仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 「微風台南」の大腸米線&鶏肉飯♪

<<   作成日時 : 2017/03/27 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 41 / トラックバック 0 / コメント 12

画像
河原町の丸太町辺りに昔の食堂のような台湾料理屋さんがあって、小吃がとても美味しいという評判を聞いたので早速現地調査に乗り出しました。行ってみて驚いたことに

この「微風台南」は以前りうさんを無理に連れ込んだ「キラメキノトリ」と

タイ料理「パクチーカオマンガイ」のちょうど真ん中にあったのに

道路から少し引っ込んだ、なんとも仕舞屋みたいな店構えだったので、

全く気づかずに、これまで何度もお店の前を通り過ごしておりました。

画像

さて、店内は三和土に設えたテーブル席と

日本間風の畳座敷から成っており

座敷には女性の1人客が静かに食事をしていました。

お店全体に重苦しい雰囲気が漂っていて、店員さんは見当たりません。

僕が「たのもう!」と声を掛けて、なお暫く待つと

店の奥の厨房から年配のご主人が出て来ました。

画像

僕は店内の写真が撮り易いように入口に近い席を選んで座ると、

写真付きの古びたメニューを繰りながら

例によって「何を食べればいいんだろう?」とご主人に問い掛けました。

するとご主人は「鶏肉飯が名物だ」と仰る。

僕はそれならと、何となく名前が気持ち悪い大腸米線も

一緒にお願いすることにしました。

ふと目の前の席を見ると、台湾訛りの北京語のヒソヒソ話が聞こえました。

台湾小姐の留学生と言った雰囲気の女性たちです。

画像

さて、まもなく鶏肉飯が運ばれて来ました。

中華の鶏ご飯は基本苦手な僕ながら、これは鶏肉も柔らかくて

あっさりとしたタレもご飯に浸み渡るほど掛かっていたので、

鶏肉を食べ終えた後のご飯もお茶漬け気分で食べ切ることが出来ました

鶏肉飯を食べている間に大腸米線が運ばれて来たので

これは困ったと思って鶏肉麺を一旦横に置き

大腸米線を温かいうちにと食べ始めたので、

いざ鶏肉飯の残りを食べようとした時には

折角の温かいご飯は冷めてしまっておりました。

冷めていなければ、もっと美味しかったかも知れません

画像

大腸米線の「米」は原料がお米であること、「線」は細麺を表しています。

大腸は読んだ通りの大腸ですが、

中国人という人種はたとえそれが口に入るものでも

直接的な表現をすることに何の抵抗も感じない民族のようです。

きっと国民の大半の血液型はB型なのでしょう(笑)

スープは真っ黒というかこげ茶色で、八角の匂いがしました。

その大腸は気持ち悪くも柔らかく、麺もそこそこ美味しかったです。

でも、このスープは完飲したくありませぬ

画像

300円プラスでおかずが3品付くとのことだったので

それも付けてとお願いしておきました。

分厚い焼き豚は思いの外肉が柔らかくていい仕事をしていました。

目玉焼きはオーストラリアのホテルの朝食と一緒でぐちゃぐちゃです(笑)

画像

すべてを食べ終えたあと、折角だからデザートも食べておこうと

奥さんらしい女性に相談して氷杏仁を選びました。

杏仁豆腐の上にかき氷が乗っていたのが珍しかったけれど

この杏仁豆腐は子供の頃に母がおやつに作ってくれた

ババロアみたいな味がしました。

画像

このお店の小菜は大陸や香港とはまた違う台湾土着の家庭料理の味でした。

出汁の取り方や香辛料の使い方にきっと違いがあるのでしょう。

店内の雰囲気や台湾の味にハマる人には魅力的なお店だろうと思いました。

しからばyouはどうかと問われれば、たまには良いかと言った感じでした。

珍しいものをごちそうさま。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 41
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
台湾料理…になるのですね、なんともビジュアルのよろしくないこと(笑)ネーミングのビジュアルも最悪ですねーー字面だけでキャーとか言ってしまいそう(笑)大腸米線にはほんとに大腸みたいのが浮かんでませんか???大腸じゃなくてもそのネーミングだけで、大腸が入ってると思っちゃいます…え?ほんとに大腸??キャー☆台湾小姐のの感想が聞きたいですね♪ご主人たちも台湾の方でしょうか…それとも昔住んでたのかな。本州には大陸生まれの人がけっこういますね。北海道では聞いたことなかった(むしろロシア絡みでしょうか☆)
こりす
2017/03/27 05:00
こりすさん、大腸米線には洗ってない大腸がいっぱい浮かんでいました。このスープの色もきっと大腸から出た汚物の色なのでしょう(笑)(ウソ)
ご主人はどうやら台湾の方のようでした。奥さんは判別が難しかったです。
確かに北海道はロシア人ですね。混血の人も多そうです。
その点本州、特に西日本は大陸から来た中国人や朝鮮人が多いですね。

2017/03/27 09:06
直接的な表現(笑)

沖縄の「中身汁」のように、ひとひねりあればわらえますけれど(^m^)

パクチがもてはやされる時代がきてしまいましたが、やっぱりどうしてもカメムシを思い出して苦手です。
フォーに添えて、ちょこっと乗っかってるぶんにはいいのですが・・
純子
2017/03/27 17:39
純子さま、そこがA型の多い日本人と中国人の違いと言えなくもないですが、琉球では山羊汁というのもありますよってに(^-^;
僕はパクチーがもてはやされる遥か昔の1970年代後半からのパクチー好きですが、その頃はカメムシがどうとか仰る方は皆無でした。
もっとも都会人の僕はカメムシを知ったのはごく最近になってからでしたが(*^-^*)
フォーが見えなくなるくらいがちょうどいいです(^_-)-☆

2017/03/27 17:50
面白そうな台湾料理屋さんですね。ちょっと行ってみたい気がします。食べ物は名前の割には美味しいということもありますね。(笑)
プリンは食べて判断するものだ(Proof of pudding is in eating)ということわざもありますから・・・
酷い目玉焼きはフィジーのホテルでした。
櫻弁当
2017/03/27 23:07
櫻弁当さん、謎のお店でした(笑)
僕は出来たらきちんとしたお店が好きですが、こういうのも面白いと思いますよ♪
そうそう、食べ物で大事なのは実質ですから、気に市内で食べるに限ります。
プディングにそんなことわざがあるのですね。
僕はプディング豆腐は腹持ちがしないので苦手です
あれはフィジーでしたか?それは失敬(^-^;

2017/03/28 03:22
芯芯ちゃんはA型で、小玉はO型、笑笑ちゃんはAB型です。B型・・・誰かいたかな?
さて・・・・こんな和風なお座敷で台湾料理とは。台湾は金門島しか行ったことないけいつ〜です。深センにも台湾料理の店はありましたが、たぶん台湾料理風でしょう。

鶏肉飯・・・・台湾の鹵肉飯のようですね。台湾料理は辛くない・・・日本料理に近い味付けですね。大腸も普通に出てきますよねぇ。何もこんな部位を食べなくてもいいと思うんですけどねぇ。氷杏仁はいいですねぇ。

ちょっと台湾気分を味わえましたね。
けいつ〜
2017/03/29 20:51
けいつーさん、芯芯ちゃんも小玉も笑笑ちゃんも少数派なのですね。毛沢東もケ小平も習なにがしもB型だと思います(笑)
仕舞屋を上手に利用した面白い台湾料理屋さんでしょう?
久し振りに台湾の小吃気分を味わえました♪
金門島はビザの書き換えでしたね。覚えていますよ。
そうそう、鶏肉飯は台湾や香港ではお馴染みですね。
台湾には1970年代から80年代にかけて仕事で何度も行きましたが、向こうで食べても日本の中華に似ていると思いました。
屋台や小食のお店に行くと何処の部位だか分からないものが入った麺とかが普通にありますよね。
最初は不衛生だし気持ち悪がっていましたが、いつの間にか慣れましたね(笑)けいつーさんも中国で同じ経験をされているんじゃないですか?

2017/03/29 23:48
これは和風かしていない本場のお店ですかね?
大腸米線のスープの色には腰が引けてしまいますが、それでもなお嫌悪より興味を覚えます。
女性2人のうちの右側の人はかなりの美形ではないでしょうか?
だから心をこめてきれいに撮られたんですね?(笑)
それはともかく、近くにあれば、明日にでも行ってしまいそうな不思議な訴求力を感じます。
りう
2017/04/03 23:02
りうさん、どうやらそんな感じですね。
それが珍しくて人気店になっているようでした。
りうさんが思わず尻込みされる食べ物のグロテスクさも魅力のうちのようです(笑)
次回は是非コースに組み込みましょう
写真の女性、僕は掛け軸に関心があったので、申し訳ないですがよく見ていませんでした(笑)

2017/04/04 09:45
最近の達さんは、本当に国際色豊かなものを召し上がられますね♪
達さんのあくなき探求心には脱帽ですm(__)m
ビジュアル的には、あまり美味しそうに見えませんが、台湾料理って大体こういうものなのでしょうか?
それとも、書いておられるように中国人の直接的な表現をすることに何の抵抗も感じない民族ということなんでしょうか^^
夢の配達人
2017/04/09 11:18
夢さん、意識的に異国情緒を食べ歩いているんですよ。
単なる帳面消しの食べ歩きですが(^-^;
ビジュアル的には気持ち悪いです(笑)
台湾料理はもっとまともですが、屋台とかではよく見掛けました。
中国人はほんと凄いです。あんな国と喧嘩しちゃいけません(笑)

2017/04/10 09:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
「微風台南」の大腸米線&鶏肉飯♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる