仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 大晦日の鮨「魚助」♪

<<   作成日時 : 2017/01/05 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 38 / トラックバック 0 / コメント 10

画像
三女の家族と一緒に行こうと思っていた鮨「魚助」でしたが、「じん六」の予定が早まったお陰で18時までの「魚助」の中休みの時間を持て余すことになりました。そんなことなので

お土産を買うという三女夫婦を「辻利」の前で降ろすと

17時半までリッツカールトンで時間を潰して「魚助」に向いました。

夜の「魚助」を見るのは実に2年振りのことでした。

画像

店内に入って行ってカウンター席に着くと

いつも通り軽くお鮨を摘まんで帰ると思っている店主殿が

「茶碗蒸し食べますか?」と気を利かせてくれました。

画像

でも僕は「今夜は不味いビールが飲みたいな」と

ドライゼロだかというノンアルコールを所望しました。

しかし、あんなものを客に飲ませることを良しとしない店主殿は

ノンアルコールは置いていないのだとか。

その心意気は尊重しなければなりません

画像

そんなことで、いつも通りお茶を貰うことにして

「魚助」の夜は始まりました。

しかし、折角の夜だったのにも飲めないとは誠に残念至極です。

画像

それでも僕は「今夜は刺身からお願いします」と飲酒バージョンを崩さずに

期待出来ない大晦日の客を見越して下準備をしていなかった店主殿を

困らせることになりました。

画像

そんな中でも中トロに始まって、昆布〆の鯛、鰤、あん肝と雲子の小鉢、

それにホタテや鮪のヅケなど有り合わせのネタを寄せ集めてくれました

ホタテはあまり良くなかったけれど、その他は美味しかったです♪

画像

僕はホタテよりたいらぎの方が好きだと話を振ると

それから暫くたいらぎ談議が続きました。

僕の知識は時としてプロの職人さんを上回ることがあるので

自分でも怖いです(笑)

画像

茶碗蒸しには牡蠣が入っていました。

これは前回食べたのと同じ赤穂の牡蠣だそうです。

「茶碗蒸しはどうも上手に作れない」とぼやきながら食べていると

出汁150ccに卵1個。蒸し器の水が沸いてから強火で3分、

その後弱火で12分とコツを教えてくれました。

僕は200ccに卵1個で作っていたのが間違いだったと気がつきました

画像

さて、デジカメで撮ったりスマホで撮ったり忙しくカメラを操作していると

知らない間にデジカメが勝手に店内の写真を撮っていました。

なかなか構図が決まっています

画像

話は前後しますが、煮アワビが出て来た時

「これはつぶ貝?」と失礼なことを言ってしまいました(笑)

店主殿から「いつものアワビですよ」と若干怒っておられるような

返事が戻って来たので恐縮です(^-^;

画像

そしてここからはにぎりになって、

南マグロの赤身とはまぐり、そして中トロ、海老とイカが続きました。

ここでまた、イカは剣先に限るということで話に花が咲きました。

聞くところによると剣先の漁獲量は前年の6割減だとか。

そんなことで最近はどこへ行ってもアオリイカばかりです。

アオリイカは美味しいという人もいるけれど、

「あんなもののどこが美味しいんじゃ」ということで意見が一致しました

画像

ウニは見事な見栄えでした。

一口で頬張ると、なかなかの味わいがありました。

大きいことは良いことです

しかし、店主殿ご自慢の穴子は、

煮付けてからかなり時間が経っていたのか、

率直に言っていつものキレに欠けました。

でもまあ、「魚助」の勝負は正月3が日だそうですから

そういう事情を考えると、これもまた仕方ないんじゃないですか

画像

そんなことを考えながら食べていると、

店主殿から「今年はどんな年でしたか?」と聞かれたので、

「良いことも悪いこともあった1年だったけど、

1年の最後を魚助の美味しいお鮨で〆ることが出来たのだから

良い年だったと思いますよ」と、久し振りに営業マンみたいなことを言って

魚助の店主殿に喜んで貰いました

画像

そして、「今日はこれで終わりです。もう何もありません」と

自らギブアップして巻いてくれた手巻きの鉄火を

これは2口で平らげると、「ゆっくりして下さい」と引き留める店主殿に

「実は妹が送ってくれた臼杵の鰤が20時にクロネコヤマトで届くので

それまでに家に帰らなきゃならないんだ」と断りを入れて

お勘定をして貰ってお店を出ました。

いやはや、この1年もよく食べ歩きました。

健康な身体に生んでくれた母に改めて感謝です。

画像


おまけ

さて、妹が送ってくれた臼杵の鰤半身とアラ。

養殖ものだけど、かぼすブリだとかで刺身で食べると美味しかったです。

アラも見るからに新鮮だったので、その夜のうちに煮付けて

元旦に分厚く切った鰤の刺身と一緒にみんなで食べました

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 38
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
わは〜〜達さんにふさわしく豪華な大晦日ですね!!じん六と魚助のはしごだけでも十分豪華です…営業マンじゃなくても、魚助のシメはすばらしいです♪すっかり魚助ファンです♪それにまあ新鮮な鰤が待ち受けていて、新年早々これまた美味しそうな鰤で始まったんですから、今年もまた幸先良いですね!!今年も楽しみ!な始まりです♪ひとくちだけでも食べたい気持ちがむくむくですけど…
こりす
2017/01/05 05:15
久しぶりの夜の訪問だったのに、アルコールなしでしたか!?
今回は達さんが運転手だったので、それも致し方ないところだけど、少しもったいなかったですね^^
今年の〆は、魚助で〆られたのもナイスです♪
珍しく刺身から始められて、ご主人も驚かれたのでしょうね〜^^
次に魚助を訪れるときは、春魚丼かな?
その前に、また訪れられそうですが^^
夢の配達人
2017/01/05 06:45
こりすさん、30年振りに営業課長の時代に戻って店主殿をヨイショしてしまいました(笑)
でもまあね、じん六と魚助で大晦日を〆られたら幸せですよね♪
鰤はね、予期せぬ出来事で、とても嬉しかったです。
アラ煮もことのほか上手に出来たから好評でした。
今年はどんな年になるのか?こりすさんに少しでも食べた気分になって貰えるように頑張りたいと思います☆

2017/01/05 07:12
夢さん、電車にしようか迷ったのですが、「じん六」は車じゃないと不便なので、ついそちらを優先させてしまいました。誠に残念です。
そうですね。魚助の店主殿も、予定が狂ったようで驚いていました。
今度行く時は春魚丼でしょうか?最近はデラックス丼が多いので、またそれになりそうです

2017/01/05 07:18
魚助さんで大晦日ディナー、いいですね〜。
ウニの軍艦を一口で食べて、ウニとシャリと海苔の風味が混ざるのは、最高ですね。ゆっくり神経を集中してお鮨の美味しさを味わうのは贅沢中の贅沢だと思います。
店内の写真、デジャヴというか既視感というか、懐かしいです。
櫻弁当
2017/01/05 11:43
櫻弁当さん、都市の最後によい思いをして来ました
良いウニの軍艦の醍醐味は本当にその通りです。美味しかったっすよ♪
お酒があればもっとゆっくり味わえたのですが、いかんせんお茶ですから、次から次へと食べてしまって、店主殿を焦らせてしまいました(笑)
この点ない写真、魚助を象徴しているようなアングルでしょう?

2017/01/05 13:21
明けましておめでとうございます。
いつもご無沙汰してしまいますが
ほんとうにたくさんの食べ歩きされて
それだけじゃなくてご紹介されてる内容が
楽しいですしおもしろい
我が家は結構参考にさせていただいてます。
では今年もよろしくお願いいたします
デナーダ
2017/01/05 14:57
デナーダさん、明けましておめでとうございます。
こちらこそご無沙汰ばっかりで恐縮です。
確かに去年も沢山食べ歩いてしまいましたね(^-^;
参考にして戴いているとは嬉しいです♪
今年もよろしくお願いしますね

2017/01/05 16:51
大晦日にお寿司屋さんですか。
店主殿も虚を突かれた格好になりましたね。
しかし、さすがというか、酒飲みが喜びそうなものをいろいろと並べてくれましたね。
今時ノンアルコールを置いてないのは珍しいですね。
店主殿の気概を感じます。
> プロの職人さんを上回る
そうでしょう、達さんなら。
たいらぎは自分も大好きです。
でも知らない人は多いですね。
以前若手を連れて呑みに行った時、たいらぎが出たら、「このホタテは信じられないほど美味しいですね」と面白いリアクションをしていました。
店内写真を拝見するに、飾り気が無いようで、達さんのブログでしか店主殿ではありますが、「らしさ」を感じます。
握りでは海老が一際目立って見えますが、どうだったのでしょう?
臼杵のアラ、良いですね。
鍋にしても美味しいでしょうめ。
りう
2017/01/08 22:47
りうさん、年末年始は通しで営業していると言っていたので、驚かそうと思って大晦日を選んだのですが、どうも店主殿は三が日に来る常連さんをターゲットにしていたようでした。
その通りでお酒があればゆっくり楽しめる酒肴を次から次へとパクパク食べてしまうので、店主殿も三が日の貯えが無くなってしまいそうで慌てたようです。
最後はこれで終わりと言っていました(笑)
たいらぎは知らない人が多いですね。でもホタテと間違うのはちょっと恥ずかしいです
確かにこの日は海老が美味しかったです。というか魚助の海老はいつも美味しいのですが、この日は店主殿が出し惜しみをしたので海老が目立つことになりました(笑)
臼杵の鰤あら、鍋でも美味しかったでしょう♪
でもとても新鮮だったので、その新鮮さを生かすために、すぐにアラ煮を作ってしまいました

2017/01/09 00:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
大晦日の鮨「魚助」♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる