仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 「そんなに食べられませんよ」と言われてしまった「むら木」♪

<<   作成日時 : 2017/01/22 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 14

画像
ミシュランの「むら木」にまた行ってしまいました。この日も営業中の看板を持って表に出て来た女将さんと鉢合わせになる一番客です。僕はいつもと同じ奥の席に座ると、

そば茶を持って現れた女将さんに

「まだ食べたいものがたくさんあるんだよね〜」と言いながら

店に入る前に練習しておいた通りに、穴子としめじの温かいお蕎麦、

桜海老のかき揚げ、出汁巻き、磯巻きととろろ巻きを注文しました。

食べたいと思っていたものを全部頼んでしまったって感じです。

画像

すると女将さんは「そんなに食べられませんよ」と

やんわりと僕の無作法をたしなめました。

ここはどんぶり食堂ではないですよ、と聞こえてしまうのは

京女独特の言い様が持つ、避けがたいハンデです。

画像

僕は「さようか」と言っただけで自分の意志は曲げません(笑)

そんな心理戦があった(のかどうかは知らないけれど)後、

運ばれて来た出汁巻きは、これが旨いと言われれば反論は出来ない

「なるほど、むら木はこういう出汁巻きなのか」と思わせる味がしました。

画像

磯巻きと混布巻きは「なるほどな」と、こちらは肯定的に納得出来る味でした。

特に、さっぱりとした食感のすし飯と、磯巻きに中に挟んだ〆鯖が秀逸でした。

僕は裁定官ではないですが、これは良いんじゃないですか

画像

桜海老のかき揚げは小振りながらカリッと揚がっていて美味しかったですね。

ウソだと思ったら食べに行ってみて下さい(笑)

因みに右手の縦長なのは人参です。

画像

穴子としめじの温蕎麦は想像していたものとは違いました。

穴子はもっとデカイのがドンと乗っていると思ったのですが、

そこはミシュラン、そうは問屋が卸しません。

でも、こういう病人が食べるような具はやっぱり僕には似合いません。

だけど温かい出汁にしてなお、お蕎麦はその美味しさを減じておらず

「これは流石だな」と感心せざるを得ない味わいでした。

画像

お出汁もとても美味しかったです。

ウソだと思うなら飲みに行ってみて下さい(笑)

完飲はいけない、いけないと思いながらも、少しずつ減って行って

最期は女将さんに見つからないように辺りを見回しながら

器を両手で持って飲み干してしまいました

画像

いやはや、しかし美味しかった♪

なんだかんだと言っていますが堪能しました。

お勘定の時に初めて店主殿が挨拶に現れたので

「これはまた来なければいけないな」と思いながらお店を出ました

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
まさに、さすがむら木!美味しそうですね〜〜!今回は巻きものシリーズでしたね(笑)出し巻き、興味深いですねえ〜♪しめ鯖も見るからに美味しそうです!見た目というと、お蕎麦はほんとに意外な感じです〜でも飲み干すほどのお出汁、ワタシもいただきたい♪女将さんは完食については何もおっしゃられなかったのですか?それとも内心、「勝った!(達さん)」「ふん、美味しいのだから当たり前よ!(女将さん)」という心理戦があったのでしょうか(笑)
こりす
2017/01/22 04:40
むら木の女将さんといえば、前回も「ちょっとやそっとでは蕎麦通とは認めまへんえ」というような感じの方でしたよね。京女の京都弁、取りようによってはいろいろに取れるところが面白いです。(笑)
出汁巻きは、これが旨いと言われれば反論は出来ないというのは、予想と違う味付けだったのですか。
磯巻きと昆布巻きは、すし飯が押しつぶされずきれいに詰まってよい感じですね。
店主殿が挨拶に現れるということは、常連さんの地位に近づいたというサインですね。
櫻弁当
2017/01/22 06:56
こりすさん、むら木は確実に美味しいですよ♪
そういえば巻物が半ばを占めていました。
この磯巻きは格別でした。やはりミシュランの味ですね。
お蕎麦は上品過ぎる出来でしたがお出汁は完飲するに値しましたよ。
女将さんが完飲したのを見たのは、僕がお店を去ったあとだったので、彼女の反応は幸いにも知らずに済みました(笑)
でも女将さんも僕がお出汁を完飲したことには「やっぱりね」と寛容だったと思いますよ。

2017/01/22 08:21
櫻弁当さん、その女将さんです(笑)
京都の女性の一言は深読みが必要なので疲れます。
出汁巻きはそうですね。ミシュランならもう少し独自性のある美味しさを期待して至ってことですね。
巻きものは流石でしょう?仰るようにすし飯が全然潰れてないのが見事でした。
毎回開店早々に入店していたので目立ったのでしょう。3回目で早くも常連の入口に立つことが出来ました。
これは僕の昔から得意の印象戦術です

2017/01/22 08:28
達さん一押しの「むら木」ですね♪
ブログのタイトルに「そんなに食べられませんよ」とまでつけられてますから、よほど意地になっていらっしゃったのでしょうか?
少し不満は残られたようだけど、結果的には美味しいお蕎麦だったようで♪
夢の配達人
2017/01/22 11:11
夢さん、ここの女将さんとは初見の日から戦っています(笑)
とても美味しいお蕎麦屋さんなのですが、女将さんが気になって仕方がないのです(笑)
もう1回ぐらい行くつもりなのですが、果たしてどうなることやら。

2017/01/22 19:30
注文を店に入る前に練習しておいたって・・・(笑)まぁ、たしかに蕎麦にかき揚げ、だし巻き、巻き寿司ですからねぇ。ちょっと多い気はしますが・・・女将さんの言葉に「さようか」という返しはいいですね。まさに戦いって感じです。

穴子としめじの蕎麦ってのは初めて見ましたが・・・これは京都ならではの蕎麦ですか?おいしそうです。だし巻きは微妙だったのですねぇ。そういえば、逹さんのだし巻き率は高いように思いますが・・・免許センターの食堂でも食べられてましたね。なるほど、だし巻きを食べれば大体その店のレベルがわかる料理なんですね。

次の「むら木」訪問が楽しみですねぇ。女将さんとの戦い、どうなるんでしょうねぇ。(笑)
けいつ〜
2017/01/23 07:00
けいつーさん、最近物覚えが悪くなって(笑)
むら木の女将さんとは何故だか最初から喧嘩腰です(笑)
穴子としめじ、珍しいでしょう?どんなふうに感心させてくれるのかと楽しみにしていましたが、案外平凡でした。
これは一応この店のオリジナルなのでしょうね。
出汁巻きは寿司屋の玉子巻きと一緒で、その店の味のレベルを確かめるのに最適です。
だからという訳でもないけど、僕は結構な確率で食べていますね。
実は今日は病院に検査日なのですが、終わったら「むら木」に行くつもりなんですよ

2017/01/23 07:40
こんにちは。

穴子としめじのお蕎麦は食べた
ことがありません。
写真の写し方が良いのかお出汁
が透明感があって美味しそうで
す。全て飲み干してみたいです。
お寿司もご飯の粒がしっかりし
ていてさっぱりと美味しく食べ
られそうです。
ウソだとは思いませんが食べに
行きたいです!…行きたいな〜。
ミイコ
2017/01/23 16:38
やあ、ミイコさんこんばんは。
そうでしょう?これは意慾的な手打ちそば屋さんの創作ですね。僕も滅多に見たことはありません。
写真はヘタッピですが、このお出汁はやはり京都のお蕎麦屋さんだけあって、鰹と混布出汁と薄口を使って上手に作ってありました
巻き寿司も嘘でもいいから食べたくなる出来でしょう?
京都に来られることがあれば、僕のツケで食べて帰って下さい(^^)v

2017/01/23 19:28
〆サバだけは・・・だけは?? (+_+;\!

京都が世界一美味しい(^o^)
嘘だと思ったら食べに行ってください♪
純子
2017/01/24 18:22
えぇーっ(@_@) 純子さまは〆鯖はダメでしたか?し、知らなかった(@_@)

そういえば京都もご無沙汰でしょうから、そろそろ〆鯖でも食べにおいでませな(^^)v

2017/01/24 19:41
さすがミシュランという表現は嫌いですが、さすがと言いたくなりますね。
穴子としめじという種物があるだけで、只者じゃないというのが伝わってきます。
磯巻きととろろ巻きはいかにも京風ですね。
単なる鯖寿司じゃないところが、また感心させられます。
出汁巻きは微妙だったようですが、達さんがこれほど美味しいを連発されるお店はそうありませんね。
ところで女将さんは標準語なのですか?
ちょっと意外です。
りう
2017/01/25 22:58
りうさん、ミシュランもちょっと甘いとは思いますが、なかなかのお蕎麦屋さんであることは間違いありません
穴子とシメジの温そばはセンスの良さを感じさせるものがありました。
巻きものにも感心しました。京都ならではの和みを感じさせる一品でしたよ。
全体的に一ランク上の美味しさを感じたのは、やはりミシュランの技だったのかも知れません(*^-^*)
商売上必要なお店を除くと、普通のお店では京女でもほとんどが標準語なのですよ。

2017/01/26 10:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
「そんなに食べられませんよ」と言われてしまった「むら木」♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる