仰天食べ歩き ('-^*)/

アクセスカウンタ

zoom RSS 店内撮影禁止の「河道屋銀華」にて♪

<<   作成日時 : 2016/12/06 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 52 / トラックバック 0 / コメント 14

画像
夕食を食べながらテレビのニュースを見ていたら、今夜の京都の繁華街は観光客で大混雑しているとレポーターが叫んでいたので、「これは見に行ってみなきゃ」と思って

服を慌てて着替えると

おっとり刀で四条大橋に駆けつけました。

さすが今は京都人を気取っていても、元を正せば江戸っ子です

取り敢えず車を市営駐車場に預けると、

八坂の方に向おうか、それとも河原町を目指そうかと

暫く思案しましたが、

いづれにしても金曜の夜だというのに京都の町は

大混雑どころか人の波は普段より少ないくらいだったので

これはまたテレビに騙されたと後悔しながら

さてどうしたものかと考えました。

画像

この辺りでお蕎麦ならやっぱり「河道屋銀華」だと思うけど

あの店は店内撮影ご遠慮願いますだったから

わざわざ四条までやって来て写真禁止のお店に行くのは

ちょっと不本意だと悩みました。

でも何回かお店の前を行きつ戻りつしているうちに

「そうだ状況次第で撮ってみよう」と腹を括ると

「銀華」のガラス戸の隙間から客の混み具合を確認して

「これなら可能性はある」と見込んだ僕は

思い切って引き違い戸を開けました。

そして厨房にいた老店主に「こんばんは」とフェイントを掛けて

誰もいないカウンター席に何食わぬ顔をして座ろうとすると

なんとも万の悪いことに

その席の正面に「撮影禁止」のシールが貼ってあったので

思わず滑るように数席ずらして着席したのでありました(^-^;

因みに、僕の「こんばんは」の挨拶に店主殿の返事はなかったので

この時点でかなりのへんこだと判断出来ました。

画像

そんなことで注文した花巻そば。

こういうお蕎麦がある店は京都では珍しいです。

そして、1000円の花巻そばだけで写真を撮ったら

咎められ易いかも知れないと姑息に考えた僕は

1000円の天婦羅の盛り合わせも追加しました(笑)

話の本筋からは逸れますが、

この天婦羅は半紙に一滴の油の染みもない、

それは見事な腕前でした。

天婦羅師は本来こうでなくてはいけません

さて、無言のうちに花巻そばが差し出されました。

こちらの花巻は大きな海苔が4枚乗っていてお蕎麦は見えません。

でもお蕎麦を引っ張り出している余裕はなかったので

僕はそれを手元に引き寄せると、一瞬の早業で写真を撮りました。

しかし余程慌てていたのでしょう。

花巻そばを食べる時、わさびをそばつゆの中に落としたはずが

海苔に張り付いたままだったようで、大きな海苔を口にした時に、

わさびを一度に全部食べることになってしまって

図らずもむせ返ってしまったのでありました。

しかし、まだ天婦羅の写真を撮らなければならないので、

大きく咳き込んで耳目を集める訳には行きません。

僕はむせ返るのを我慢するため必死の努力を強いられました。

どうしてこんな無駄な努力をしなければならないのでしょう?

画像

こちらのお蕎麦は美味しいし、天婦羅の揚げ具合も上手なので

写真なんかこそこそ撮らずに

ゆっくり味わってみたいお蕎麦屋さんだと心底思います

でもまあ、子供の頃から人がやっちゃいけないということを

やりたがる性格なので仕方がないです



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 52
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
あははっあのわざびの塊ですか?(笑)わざと口に入れたとしてもむせるとこでしたね☆しかしいまどき撮影禁止なんてへんこですねえ〜〜だめと言われてもやってしまう達さんと、案外気が合うかもしれません(笑)だって美味しいし♪ほんとてんぷらが見事ですよね〜〜!そして結局、どこが観光客で混雑してたのでしょうね〜〜あるいは早々に引き上げたのでせうか☆
こりす
2016/12/06 05:11
わさびでむせて、表に出すまいと苦しんでおられるところを笑ってしまってすみません。でも、その心理の動きが面白いです。それに、繁華街が混んでいると聞くと見に行くところも。(笑)
このお店のおやじさんは、へんこでも腕はいいのですね。
櫻弁当
2016/12/06 06:20
こりすさん、あのわさびの塊です。さすがにこれは効きました(笑)
撮影禁止。それが結構あるのですよ。店内撮影禁止と書いてある場合は、僕はそれは店内で料理は構わないんだと都合よく解釈しているのですが、それでもリスクはあるから、そんなお店に入る時は大変です
天婦羅も見事に美味しいし、お蕎麦も実に美味しいので、禁止のことがなかったらもっと頻繁に来たいお店なのですよ。
観光客はこの時間きっと食事中だったのでしょう

2016/12/06 09:15
櫻弁当さん、ほんと無意識だったのでむせ返りそうになった上、危うくコントロールを失いそうになりました(笑)
僕はどうやらテレビに感化されて衝動的に動くタイプになってしまったようですね。無職だから出来る腰の軽さです(笑)
こちらはお蕎麦も天婦羅も町の一流で立派なものです

2016/12/06 09:21
達さま
たしかに・・行動は思いっきり江戸っ子ですわね(笑)
純子
2016/12/06 15:15
純子さまにそう言われると照れてしまいます(^^;

2016/12/06 18:52
こんばんは。
四条大橋に行かれたのはこの日だったのですね(^o^)
江戸っ子は物見高いとよく言われますが私は消防車が家の近くを通ると反応してしまうこともあります(笑)
わさびの塊で吹き出してしまいました(^o^)
天婦羅の半紙って大抵は多少なりとも油が染みた部分が半透明になってるものですが、この半紙は本当に真っ白ですね。凄いです!
料理人というより職人技という方があてはまるような気がします。
そういった自信がへんこの源なんでしょうか。
テンプル
2016/12/08 22:49
また云い忘れました!
こちらのお店も私の大好きな蕎麦ぼうろのお店と同じ「川道屋」が屋号の頭についていますが何か関連があるのでしょうか?
テンプル
2016/12/08 22:54
テンプルさん、失敬!返事が遅れました。

実はこの日だったのです(^-^;
テンプルさんが物見高いとは聞いてみなければ分からないものですね(@_@)
わさびの塊、ほんと意表を突かれてびっくりしましたよ。もう少しで死ぬところでした(笑)
天婦羅の半紙、修行中に厳しく仕込まれたと以前割烹の主人から聞いたことがありましてね。
仰る通り「銀華」の店主殿も相当の職人で、それが原因でへんこになったのかも知れませんね

2016/12/11 22:20
テンプルさん、この銀華は蕎麦ぼうろの河道屋が経営するお蕎麦屋さんで修行していて暖簾分けして貰って独立されたのだと思います。
京都市内には河道屋〇〇という屋号のお蕎麦屋さんが何軒かあるのですよ。

2016/12/11 22:24
写真撮影禁止の貼り紙があると、ついつい撮りたくなっちゃいますよね?
よくアップされました!
達さんが、素早く写真を撮られて、蕎麦を流石に写真に撮れず、わさびを海苔と一緒に食べられるところがお茶目ですね^^
でも、その気持ちわかります!!
1度お店に行きたいと思いましたが、写真撮影禁止だと・・・。
夢の配達人
2016/12/18 19:07
夢さん、危険を冒すのは男のロマンです(笑)
でもちょっと慌てていたのでしょうね。わさびでひどい目に合ってしまいました。
僕はこれで2度目なので、もうやめておこうと思っています(笑)

2016/12/18 22:53
このままでは永遠に追いつけそうにないので、優先度の高そうな記事だけ年内にコメントさせていただこうと思います。
撮影禁止のお店位にどう望むかということは初めてお会いした時にお尋ねしたように記憶しています。
しかし、実践の記事を拝読するのは今回が初めてかも。
やはり禁止と知りながら撮るのは、それなりの周到さが必要なんですね。
それはさて置き、立派な花巻ですね。
海苔はこのぐらい大きくあってほしいと思います。
天ぷらも見事。
撮影禁止を押しても食べる価値があるお店ですね。
りう
2016/12/30 23:07
りうさん、それは良い考えです
初対面でそんな破廉恥な話をしましたか?(笑)
そうですね。まず無理はしないで隙を窺う心構えが大切です
この花巻は僕にとっては異形というべき外観でした。
へんこオヤジの一徹さなのか海苔も高級品を使っていましたよ。
そうそう、写真は穫れなくても食べる価値は充分にあります。

2016/12/31 09:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
店内撮影禁止の「河道屋銀華」にて♪ 仰天食べ歩き ('-^*)//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる