピオカ入りのラオスアイスコーヒーがあったので

本当にラオスの珈琲なのかなと疑いながらも

もう来ることもないからと思って、通り掛かった老店員に注文しました。

このアイスコーヒーは何だか甘いだけで感動はなかったけど

グラスの底に黒タピオカがたくさん沈んでいたので、

これは珍しいからと思って全部平らげてしまいました。

画像

そしてアイスコーヒーを飲み終わってもう1度メニューを見てみると

アルコールの欄で今度はラオスのビールを見つけました。

「これはやっぱり飲んでおかなきゃいかんだろう」と思った僕は

レジの前にいた老店員のところまで歩いて行きました。

そこで注文した「ビアラオ」はラオス本格派ラガービールなのだそうです。

画像

最初は写真を撮るだけのつもりでしたが、

老店員が栓を抜いて持って来たので、

これは飲めということなのかと思って、一口だけ飲みました

炭酸の強いビールでしたが、確かに本格的なラガービールで

決して変に不味いものではなかったです

ラオスを旅行する人がおられればこれはお奨めかも知れません

画像

カオソーイ・ラーオが出来上がるまで、タイの調味料を写真に撮りながら

どれを使うかを考えました。

ナンプラー、粉唐辛子、酢唐辛子、砂糖の4種類で

砂糖を入れると意外に美味しいと書いてありましたがその選択はなしで

ナンプラーと粉唐辛子を使うことに決めました。

画像

そして暫くしてやって来たカオソーイ・ラーオは冒頭の写真の如くで

グリーンレタスと生のもやしの上に鶏のミンチが乗っていました。

ミンチ自体に辣さは殆どありません。

見た目も食感も冷や麦のような麺でした。

スープが生温いので美味しくはありませんが、

まあ、ラオスだとほぼ熱帯なので、熱々のスープは馴染まないのでしょう。

そんな好意的な解釈をしてみたものの、

スープ自体の味が薄いのには閉口しました

やっぱり味は調味料でつけるのですかね?

画像

お勘定をする時に、厨房にいた女性にスープの出汁は何かを尋ねてみると

とんこつだということでした。

このコクのない薄味のスープがとんこつだったとは(@_@)

僕はお店の外観を見た時以上に驚きました。


                                       おわり



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 48
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
ラオス!ラオス料理って全然イメージわきません…興味はあるものの、結局タイ料理になってしまうのはいかにもですよね☆南国料理は、辛いだけで薄いイメージあります〜ちょっと外しますが、沖縄料理も北海道人には薄すぎました☆このスープは、見た目がもう薄いですよー、まあ異国体験…みたいな感じでしょうか♪
こりす
2017/03/04 05:32
知り合いにラオスで育って暮らしたベトナム人のご夫婦がいます。奥さんは時々ラオス料理を作ってくれたことがありました。その方の味付けから判断すると全般にラオス料理は甘辛いようでした。少し唐辛子の辛さはありますがとても辛いというほどでもなかったです。(その方は他には辛い料理も作ります。)ご飯はもち米でした。
このお店の味付けは、たぶん、わざと薄めにしてテーブルにあるフィッシュソースや砂糖で好みの味にするようにしているのではないでしょうか。
ラオスの人は自分たちの国をラオと呼びますね。日本人はジャパンじゃなくて日本と呼ぶのと似ています。
櫻弁当
2017/03/04 12:40
こりすさん、恐らく日本ではラオス料理はいまだ未知の領域なのでしょう。僕も初めて麺を食べましたが、その特徴や周辺国との違いは分かり兼ねました。
辛いというより味がなかったですよ。きっと醤を使って好みの味にするのでしょう。
北海道人の味付けが濃いだけだという気がしないでもありませんが、確かにラーメンでもそうですよね。
最近ちょっと各国料理を食べ歩いています♪

2017/03/04 14:40
櫻弁当さん、こりすさんのコメントにも書きましたが、醤を使って好みの味付けをするスタイルなのでしょうね。
僕は残念ながら麺を食べただけなのでラオス料理のことは語れませんが、麺のスープを比較しただけでも殆ど味を感じませんでした。歯のせいではありませんよ
ラオはラオ族ということなのでしょうか?それとも単数形?
中国なんかは日本のことを夷と呼びます

2017/03/04 14:46
スペイン料理の次は、ラオス料理ですか?@@
達さんの好奇心は、本当にすごいですねぇ!<(^∇^*)>
スペイン料理は、達さんのブログや薄い知識で少しはわかるようになりましたが、ラオス料理って何となく得体が知れないって感じです・・・。
達さんもあまり芳しく思われてないようですが、これは食文化の違いなんでしょうね〜^^
夢の配達人
2017/03/05 16:17
こんにちは

懐かしいタイ料理に
ふと昔を思い出しました
1年ぐらい滞在して
ラオス国境も行きましたので
なおさらです
無門
2017/03/05 19:15
夢さん、最近ラーメンを忘れて各国料理に凝っています(^-^;
ラオス料理は僕も初めてで、料理名を聞いても何が何だか分からない状態でしたが、メニューに写真が載っていたので漸く何とかなりました。
そうですね。ラオス国民は旨いものを食べたことがないのかも知れません

2017/03/05 20:51
無門さん、こんばんは。
タイにおられたことがおありなのですね?
僕は香港に駐在していた3年間の休暇はいつもタイに行っていました。もう随分昔の話ですが。
タイ料理は美味しいですね。僕も大好きです。
コメントありがとうございます。

2017/03/05 20:55
ラオスという国名は聞いたことはあっても、知っているのは名前だけで、ラオス料理と言われても全く想像できません。麺はお米っぽいですね。
窓からの景色はなかなかです
京都は外国人観光客が多いから、外国人向けのお店なのかもしれませんね〜。
ジャカランダ
2017/03/05 23:56
ジャカランダさん、東南アジアの中でもラオスやビルマは馴染みがないですね。僕も想像もできないし、行ってみたいとも思いません
厨房にいた女性に見せて貰いましたが、麺はフォーと同じような乾麺でした。でも味は全然違いましたが。
鴨川の向こうに東山が広がっていてなかなかの景色でしょう?
確かにこの辺りにはホテルも多いから、外人観光客もたくさん来るのだと思います。

2017/03/06 20:09
おゝ!
ラオス料理を召し上がったのですね。
先を越されてしまいました。
しかし、ラオス風坦々麺はお口には合わなかったようですね。
ラオス料理がお口に合わないのか、このお店の味付けがお口に合わないのか。
比較の対象が無い以上、確かめようがないですね。(笑)
ラオスコーヒーはタピオカ入りですか。
いや、自分が行った店にもラオスのコーヒーやビールがありましたが、ランチメニューには載っていなかったため、気付いたのが遅れ、頼み損ねました。
ビールはかなり良さ気ですね。
この坦々麺はやはりお米の麺なのでしょうか?
色がフォーに似ているように見えますが。
ところで、ご老体も本場の人だったのでしょうか?
りう
2017/03/06 22:32
りうさん、おさきの失礼しました(笑)
坦々麺を食べただけでラオス料理を云々するのはおこがましいと思いますが、敢えて一を見て十を知るという立場に立つと比較対象がなくてもラオス料理は不味いです(笑)
黒タピオカ入りがラオスのスタンダードなのかどうかは分かりませんが、アイスコーヒー自体は仄かにコーヒーの香りがして、日本のコーヒー牛乳のような味がしました。
麦酒は結構本格的な味だったので車でなければ全部飲んでいたと思います。このブランドは美味しいですよ次回行かれた時は試してみて下さい。
麺はフォーと同じお米でした。味はかなり違いましたが。
ご老体は見事な関西弁を操る日本の方でした

2017/03/06 22:44
おもしろーい!ラオス料理。松本にもないものか・・・・と調べてみましたが、なさそうです。(涙)タイ料理はあるんですけどねぇ。やはりマイナーですね。ラオスってどこ?って感じですもんね。
カオソーイ・ラーオ・・・ラオス風担々麺と書けば、まぁ食べる人もいるかもしれませんね。名前だけ聞いてもさっぱりわかりません。麺はフォーっぽいですね。とんこつベースの薄いスープ、調味料で味を調節・・・・辛いのを期待したのに肩透かしでしたね。
ラオスビールはよさそうです。異国情緒は満点でしたね。
けいつ〜
2017/03/07 06:17
けいつーさん、松本にはなかったですか?
そちらは防災ヘリが墜落して大変なんじゃないですか?
新聞記者もたくさん集まっているでしょうから見つからないように隠れて下さいね(笑)
ラオスは流石に僕も円が値かったですねぇ。普通の人は行かないですもんね。
このカオソーイ・ラーオはどこが担々麺じゃって感じで、出来損ないの台湾ラーメンみたいでした。
でも、貶している訳じゃないんですよ(笑)
麺は実際にはフォーですね。味はかなり違いましたがお米で出来ていることは間違いなさそうです。
スープは自分で味付けするみたいです。いろんな醤がありましたよ。
麦酒は美味しかったです。
これからエスニックを食べる時は飲まなくても注文してみようと思っています

2017/03/07 15:58
ラオス料理?!初めて知りました。さすが達さまやわ〜普通の人が行かへんお店にもアンテナ張り巡らされてるんですね。
(*≧∀≦*)スゲー
うき
2017/03/13 19:11
うきさん、単に暇なんですよ。
暇なだけ

2017/03/14 00:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラオス料理「キンカーオ」に行ってみた♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる