仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS トルコ料理 「イスタンブール・サライ」♪

<<   作成日時 : 2017/03/30 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 40 / トラックバック 0 / コメント 12

画像
不覚にもモロッコ料理をトルコ料理と勘違いして以来、これは何としてもリベンジしなければと思っていたところ、ようやく見つけたトルコ料理の「イスタンブール・サライ」。こちらは

結構な人気店なのだそうですが、

残念なことに基本夜だけの営業だそうで

土日祝日のみはランチ営業をしているとのことでした。

「土日祝日だけか?出難いなぁ〜」と思いながらも善は急げです

気分が乗っている間に行かないと、きっと忘れてしまいます(笑)

画像

A型の僕は土曜日の混雑を予め想定して、

開店時間の1時間前にお店の場所を確認に行きました。

そして空き時間を過ごすため、近くの本能寺に行くのです。

境内で見つけた信長廟に参拝して、信長さまに

@美味しいトルコ料理でありますように。

Aお店が混んでいませんようにと、賽銭なしでお願いしました。

画像

それが終わって開店間近の「イスタンブール・サライ」に行くと

お店のある3階までエレベーターを使って上がりました。

信長さまのお陰だったのでしょうか?一番乗りでした

まだお店は開いていなかったけど、

ちょうど出て来たちょい悪おやじジロー・ラモ似の店員さんが

「中で待って下さい」と言ってくれたので、店内に入って席に着きました。

画像

そういう訳だったので

店内に誰もいない数分を有効活用しないのはもったいないと思って

勝手気ままに写真を何枚も撮りました(^-^;

画像

この写真でトルコの雰囲気伝わりましたでしょうか?

カウンターの奥が厨房になっているようで、

後ほどこの厨房からアンクルトリスのようなシェフが顔を出すのです。

画像

さて、ジロー・ラモ似の店員さんが注文を取りに来たので

お奨めは何かと尋ねると、お奨めは日替わりだと仰いました。

それは僕の期待とは違ったお奨めだったので、

それなら最初からそう言えば良いのに、やっぱりケバブが食べたいと思って

「尋ねておいて申し訳ないけど」と謝ってシシケバブランチをお願いしました。

それと特に必要のないザクロジュースも追加しました。

お店のメニューの表紙にはフランス料理・中華料理と並んで

トルコ料理が世界の三大料理の1つだと謳っておりました。

古くはオリエント文明からオスマントルコに続く悠久のトルコの歴史を考えると

その自負と自尊心に、さもありなんと納得の私なのでした

画像

少し時間が掛かるようだったので、めっちゃ甘いザクロジュースを飲みながら

手持無沙汰に待っていると、続々と女性客が入って来ました。

アベノミクスの弱点の一つである個人消費は

かろうじてこういう女性達が細々と支えていることがよく分かる光景です。

画像

さて、最初はトマト風味のスープから。

香辛料も味付けもあっさりとしたもので好感の持てるスープでした。

蛇足ながら、若干の酸味もよいアクセントになっておりました。

画像

そしてパンと前菜が。

前菜はチーズを芯にした春巻き風と辛みとバター味のペーストです。

ペーストはどちらも千切ったパンに乗せて食べました。

僕の好みはバター味だったので、辛みペーストは少し残ってしまいました。

画像

さて、ようやく実現したシシケバブとのご対面

シシケバブを食べるのは、はるか昔まだパーレビ国王時代の1976年に

テヘランのホテルのレストランで食べて以来のことでした。

もちろんその時食べたラムの味は忘れてしまったけど、

このラム肉はミデアムレアで柔らかく、とても懐かしい味がしました。

画像

の、信長さま、有難うございます。

とっても美味しかったです

画像

さて、デザートは中にお米が入っている文字通りお米のプディングでした。

幼い頃に姉が好んで食べていた、バターを乗せて牛乳を掛けた

ホカホカご飯を思い出しました。

このお米プディングは微かな甘みがあっておいしかったです。

画像

そして最後はトルコティー。

日頃から糖分控えめな僕は、砂糖を入れずに飲みました。

癖もなくノーマルな味のするこの紅茶は

穏やかなトルコ料理のお昼のプチコースの良い〆になりました。

画像


余談

シシケバブのお皿に載っていた型取りのご飯。

米粒がとても小さかったので、もしかしたらトルコ米?と思って

ジロー・ラモ似君を呼んで聞いてみました。

するとジローラモ似君は少し照れ笑いをしながら

小さい声で「日本米です」とおっしゃいました。

尋ねなきゃよかったかも...

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 40
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
時間つぶしに信長さまご参拝だなんて、歴史好きが聞いたらタマランでしょうねーーー!そしてさすがの信長さまでしたね!神通力?(笑)トルコ料理が世界三大料理とは知りませんでしたが、1976年のテヘランがどうたったのかの方が知りたいです♪でもシシカバブもトルコティも美味しそう♪バターのせ牛乳ご飯、うちの父もやってました…ワタシはやった事ないです(笑)当時の流行でしょうか☆トルコ料理が人気店だというのは意外な感じですけ…
こりす
2017/03/30 05:11
おぉ!本能寺の変!の本能寺!燃えて無くなったんじゃなかったんですね。(笑)
今回はトルコ料理。メニューにフランス料理、中国料理と並んで世界三大料理のひとつって書かれてますが・・・・そうでしたっけ?アジアとヨーロッパの境目なので、たしかに食文化も交流するところで、おいしいものはありそうです。
シシカバブでしたね。(笑)あ、ケバブはシシカバブ、シシケバブのケバブなんですね。なるほど。
テヘランのホテルで食べたって・・・そりゃまたすごいですね。ラムおいしそうです。
けいつ〜
2017/03/30 07:10
オォ、本能寺の近くということは河原町の近くですか?なんて、知った風に言ったりして。(笑)
このお店のお料理は美味しそうですね。ライスプディングは日本以外は世界中にあるデザートですね。
でも、トルコ料理が世界の三大料理というのは(ググってみたのですが)そういう記事もあったし、議論の余地もありそうです。だいたい世界の三大料理は記事の著者によって全然違うみたいです。(笑)
櫻弁当
2017/03/30 08:46
こりすさん、そういえば信長さまもケバブのように本能寺で焼け死んだのでしたねなんという符合でしょう
トルコ料理が世界の三大料理とは僕も初めて知りましたよ
70年代後半のテヘランは石油の利潤で近代化が進んでおり、アメリカ人も沢山いる活気のある街でしたよ。
このお店の料理はモロッコ料理と違って洗練された美しさと美味しさがありました。さすが世界の三大料理です
牛乳掛けご飯、僕はゾッとしましたが、当時はそういう風にして栄養を取っていたのでしょうね。
トルコ料理は健康的だから女性に人気があるようです

2017/03/30 09:58
けいつーさん、あの本能寺とは別の場所に再建したようですね。元の本能寺は場所も分からなくなっていると聞いたことがありますが。
三大料理の三番目には自国料理を充て込むスペースになっているのでしょう(笑)
ケバブは肉料理って意味なんですってね。
テヘランで食べたのはメネルケバブって言うんですかね?あの回転しているラム肉をナイフで薄切りにするというやつでしたが、こちらのお店のは串焼きでした。
でも美味しかったです

2017/03/30 10:06
櫻弁当さん、よくご存じで(笑)
実際本能寺とこのお店は直線距離で200m足らずのところにありました。
こちらの料理はモロッコ料理とはまた違った大人しい香辛料を使っていて、ラム肉もちゃんと味が分かったのが嬉しかったです
中華とフランス料理は動かしがたいですが、三大料理の三番目は自国料理を入れる特別枠なのでしょう(笑)

2017/03/30 10:13
京都にはホントいろんなお店があっていいですね〜☆

京都へ行った際には、是非行ってみたいお店です♪
確かに癖のないノーマルな紅茶。
トルコではどこへ行っても同じ味の紅茶が、例の可愛らしいカップで供されますよね(^o^)
そしてみんな時間場所をとわず、しょっちゅう飲んでらっしゃいます。

信長さまのご利益、何よりでございました♪
純子
2017/04/01 17:12
純子さま、京都は外人さんも沢山住んでいるからか、いろんな国の料理屋さんも意外にたくさんあるんですよ。
これからもご期待下さいね
純子さまは確かトルコリラに投資した利益の先取りでトルコに行かれたから、こういう料理は懐かしいでしょうね。
この紅茶はトルコではそんなにポピュラーなのですか?
とても美味しかったのも信長さまのご利益だったのかも知れません。
この歳になると頼るべきは信心です♪

2017/04/01 19:38
トルコ料理との因縁にケリをつけに行かれたわけですね。
画像を拝見するに、ちゃんとしたレストランのようですね。
ラムをミディアムレアで柔らかくというのは、日本人向きに努力を重ねた結果でしょうか。
世界三大料理。
フレンチと中華は当確でしょうね。
残る一つの座をどう判断するかですね。
トルコというのはピンと来ませんが、19世紀までの世界史におけるプレゼンスを考えれば、トルコもありでしょう。
でも、今は21世紀ですからね。
アメリカ流のファーストフードというのも有力候補のような気がします。
食味云々は別として。
りう
2017/04/04 00:46
りうさん、そうなんですよ。けじめをつけたがる性格でしてね
そうそう、意外に清潔で雰囲気の良いレストランでした。
ラム、確かにそうかも知れませんね。モロッコ料理屋さんのはシガシガでしたから(笑)
三大料理、人口的にはインド料理なのですが、やっぱりここはイギリス料理ということにしておきましょう

2017/04/04 10:01
今回は、トルコ料理の巻でしたか?
お店に行かれる前に、信長廟にお参りされるところは、今から世界の三大料理を召し上がられるのに、和風が入っているので、読みながらつい笑ってしまいました^^
トルコは、現在の首都はイスタンブールでしたっけ?
高校の世界史で、舌を噛みそうな首都名(もう忘れてしまいましたが^^)を暗記したのを思い出しました^^
シシケバブって、お肉を焼いた料理というのは知ってましたが、トルコ料理というのは知りませんでした・・・。
夢の配達人
2017/04/09 11:32
夢さん、今回はトルコの巻です。
信長さまは何でも願いをかなえてくれるので大好きです。
惜しい男をなくしました(笑)
トルコの首都は確かアンカラだったんじゃないですか?でもイスタンブールが一番有名ですよね。
シシカバブはアラビアならどこでもある料理なのだと思いますがトルコが一番有名ですね。

2017/04/10 10:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
トルコ料理 「イスタンブール・サライ」♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる