仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 「金久右衛門」祇園店の祇園ブラック♪

<<   作成日時 : 2017/01/13 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 12

画像
貧乏ゑびすの賑わいを見てみようと大和大路を南下すると、HANA吉兆の隣のビルのかつてオーガニックラーメン「しょくどう照」があった空き店舗に、ラーメン屋さんが

新規オープンしていることに気がつきました。

画像

外観は京都好みに変わっていましたが、

見渡せど屋号を示す看板が出ていません。

しかし短命に終わった「しょくどう照」と違うところは

道路沿いに並べた写真付きメニュー表に

外国人観光客を当て込んだ英語の添え書きがあることでした。

すべからく商売はこうでなければなりません。

画像

時刻は午前11時過ぎ。メニュー表に書かれた開店時間は将に11時。

これはきっとゑびすさまのお導きに違いないと確信した僕は

取り敢えずお店に続く通路に向かうと、

入口の壁に、まるで表札のような「金久右衛門」の看板を発見しました。

「金久右衛門」といえば大阪は深江橋にある「大阪ブラック」で有名な人気店です。

画像

靴を脱いで店内に入って行くと、男衆が2人とおなごが1人

この日の1番客の僕を静かに迎えてくれました。

女店員さんに「どこでもいいの?」と声を掛けながら、

店長らしき年長の店員さんの前に座ると

「ここではどれを注文すべきなのかな?」と初見の客らしく尋ねてみました。

お奨めは「祇園ブラック」という醤油ラーメンで、

あっさり味と濃い口があるそうです。

僕は濃い口を選びました。

画像

麺も2種類あるそうで、店長殿によると普通は太麺を選ぶそうです。

でも太麺嫌いの僕は細麺でお願いしました。

ラーメンの出来上りを待つ間、「このお店は城陽市にも支店があるよね」に始まって

「前に営業していたオーガニックラーメンは、やっぱり酔客が多いこの辺りでは

無理があったんじゃないの?酒飲みは身体のことなんか考えないから。」とか

よほど機嫌が良かったのか、僕は珍しく多弁に話し続けたのでありました。

店長さんも外人さんのお客が多いとか、

差し障りのないことはいろいろ話してくれましたが

恐らくこの道の常識なのでしょう。

敢え無く閉店した「しょくどう照」については言葉を濁してコメントを避けていました。

画像

さて、、トッピングに輪切りの鷹の爪を散らした祇園ブラックは

太い支那竹も、しっかりとした歯応えが感じられて美味しかったし

トロトロの炙りチャーシューもナイスでした。

でも、細麺はそんなに細麺じゃなかったのと

スープも濃い口とはいうものの、上品過ぎる普通の味っていうのかな?

上品な美味しさに物足りなさを感じるようになっている近頃の僕には

ちょっと頼りないって気がしました。

画像

しかし、スープは完飲してはいけないと思いながらも

寸止めまで飲んでしまっているところを見ると

本当は美味しかったのかも知れません



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
おおこれは器も面白く、見た目からして上品な感じで美味しそうです〜!そういうのってやっぱ京都のイメージですね〜物足りないようでもほぼ完飲してるのは、そんな京都風に慣れたとか♪麺も、細麺にしてはホント太いですよね、久しぶりな感じ(笑)でも最近は細麺が主流でしょうか、西日本が細麺が多いだけでしょうかね〜。この間久しぶりにラーメン食べたんですけど、細麺と太麺の間くらいでした。
こりす
2017/01/13 04:40
こりすさん、器だけ見ても僕に似合わない上品さでしょう?確かに京都のイメージを意識したラーメンでした。
近頃京都の新世代のラーメンをいろいろ経験する中で、はこういう穏やかなラーメンにもお目に掛かっていたけれど、ラーメンはジャンクフードだと思っている僕からすると、ちょっと物足りなく思っていたんですよ。
でも、まともな人はこういうのを美味しく感じるのだと思います。
細麺は最近の流行りのようですよ。でも細麺というならもっと細くしないと、これでは中細麺ですね。
こりすさんもラーメンなんか食べるのですね?(@_@)
太麺と細麺の間なら普通麺ですね

2017/01/13 10:22
「金久右衛門」は何と読むのかと思ってみてみたら、「きんぐえもん」というんですってね。ちょっと思いつかないです。(笑)
ひょっとして、この店長さんは「しょくどう照」の持ち主だったという可能性はないでしょうか。場所柄を考えて、心機一転して、英語の説明も加えてとか?
祇園ブラックのラーメンは美味しそうですね。
櫻弁当
2017/01/13 10:56
櫻弁当さんに教えて貰うまで僕も読み方知りませんでした(笑)
その推理、もしかしたら当たっているかも知れません。
「しょくどう照」では美形の女将さん風とばかり話していたので、男の店員さんのことは皆目憶えていないのです(^-^;
でも、そう言われてみたら店長によく似た人が居たような気が...
店員もそのままで居抜くってこと、ありますからね。
祇園ブラックは、正直に言えば美味しかったです

2017/01/13 14:26
おぉ、ゑびすさまのお導き。新年早々のラーメンですね。大阪ブラックで有名な人・・がいるんですね。で、祇園ブラック。もしかして、ブラックも日本全国あちこちにあるんでしょうか。松本ブラックもあるし、先日、三河ブラックのカップ麺もあったし。
ビジュアルもいいですねぇ。鷹の爪がアクセントになって綺麗です。極太のシナチクも面白いです。オーガニックラーメンはないですよねぇ。酒飲みは飲んだあとに塩分を求めますから、しょっぱいブラックは、うってつけです。私もついつい飲んだあとは松本ブラック行きますもんね。身体に悪いと思います。(笑)スープ、完飲しなかった寸止めだって言いいますが、もう、これなら完飲しても変わらんです。

写真を見てるとブラック食べたくなりますね。不思議な魅力です。
けいつ〜
2017/01/14 09:02
けいつーさん、久し振りのラーメンでした。
昔はブラックは富山の専売特許でしたが、こういうものはすぐ真似をしたがる輩が居るので、今は全国どこへ行ってもブラックだらけです。
カップ麺のブラックなんてあの三河じゃないと出来ない発想じゃないでしょうか?
鷹の爪は僕が乗せたのですよ。なかなかのセンスでしょう?
こういう支那竹は見ているだけで嬉しくなります。あるとないとでビジュアルが全然違いますからね。
オーガニックラーメンは最初に食べに入った時に、これは長続きしないわと思ったことを思い出します。
やっぱり場所柄をわきまえて出店んしないとね。
完飲手前を寸止めと名付けました。
全部飲んでも全然平気なのですが、今は亡きうきさんとの約束があるので、完飲はしないということを、いまだに律儀に守っているんですよ
ブラックはお店によってスープの濃さがいろいろなのも、期待を抱かせる要素になっていますね。

2017/01/14 10:40
うきさん、殺されてる....(汗)
けいつ〜
2017/01/14 15:14
けいつーさん、死んだも同然です(笑)

2017/01/14 19:28
いよいよラーメン解禁ですね!
本当に変わった外観のラーメン屋さんですね^^
いかにも京都って感じのする外観で、写真がなければ何のお店かわからないでしょうね^^
細麺を選ばれたのに、結構太いな〜って思いながら読み進めていくと、やはり達さんもそう思われたのですね?
上品なラーメンと仰ってますが、スープも完飲の寸止めまでされてますから、きっと美味しかったんでしょうね^^
夢の配達人
2017/01/14 20:22
夢さん、ラーメンは身体に良くないから食べるのをやめていました(笑)
面白い外観でしょう?メニューがなければ何屋さんか全く分からない作りでした。
細麺、やっぱり違和感感じましたでしょう?僕も博多のとんこつ並の細麺を想像していたので、普通じゃんとガッカリしました。恐らく太麺がよほど太いんでしょうね。
スープの完飲はさるお方から止められているので、申し訳程度に残すことにしているんですよ^^

2017/01/14 22:19
エントランスの構えからして、高級感がありますね。
京都でブラックですか。
写り具合によるのかもしれませんが、黒と言うより、ちょっと赤っぽいですね。
真っ黒けにしないところが京都の上品さと言えそうですけど。
印象的なのはトップ画像の葱の切り方です。
やけに不揃いですね。
面白いと思います。
細麺があまり細くないのは、濃い目のスープを持ち上げすぎると思っているからではないですかね?
完飲を控えたとか言え、残りは一口ですね。(笑)
りう
2017/01/15 22:19
りうさん、大和大路は同じ祇園でも花見小路より格は落ちますが、店内にも祇園のお店の雰囲気作りに努力している様子が覗えました。
このラーメンはブラックと言っても富山風のそれには拘っていないようで、金久右衛門独自のブラックと言えばいいのかな?甘口の醤油を使っているような甘さがありました。
ネギの切り方は確かに不自然ですね。僕が「しょくどう照」を貶した仕返しかも知れません(笑)
確かに麺はスープとの相性が一番なので、それが細麺なのか太麺なのかはお店が決めることなのでしょう
完飲しなかったのは単にうきさんへの嫌がらせです(笑)

2017/01/15 22:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
「金久右衛門」祇園店の祇園ブラック♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる